12日午前1時35分ごろ、京都府長岡京市開田の路上で、男女2人が血を流して倒れているのを、通報で駆けつけた京都府警向日町署員が発見。2人は長岡京市高台のタクシー運転手、矢本吉男さん(65)と妻の無職、朔恵さん(65)で、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 府警が、殺人事件として捜査していたところ、兵庫県警機動捜査隊が12日午前11時ごろ、同県西宮市内で手配車両を発見し男の身柄を確保。同日午後、府警が殺人容疑で、大阪市東成区東中本の不動産業で韓国籍の李敏男容疑者(52)を逮捕し、向日町署に捜査本部を設置した。 

 逮捕容疑は、12日午前1時35分ごろ、長岡京市開田の路上で、持っていた包丁で2人の腹や背中を突き刺し、死亡させたとしている。

 向日町署捜査本部によると、李容疑者は矢本さんの長女(38)の夫で、「両親を包丁で突き刺して殺しました」と容疑を認めているという。

 矢本さん夫婦は発見直前まで、李容疑者に呼び出され、現場近くの居酒屋で約1時間ほど一緒に飲食。店内で、激しく口論していたという。長女は4月上旬に失踪(しつそう)しており、李容疑者は「妻の失踪について双方で意見が食い違って納得できなかった」と供述しているという。

 捜査本部によると、李容疑者は長女と平成21年5月に結婚。しかし、年齢差が大きいことや、李容疑者の粗暴な性格から、結婚に反対する矢本さん夫妻と折り合いが悪かったとみられる。

 府警は、結婚の経緯や長女の失踪などで確執がつのり、犯行につながったとみて、詳しい動機などについて調べている。 

【関連記事】
親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺
直前まで居酒屋で口論、悲鳴 京都・長岡京の夫婦刺殺
65歳夫婦刺され死亡 京都・長岡京、口論の中年男逃走
淀川堤防ポリ袋遺体、36歳女性は化粧なし
大阪・豊中で10歳女児が友人の母親に刺される
少子化を止めろ!

壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
谷亮子選手、参院比例で民主擁立へ(読売新聞)
取調室禁煙 消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)
<たちあがれ日本>参院比例に中畑氏擁立 青少年育成に意欲(毎日新聞)
AD