春から初夏にかけて日本近海で獲れる「時鮭(ときさけ)」の初せりが10日、大阪市福島区の市中央卸売市場で行われ、約1200本が競り落とされた。

 「時不知(ときしらず)」とも呼ばれ、秋の産卵直前の紅鮭に比べ、卵などが未成熟で身に脂が乗っている。塩鮭にされ、北海道や岩手からトラックで運ばれた。

 価格は豊漁だった昨年より2割ほど高く、大きなものでキロあたり5700円の値が付いた。京阪神の百貨店などの店頭に並ぶという。

【関連記事】
富士芝桜ようやく見ごろ 春のいたずらが幸い
3年ぶりシャコ漁解禁 「幻のブランド」高まる期待
どんどん春から初夏へ 仙台放送・原英里奈アナ
私生活は謎だらけ? イケメンNHKアナ札幌異動のワケ
シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで

ご飯こぼし、いらいら…小3長男に傷害容疑(読売新聞)
拳銃?強盗、1・3億円奪う 千葉で2人組(産経新聞)
<口蹄疫>農相が宮崎入り(毎日新聞)
徳之島3町長、一切の受け入れ拒否(産経新聞)
ニセの障害者手帳で高速料金を不正割引(読売新聞)
AD