岡山の個別指導塾塾 フラップアップゼミのブログ

フラップアップゼミ公式ブログ!

コメントはリンクを外してね☆

コメントはURLリンクを外してね!!

リンク付きは公開されませんしょぼん


テーマ:

ブログを移動しました。

以下のリンクから引き続きお楽しみください。。。

(*´ω`*)

http://blog.flap-up-zemi.but.jp/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
岡山大学工学部電気通信系学科4回生の木村です。

今年も夏がやってきました。
毎回「去年より暑いな」と思っていますが、実際のところどうなのでしょうね。
夏が来たと感じる度に今までの自分をふと振り返ります。
数年前は雨の音を聞いたり、月を見ているだけで2-3時間はあっという間に過ぎましたが、今はその時間を勉強に充てようと焦りながら生きています。
必要な勉強をすべて終わらせて、ゆっくりしたいと思いますが、あることを理解すると次の課題が見えてきて、永久に終わらないところが厄介なところです。

 Googleで軽く調べてみたところ、そもそも「勉強」とは「勉め強いる」という意味で、本来は気が進まないことを仕方なくする意味であったそうです。
現代の「知識を得るために努力すること、技芸を身に着けるため努力すること」という意味は勉強することが明治以降に美徳とされるようになったため、「学習」とほぼ同じ意味でつかられるようになった、という経緯があるようです。
これを知ると、学校は数学などの気が進まない教科を教える理由がわかってきますね。
授業がなかなか疲れるのも勉強の意味が分かれば納得できます。

しかし、漫画を読んだり、部活に精を出すこと、友達と一緒にゲームセンターへ行ってゲームが上手くなることも現代の意味では「勉強」です。
そう考えると、勉強もそんなに悪い奴じゃない気がしてこないでしょうか。
それとも自分の楽しいことが勉強といわれるとなんだか興が醒める気がして嫌でしょうか。

私は、勉強は「強いる」の意味を残して楽しいこととは区別した方がいいように思います。
今までの苦手意識が残っているので、勉強にはチョイ悪なヤツでいてもらった方が付き合いやすそうですね。

閑話休題

さて、今回は人に教えるときの姿勢について書こうと思います。
以前塾で生徒さん達に教えているときにふとこんなことを考えました。
例えば、下のような問題があったとします。
(99 x 120) + (101 x 120)
小学生で習う掛け算と足し算を組み合わせた問題です。
慣れた人ならば、
(99 + 101) x 120 = 200 x 120
というように置き換えて簡単に解くでしょう。

しかし、初めてこのタイプの問題を見た人は計算規則に従ってまず()の内容を先に計算し、最後に足し合わせるのではないでしょうか。
これを見ると私はすぐに最初の簡単な方法を教えたくなります。それは私自身が簡単な方法を好んでいるからでしょう。

それでは、後者の地道な解き方をした人にすぐさま最初の効率の良い解き方を教えるのは果たして良いことなのでしょうか。
時間をかけずに問題を解くことができるようになるため、ほとんどの場合において良いことでしょう。

しかし、生徒さんが簡単な方法に自分で気づくときが来るかもしれません。
もしくはもっと良い方法があるんじゃないかと予想して質問してくるときが来るかもしれません。
私はそれを待ちたいと思うのです。

たとえ教える側からは歯がゆくとも、自分でたどり着くまで待ってあげることも重要ではないでしょうか。

自分で考えた方法が喉まで出かかっているところで、背中を押さずに待ってみること。
もしそれを喉から先に出せたならば、新しいことを最後まで考える力がつくのではないかと思います。
自分で気づいたことは教えられた場合に比べて、理解が格段に違う上に忘れることがない宝物です。

成長して欲しい相手であるからこそ、あえて自分で気づくまで教えないで待ってみたいと思う今日この頃です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
英語の勉強してるとdollar→ドルが出てくるけど実感湧かない。
そこで僕が持ってるドル紙幣をブログに載せましょう。

