政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)は15日夜、首相官邸で会合を開き、国が発注している事業をゼロベースで見直すことを柱とする政府系公益法人の運営改善方針を確認した。5月に実施した事業仕分けの結果を受けてまとめたもので、仕分けの対象外だった法人にも横断的に適用する。
 他に方針に盛り込まれたのは、(1)不要不急または効果が不明確な広報・啓発事業の廃止(2)複数の府省が類似の事業を行うケースの排除(3)発注事業での競争性確保(4)法人が持つ過大な資産の国庫納付―など。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕「元気な日本復活させる」=新ポスター
〔写真ニュース〕首相「企業献金、全面禁止を」
〔写真特集〕タレント、議員そして大臣へ 蓮舫氏

宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
<東京・地下鉄一元化>都が本腰 猪瀬副知事、不便な「九段下の壁」視察(毎日新聞)
岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)
雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
首相、報道陣への警戒心露わ 産経は質問できず(産経新聞)
AD
 民主党の菅直人氏が新代表に選出され、次に注目が集まるのが組閣人事だ。組閣までの日程がタイトなことから、陣容が大幅に刷新される可能性は低い。それでも「サプライズ人事」が行われる可能性はあり、その目玉と見られているのが、「事業仕分け」で辣腕をふるった、蓮舫参院議員だ。

 菅直人氏は2010年6月4日、同党の国会議員による投票で新しい代表に選ばれた。国会で第94代首相に指名され、同日中にも、新内閣のメンバーが発表される。

■「官房長官説」まで飛び出る

 大幅な閣僚の入れ替えはなく、ちまたでは「居抜き内閣」などと皮肉られている。だが、調整能力のなさを指摘され続けた平野博文官房長官の「降板」は確実で、その後任としては、仙谷由人国家戦略担当相や枝野幸男行政刷新相の名前が取りざたされている。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、「枝野氏説」をとっている。その上で、枝野氏がいたポストに「目玉メンバー」を入れるのではないかという見立てで、朝放送のテレビ朝日のワイドショー「スーパーモーニング」では、

  「菅さんのやり方では、目玉を置くはず。官房長官が枝野さんなら、枝野さんのあとに蓮舫さんを起用するとか…」

と予想している。一方、政治評論家の有馬晴海さんは、TBSの情報番組「ひるおび!」の中で官房長官ポストについて

  「仙谷さんではなく蓮舫さんかも」

と思い切った予想を披露。もっとも、杉尾秀哉TBSテレビ解説・専門記者室長は

  「ゼロとは言わないが、多分ない。我々の取材では、枝野さん」

と、さすがに「官房長官説」には懐疑的だった。

■消費者・少子化担当相に就任予想も

 各スポーツ紙も、表入りで組閣予想をしており、やはり蓮舫議員の入閣の可能性を指摘している。例えばサンケイスポーツでは、消費者・少子化担当相に就任すると予想。このポストは、元々は社民党の福島瑞穂党首が就任していたが、米軍普天間基地の移設問題で罷免され、その後は平野官房長官が兼務していた。

 当の蓮舫議員だが、6月4日には5回ツイッターを更新しているものの、組閣に関する言及はない。ただ、両院議員総会の直前には

  「今日は祖母が身につけ、母に譲り渡され、私がもらった翡翠のバングルを。次の世代に残したいものを守るための政治を行いたい。行ってきます!」

と、なんらかの決意を込めたようにも読める文面を綴っている。


■関連記事
次期首相有力の菅副総理 「イラ菅」へ戻る?「無心の境地」? : 2010/06/03
仕分け「第2弾」控え 蓮舫議員特派員協会で会見 : 2010/04/14
内田裕也が蓮舫に花束贈呈 「お疲れさま」の気持ち込めた : 2010/05/27
官房長官起用説に蓮舫「ここで話すことではありませんので……」 : 2010/06/03
「ヘッドハンターとしても活躍しそう」 野村克也氏と勝間和代氏 : 2010/03/12

阿久根市長リコール準備委、事務所を開設(読売新聞)
新首相の「脱小沢」に警戒 自民(産経新聞)
民主代表選 菅氏、3日夕に出馬会見 対立候補探る動き(毎日新聞)
羽田グループは自主投票 民主代表選(産経新聞)
【首相辞任】「小沢氏が引導」「母からの大金が…」「あの親指は?最後っぺ?」 識者も唖然(産経新聞)
【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(7)

 《調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」の乗船中に負傷したとされている○○さんらを診断した母船「日新丸」の◇◇船医への弁護人の反対尋問が続く。環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は被告人席の背もたれに両ひじを置きながら、◇◇船医の証言に耳を傾ける》

 弁護人「酪酸(らくさん)による化学熱傷を診察したことはありますか」

 証人「いいえ」

 弁護人「今回が初めてでしたか」

 証人「はい」

 弁護人「2月11日の話を尋ねます。第2昭南丸のD船長(法廷では実名)から被害の状況を聞きましたね?」

 証人「はい」

 弁護人「どのような状況でしたか」

 証人「(ベスーン被告が乗った)妨害船から酪酸弾のようなものが撃ち込まれて、乗組員3人が受傷したと聞きました。目を開けられず、水で洗ったということで、今後の処置について問い合わせがありました」

