兵庫県の井戸敏三知事が大阪(伊丹)空港の存続を唱えていることについて、伊丹廃止を主張する大阪府の橋下徹知事は5日、報道陣に「空港問題一つでもこれだけゴタゴタしている。指揮官を一人にしないと、関西は前を向いて進めない」と述べ、持論の「関西州」の実現を訴えた。

 井戸知事は、騒音が悪化しないことを条件に、将来の伊丹の運用時間延長や発着枠の拡大を国に提案する意向だが、橋下知事は「僕は廃港を前提に伊丹のフル活用を主張しているので、(時間延長などは)環境に配慮するなら、一定同じ考え方だ」との見方を示した。

 また、井戸知事が5日夜に兵庫県伊丹市で開かれるシンポジウムに出席することに関し、橋下知事は「伊丹の存続を訴えるなら、(反対の多い)関西空港周辺でやるべきだ」と述べた。

自民・森まさこ議員「菅氏は国会の居眠り王」(スポーツ報知)
わいせつ事件続発、都営線「一之江駅」周辺(読売新聞)
5月に「看護フォーラム」を開催―日看協(医療介護CBニュース)
非核と抑止力、どう両立=密約「清算」なお課題(時事通信)
補足給付に福祉財源の投入を-全老健が要望書(医療介護CBニュース)
AD