兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は19日、同市を巣立ったコウノトリの幼鳥(1歳、雌)が愛媛県などを経て、新潟市に到達したと発表した。

 これまでに最も東での確認で、通算移動距離は「渡り」にも匹敵する計約3800キロとなった。担当者は「渡りの本能が働いているのかもしれない。コウノトリ全体の分布を広げる可能性に期待したい」と話している。

旧特定局長を経営幹部に=郵政再編で-亀井担当相(時事通信)
鳥取の海岸水死、上田被告が当日に着替え購入か(読売新聞)
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近(産経新聞)
<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)
<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
AD