6日午前9時30分ごろ、警察総合庁舎(東京都千代田区霞が関)8階の警視庁科学捜査研究所で、作業中にガラス製のフラスコが破裂し、男性研究員(52)が両腕にけがを負った。

 警視庁などによると、男性は証拠品の尿の内容物を調べるため、薬品をフラスコ内に混ぜたところ、突然破裂したという。同研究所が詳しい事故原因を調べている。

【関連記事】
コールドケース…追いつめた捜査官の執念
未解決事件を許すな 警視庁がチーム結成
「救助犬」を捜査に生かせ 広がる活動の幅
公訴時効の廃止 被害者遺族に配慮…「賛成」87%
【News解説】未熟な技術「知識ないまま信頼」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
<将棋>久保棋王が初防衛 3勝2敗(毎日新聞)
<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)
AD