ちなみに20dollarsという日本で言うと2000円札みたいなのあるのですが、何故か色が2色です。

そして日本の札より小さい。

そういえば…
オーストラリアの友達から財布をプレゼントしてもらったことあったんだけど、オーストラリアドル紙幣も小さいので、一万円札入れると少しはみ出た。


それでもアメリカドルは統一されてる方で、オーストラリアなんかはニュージーランドドルも混じってるから、お店のレジでコイン出す時わけわかんないよね。


{E570479C-0E5D-4DE9-8437-CBFE0DBE8812:01}




とりあえずコインに青カビみたいなの生えてきたからキッチンハイターに漬けて汚れを落とし中。
塾にまた持っていっとくので講師の皆さんは授業で活用してねニコニコ

{02D4A579-1C9A-418C-8F80-EF1788B5D931:01}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
その昔フラップアップゼミでは小学生向けの英文法をやっていた。

しかしこれがとても効率が悪い。

何がって小学生に疑問とか否定とか、be動詞とか一般動詞とか説明してもなかなか理解できない。
しかしそれでも何とか進めていって、ある程度理解できてきたところで中学!
そこで思わぬ落とし穴が...

それは「中学最初の英語の授業が簡単」。

一瞬とても良いことのように思えますが、中1初っ端から授業を聞かない習慣ができてしまった。

当然満点に近い点数を取ってくるし、「楽勝」という錯覚を覚えてbe動詞と一般動詞のしっかりした理論を考えることもなく時が過ぎる。

やがて中2の中旬辺りから英語がわからないと言い出す始末...。

このような例は全員には当てはまらないけど、同じようなパターンで
「小学生の頃から英会話を習ってた子が中2でわからなくなってフラップアップゼミへ」という
パターンは何回もあった。
それでも中2とかで来てくれたら何とか取り戻せるけど、中3に入ってからだと現実的に相当厳しい。





それともう1つ。 学校の恐ろしいところは
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
みたいに
「私の友達もみんなもわかってないみたいだから、ま、いっか☆」
って理解の消化不良に対しての危機感が薄くなりがち。





これから中学に入学した1年生のみなさん。
まず、学校の授業をよく聞く習慣を付けていこう。


よく聞く習慣を具体的な例で言うと
「黒板には書いてないけどさっき先生が言ったことをノートにメモしよう」
とか
「いまいちわからなかったので家に帰って解き直すために教科書に印を付けておこう」
っていうこと。

先生が言ったことが理解できたかどうか?
自分に問いかける習慣が後に大きな差を生むことに。


たったそれだけの心がけだけでいいからやってみてね(^_^)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
県立高校受験の結果も出てほっとしている時期に入りました。

今年の花尻教室は県立高校を第一志望にしていた子が全員合格するという結果で
とても嬉しく思います。

特に小学生からいる子は良いとき悪いとき、喜怒哀楽を共にしている時間が長く、中学生の制服が今日で最後ということで嬉しさと若干の切なさを感じるわけで…
写真を山口先生に撮ってもらうことにしました。

中1、2年と極めて優秀な成績。 3年生で疲れが見え始め、少し焦りましたが無事一高へ合格。
勉強にも協奏曲のように強弱のストーリーが必要であると彼女から学ばせてもらいました。

まあこれから高校3年間、本当の戦いが始まります。
学習内容の難易度は一気に上がります。
課題も膨大です。
これから3年間、新しい制服でお互い気合いを入れなおしてがんばろう!

とりあえず再度合格おめでとう!





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
塾の卒業生の子が遊びに来てくれました。
何と高校を卒業し大手に就職!
おめでとう!

塾で勉強してたときは言われたことは確実にしてくる子だった。

彼女の弟さんはこれから高2。
自分のペースを乱すことなく勉強中。
お姉さんの着実性みたいな所がよく似ている。

社会はなめてかかってください(笑
じゃないと何もチャレンジできない。

強いて言うなら飲みでの席や、食事の席でのマナーだけは勉強しといてね☆




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月の下旬とはいえまだまだ肌寒く春の訪れが遠く感じる季節ですが、これをお読みの皆様はお元気でしょうか。
岡山大学工学部電気通信系学科2年生の中川と申します。

この文章を書いているときには、既に国公立大学の前期入試も終わり
少しホッとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが中学三年の方々は公立高校の入試がまだ残っているので
もう少しだけ勉強を頑張ってほしいと思います。

