公訴時効が成立した警察庁長官狙撃事件について、警視庁が「オウム真理教信者による組織的テロと認めた」とする捜査結果概要を公表した問題で、日本弁護士連合会の宇都宮健児会長は27日、声明を出した。「警察が検察における起訴さえなされなかった事件について公表することは決して許されない」と主張している。

【関連ニュース】
司法修習生:無給あんまり 日弁連が対策本部
日弁連:派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会
日弁連:新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
足利事件:菅家さん無罪 原因調査機関設置を求める--日弁連会長

<殺人>交際相手殺害で自首の20歳の男を逮捕 さいたま(毎日新聞)
父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
福知山線脱線 指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で(毎日新聞)
あおぞら銀元行員を強制捜査へ=22日にも、インサイダー容疑-東京地検(時事通信)
ハウステンボス リニューアルオープンへ 集客増目指す(毎日新聞)
AD