政府は11日の閣議で、2010年版「交通安全白書」を決定した。

 それによると、昨年の人口10万人当たりの交通事故死者は平均3・9人だったが、年代別では65~74歳が6・1人、75歳以上で11・6人と大幅に平均を上回った。

 昨年の交通事故死者数は4914人で9年連続の減少。10年前と比べると45・4%の大幅減となっているが、75歳以上が6・6%減など、高齢者事故は小幅な減少にとどまっている。

 死亡事故の場合、65歳以上の高齢者が過失の重い「第1当事者」になることが他の年代より多く、警察庁などでは高齢者向けの交通安全教育の充実を進めている。

「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明(時事通信)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
早期終息、再建に全力=菅首相、口蹄疫対策で宮崎入り(時事通信)
荒井国家戦略相に「事務所費問題」 本人説明せず…民主慌てて疑惑否定(産経新聞)
<宮内庁>秋の自然観察会の募集要項発表(毎日新聞)
AD