発達した低気圧の影響で、西日本の日本海側と東日本の内陸部は9日夕、大雪となっている。

 低気圧の移動に伴って、雪の強く降る地域は次第に北日本に移り、北日本では11日にかけて大雪となる見込みだ。

 気象庁によると、10日午後6時までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、東北太平洋側80センチ、北海道50センチ、東北日本海側、北陸、山陰の各地方と岐阜県で40センチ、近畿北部と山陽の各地方と長野、群馬、山口各県で30センチの見込み。

 また、全国的に風が強まると見られる。特に、北日本の太平洋側は10日夕から11日にかけ、雪を伴って風が非常に強く吹き、海は大しけになると予想される。

 10日に予想される北日本の最大風速は、陸上が20メートル、海上が28メートル。東日本と西日本は、陸上20メートル、海上22メートルとなる見込み。

 気象庁は、交通障害やなだれへの注意を呼び掛けている。

地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
無住の寺から仏像盗んだ元住職に懲役1年と3年 奈良地裁支部(産経新聞)
東京スカイツリー 高さ半分 はや観光名所(毎日新聞)
里見女流名人を島根県立大社高OBが表彰(スポーツ報知)
トキ9羽死ぬ テンが襲撃、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
AD