新党改革の舛添要一代表は26日、都内で講演し、衆院の選挙制度について「価値観が多様な時代には複数の政党が切磋琢磨(せっさたくま)する中選挙区制の方が、国民の選択肢が広がるのではないか。中選挙区制や比例代表の割合を増やすことに変えないといけない」と述べ、中選挙区制へ戻すことを含め見直すべきだとの考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

露骨すぎる?“橋下徹”と書かれた異例の規約(産経新聞)
JR西歴代3社長を強制起訴…福知山線事故(読売新聞)
沖縄9万人県民大会、首相「民意の表れ」(読売新聞)
「バターン死の行進」元米兵捕虜ら日本招待へ(読売新聞)
拉致関係府省会議が初会合(時事通信)
AD