 弁護人「先生はどのような指示を出しましたか」

 証人「しっかり水で洗い流すこと。そして顔の皮膚に軟膏(なんこう)を塗るように指示を出しました」

 弁護人「軟膏はどのような種類ですか」

 証人「抗生物質入りのステロイド軟膏です」

 弁護人「その軟膏は第2昭南丸に備え付けられているものですか」

 証人「はい」

 弁護人「その後、先生の方から負傷した人の状況について説明を求めたことはありますか」

 証人「私の方からは求めていません」

 弁護人「どうしてですか」

 《ベスーン被告はあごの辺りをさすりながら、証人の言葉を待つ》

 証人「緊迫した状況で船団と妨害船側がやり取りをしている中で、こちらから聞かない方がいいと思いました。何かあったら、向こうから問い合わせがくると思いました。最初の所見で、それほど深刻な状況ではないと判断しました」

 弁護人「そのような診断は不正確ではないですか」

 証人「小さな範囲の熱傷で、通常、感染(症)がなければ1週間程度で治癒します。翌日に船長から報告があり、『軽快して(快方に向かって)いる』と判断しました」

 弁護人「2月11日、本人に問診をせず、診断したことについて聞いています。その答えでいいですか」

 証人「船団では通常、船長からまとめて報告があります」

 弁護人「2月11日に○○さんを撮影した写真があるのをご存じですか」

 証人「はい」

 《弁護人が大型モニターに○○さんの顔写真を映し出す。○○さんはカメラに顔の左側をみせて、左目の下付近を指さしている。左ほほが赤くはれているのが分かる》

 弁護人「これは2月11日に撮影したものですね?」

 証人「と、思います」

 弁護人「(2月11日に)写真を日新丸に送ってもらい、診断することは考えなかったのですか」

 証人「一般的なやけどと想像できました」

 弁護人「2月13日の診断について聞きます」

 《ここで弁護人は法廷内の大型モニターに2月12日に撮影された○○さんの顔写真を映し出す。皮膚のはれがはっきり分かる11日撮影の写真とは違い、目立ったはれは傍聴席からは確認できなかった。弁護側が証人に写真を見たか尋ねた》

 証人「見たと思います」

 弁護人「2月13日に○○さんの写真を撮影し、それを送ってもらうことはしましたか」

 証人「いいえ」

 弁護人「なぜ?」

 証人「(それまでの)写真で快方に向かっていると判断しました」

 《ベスーン被告は後ろを振り返り、女性弁護士と会話を交わす》

 弁護人「(最新の)写真の視診、問診、時系列での経過診察は必要ないのですか」

 証人「11日、12日の写真を比較して、改善(回復)を確認しています」

 弁護人「改善と評価されながら、『全治1週間の見込み』の結論になったのですか」

 証人「はい」

 弁護人「どうしてですか」

 証人「やけどは表皮の壊死(えし)が起き、かさぶたができて落ち、新しい表皮で覆われるまでに1週間程度がかかります」

 弁護人「2月13日の段階で完治するまでの日数は、一般的な予測を述べたということですか」

 証人「はい」

 《診断方法の是非について質問を重ねる弁護人。ベスーン被告は一瞬、両手で顔を覆った。疲れがたまっているのだろうか》

 弁護人「14日以降は診察しましたか」

 証人「ありません」

 弁護人「全治日数について確定的診断はしていないのですか」

 証人「はい」

 《尋問をする弁護人が別の男性弁護人と交代する》

 弁護人「2月24日付の診断で『化学熱傷』としていましたが、化学熱傷はお湯、蒸気以外の原因によるやけどという意味でいいでしょうか」

 証人「いいえ。電撃熱傷もありますので、(化学熱傷とは)温熱熱傷以外のすべてではありません」

 弁護人「化学熱傷を起こす物質はかなりたくさんありますか」

 証人「はい」

 弁護人「○○さんと同じような症状を引き起こす物質は、(酪酸以外の)ほかの物質もあり得ますか」

 証人「あり得ると思います」

 《検察による最終尋問に移った》

 検察官「(弁護人による)反対尋問の中で、『最初の所見で大丈夫だと判断した』と発言されていましたね」

 証人「はい」

 検察官「(最終尋問では)2月11日について先生に質問しているとき、『最初の所見』という話をしていました。2月11日の時点では、○○さんの状況はD船長からの報告だけでしたか」

 証人「はい」

 検察官「D船長の報告から、『最初の所見で大丈夫』と判断したのですか」

 証人「はい。11日、12日のリポートをみて、そう思いました」

 《11日の診断について話をしているのに、◇◇医師は12日のリポートについて言及した》

 検察官「話を整理させてください」

 《これに対して検察官が話の流れを整理しようとする。ベスーン被告はやや前傾姿勢になり、女性通訳と証人の顔を交互に見つめていた》 =(8)につづく

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

重くして“エコカー認定”の欺瞞(Business Media 誠)
<日中韓首脳会談>3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ(毎日新聞)
署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)
ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
09年度派遣労働者42%減=厚労省(時事通信)