さまざまな先生方がこのブログで面白いことや為になることを
書いていらっしゃり、自分はそのようなことを書けそうにないですが、
今回は自分なりに思っていることを書きたいと思います。

まず、塾に通われている生徒さんはもっと塾の先生を使うべきだと感じます。
私は小中高と塾というものには行かず学校の勉強と独学で義務教育期間を過ごしていました。
その間、自分の中に沸いた疑問は学校の先生に聞いて解決してきました。
しかし皆さんは疑問を解決してくれる人が学校の先生とは別に塾の先生という状況なのです。
この状況をもっと有効に使うべきではないかと思います。

他にもいろいろと思ったことはあるのですが、
時間が限られていますので今回はこの辺で筆を置きたいと思います。
お読みいただきありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめまして~(^^)/
岡山大学 医学部医学科1回生 塩原です。

国立前期入試もついに明後日に迫ってきました。
実家から遠い学校を受験する人もたくさんいるかと思います。(実際、僕もそうでした。)
そこで、僕からは、宿泊先のホテルでの過ごし方について、お話しさせていただきまーす( ^^)

やはり、一番大事なのは、リラックスして次の日の入試に備えることです。
大浴場などがあればそこでゆっくりするのもよいでしょう。
受験前日の夜は、焦っていろいろ勉強するよりも、早めに寝て、本番に備えましょう。
 ~アラームセットするのわすれないでねー(^^♪~ ←マジ大事
ちなみに、眠れないときも、目をとじていれば、脳や体はリラックスするそうです。(^◇^)
次の日の朝ごはんを用意しておけば完璧です‼

受験生の皆さんは、最後の一秒まで全力を尽くして頑張ってください‼

では(^^)/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はじめまして、岡山大学法学部法学科1回生の松下哲也です。出身は岡山県美作市です。そうです、あの温泉で有名な美作市です(笑)

今までブログなどはやったことがなく、ブログを更新するのは初です。文章ではわかりませんが、緊張しております(笑)

他の先生方が二次試験について書かれているので、今回僕は自分の勉強スタイルについて話そうと思います。

僕は、勉強を始めるまでが遅く、自分の部屋で漫画やゲームを手に取ってしまい気がつくと1時間や2時間が過ぎてしまっているというよくない癖がありました。なら、図書館とかに行けばいいじゃんと考え、休みの日は図書館で勉強しようと決意するものの、いざ当日になると図書館に行くのがめんどくさくなり、結局家でだらだら過ごしてしまうことも少なくありませんでした。そこで、平日は学校が終わると、当時通っていた塾に行き自習室で塾が閉まるまで勉強をし、どうしても終わらなかったものだけ家でやってしまうというルールを決め、メリハリをつけて勉強をするようにしていました。この当時、家でほとんど勉強をしない僕のことが両親は少し心配だったという話を受験後に聞きました(笑)休日は塾が開いている日は1日中塾の自習室でした。日曜日は塾が開いていなかったため、友達を誘って図書館に行きました。こうすることでめんどくさいという理由で図書館に行かなくなることはなくなりました。そして、わからない問題を友達に聞くことでわかる問題が増え、自分がわかる問題の友達がわからない部分を説明することでわかる問題に対してさらに理解が深まりました。自分が理解できたかどうか確認するためには、他人が理解できるように説明することがいいらしいですよ。

以上長文となりましたが、僕がやっていた勉強の方法です。人により集中できる環境がいろいろあるので、僕のようなやりかたじゃできないよという人もいると思うので、自分なりの勉強スタイルを確立してください。

受験生のみなさん、残り1か月になりました、体調には十分気を付けて最後まで頑張りましょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
中学のときに通ってくれてた生徒さんが遊びに来てくれました。
あっという間の高校生活。
就職も無事に決まり一安心。
高松農業高校で和太鼓の部活動から、社会人の和太鼓チームに入ったらしい。
なんかすごい…。
高農で和太鼓の部活動があるのに驚きました。

{8356C670-9C8B-4049-9260-7B0C528957C6:01}


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。