自民党の小泉進次郎衆院議員が衆院総務委員会の委員として郵政改革法案の審議に出席することが26日決まった。同党としては、郵政民営化に政治生命を懸けて取り組んだ小泉純一郎元首相を父に持つ進次郎氏を前面に押し出し、改革法案の早期成立を狙う与党との対決姿勢をアピールする考えだ。 

【関連ニュース】
郵政、27日実質審議入り=与党が構え、野党反発
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲
「政権の方向に従って」=前原沖縄相、福島氏に苦言
政府、24日午後に安保会議=米韓と連携確認へ
社民の対応焦点=政府・民主に「配慮」論

赤松農水相、30日にも宮崎入り(時事通信)
郵政法案めぐり対立激化=28日に採決の構え―与党(時事通信)
<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
[新製品]米Intel、6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition」を発売開始
フラれそう。距離を置かれた。浮気された。・・・・・・それでも、まだ間に合います(マーチン)
AD