三重県熊野市沖の熊野灘で昨年11月、フェリー「ありあけ」(7910トン)が座礁・横転した事故で、国土交通省の運輸安全委員会は24日、二度の大波を受けて荷崩れを起こし、右に40度以上傾いた可能性があると発表した。今後も解析を進め、横転に至った経緯を調べる。

 発表によると、ありあけはコンテナ150個など計3318トンを積み東京から志布志湾(鹿児島県)に向かっていた昨年11月13日午前5時5分から10分にかけ、右舷側に大傾斜した。乗組員は「傾斜計は40度を振り切っていた」と証言した。

 安全委はAIS(船舶自動識別装置)の解析で、速度が速くなっていたことから、後方から大波を受けた可能性が高いと判断。当時の波の高さを基に解析すると、第1波で船は右に25度傾き、積んでいた大半のコンテナはチェーンが切れるなどして荷崩れが始まり、第2波で40度前後傾いたとの結果が出た。

【関連ニュース】
座礁:フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘
宇高航路:廃止届を取り下げ 運航の「四国フェリー」
津波:足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧
津波:紀勢線で特急20本運休 瀬戸内海のフェリー欠航も
宇高航路:高松、玉野両市長が存続支援を要請 国交相に

土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
<猫虐待>容疑で家宅捜索…引き取り後、6匹死ぬ 愛知県警(毎日新聞)
メディア発言続ける=民主・生方氏(時事通信)
<非配偶者間人工授精>「人生が虚構のように」当事者が証言(毎日新聞)
国宝・姫路城「見納めの春」スタート 大修理控え1時間早く開城(産経新聞)
AD