性同一性障害で女性から性別を変えた兵庫県宍粟市の男性(27)が、第三者の精子を使って妻との間に人工授精で生まれた子を「非嫡出子(婚外子)」として届けるよう同市から指示された問題で、この夫婦らが15日、千葉法相と面会し、「嫡出子」として認定するよう求めた。

 面会後に記者会見した男性によると、千葉法相は「嫡出子として認める方向で検討する。当事者と話を聞く場を設けることも検討したい」と述べ、方針変更に前向きな姿勢を示したという。

 夫婦は昨年11月、市に出生届を出したが、法務省は「生物学上は同性同士で、子をもうけるのは不可能」との見解で、市は12月、法律上の婚姻関係にない男女から生まれた「非嫡出子」として届けるよう求めた。

 男性は記者会見で「国から男性だと認められたのに、なぜ父親と認められないのか。性同一性障害として悩んできた日々よりつらい思いをしている」と訴えた。

老人施設火災 理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)
<長崎県知事選>与野党対決 政党色薄め 21日投開票(毎日新聞)
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検-北海道・帯広(時事通信)
<今尾の左義長>燃え上がる炎に無病息災祈る…岐阜・海津(毎日新聞)
勇猛な男衆、六郷の「竹うち」=秋田県美郷町〔地域〕(時事通信)
AD