日本創新党党首の山田宏東京都杉並区長は25日、都内で記者会見し、民主、自民両党所属の現職自治体議員や議員経験者など計47人が日本創新党への入党を含め、同党の活動に参画することを明らかにした。今後、山田党首ら執行部は首長や地方議員を中心に夏の参院選の候補者選定作業を本格化させる。
 会見には47人中20人が同席。清水隆司大阪府岸和田市議会議員は、「先週、(民主党への)離党届が受理された。今の民主党はわたしの考えとはまったく逆の方向に進んでいる」と創新党参加の理由を説明した。出席した20人のうち、民主党系は6人、自民党系は6人だった。 

【関連ニュース】
舛添新党、早くも逆風=「第三極」主導は不透明
結党会見要旨=新党改革
「新党改革」旗揚げ=舛添代表「必ず政界再編」
舛添新党は理念不明確=千葉法相ら指摘
「自民党も頑張らないと」=直嶋経産相

<都市再生機構>事業仕分けに先手…技術者にしわ寄せ(毎日新聞)
<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴(産経新聞)
沖縄知事「県内反対」の県民大会に出席表明(読売新聞)
<普天間移設>「国外・県外」の決議案採択 沖縄県民大会(毎日新聞)
AD