【北京時事】中国山東省の在青島日本総領事館が18日明らかにしたところによると、青島市内の空港で12日、覚せい剤約2.5キロを持って出国しようとしたとして、麻薬密輸容疑で日本人男性が中国当局に拘束された。領事館側は現在、中国側に面会を申請している。
 邦人の薬物犯罪発覚は、4月に麻薬密輸罪で死刑が確定していた邦人4人に対する刑が執行されて以降初めて。中国当局は薬物犯罪に厳罰で臨んでおり、同国の刑法は覚せい剤50グラムの密輸で死刑になる可能性があるとしている。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
マレーシアから麻薬密輸容疑=台湾出身の女、主婦らに販売
32人負傷で死刑判決=児童襲撃相次ぎ、厳罰に

鳩山首相、口蹄疫対策本部設置「拡大とめられぬ現実がある」(産経新聞)
ヘリ近接飛行に懸念表明へ=岡田氏、中国外相と会談(時事通信)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
高槻市の死体遺棄、女性の養父が舞鶴で自殺(読売新聞)
講談社漫画賞にやぶのてんや氏ら(時事通信)
AD