10日午後4時45分頃、長崎市琴海戸根町の国道206号で、同市琴海大平町の障害児預かり施設「どれみハウス」の女性職員(25)が施設に通う子ども3人を軽乗用車に乗せて運転中、うち長崎県時津町の男児(7)が窓枠とパワーウインドーに首を挟まれているのに気づいた。

 男児は医師が搭乗するドクターヘリで市内の病院に搬送されたが、意識不明。

 県警稲佐署の発表によると、職員は男児らを助手席と後部座席に乗せ、自宅へ送る途中だった。男児は運転席後方の後部座席で、窓から顔を出していたという。

水道管25トン盗まれる=45万円相当、資材置き場から-神戸市(時事通信)
「産みたいけれど、教育費不安…」幼稚園でもこんなにかかる(産経新聞)
鳥取市長選、竹内功氏の3選確実(読売新聞)
「玻」の人名使用認めず=両親の申し立て退ける-最高裁(時事通信)
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
AD