8月6日

テーマ:

以前からずっと書いてきて

ある意味これ以上つぶやくこともないけれど

あれだけのことがあったことを

平和利用になんてできるはずもなく

でも負けたわけだから

受け入れたまま現在に至って

沢山の命の犠牲の上に今の平和が成り立っているという

残酷な現実

 

そんな現実は

今がそうならば

未来もまたそうでしょう

 

いずれひずみが起こる

それとも

ただ死すべき運命として今からそれを受け止めていくのか

それが人の定めとして当然と思うべきなのか

 

考えとしては簡単に答えは出ているけれど

 

それがまた答えになりえないのが人の持つ人らしさ

 

だからといって

このままいくのか

過去からの声はもう届かないのか

 

既に始まっている

過去からの伝説

 

そしてその最後も

もう決まっている

 

 

 

 

AD