留置施設で容疑者らが自費購入した菓子を食べたとして、静岡県警は12日、磐田署留置管理課の20代男性巡査を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。巡査は「軽い気持ちでやってしまった」と事実を認め、同日付で依願退職した。
 県警監察課によると、巡査は昨年8月ごろから12月ごろまでの間、同署の留置施設内で、容疑者ら拘置中の3人が自費購入したあめ1個とチョコレート4個(計30円相当)を食べた。巡査は、容疑者らから預けられた菓子を保管用のロッカーに戻す際などに、5回にわたり1個ずつ取って食べたという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕チョコレート・ガールズ
日本の男女ペアが初優勝=洋菓子国際コンクール
バレンタイン商戦追い込みへ=需要拡大へあの手この手
バレンタインは「友チョコの日」=「告白」より女同士で
住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札

“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台(産経新聞)
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」(医療介護CBニュース)
陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
「目が半開きで口が大きく開いていました」…事件の恐怖語った目撃者 秋葉原殺傷第6回公判(産経新聞)
AD