オープンマイクデーの告知

テーマ:
ご無沙汰しております。フカガワです。

暑い日が続きますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか?

さてさて、今日はオープンマイクデーの告知でございます。

8月22日(金) 吹田にある"居酒屋きんぎょ"にて第1回オープンマイクデーを開催いたします。

簡単に説明しますと、アコースティックギターでの弾き語りでございます。

一人2曲ずつ回しでやろうかと考えています。

「よっしゃ! ワシが歌ったる!」という方どなたでも歓迎いたします!

みんなで飲んで歌って美味しいもん食べてワイワイ盛り上がりましょう!

時間は19時スタートを予定しております。

どうか皆さんのお越しをお待ちしておぃます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
居酒屋きんぎょ

〒564-0004
大阪府吹田市原町4丁目7-17
(岸部中1交差点すぐ)
最寄駅JR岸部or阪急正雀
徒歩15分~20分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AD

ライブに出ました!

テーマ:

昨夜、高見ノ里(大阪府松原市)にある”K's2”というライブハウスで毎月行われている

" 70's フォークナイト vol、6 "に初めてエントリーしました。

飛び入りでは出たことはあるんですがね。

" 佐野ちゃん&フカモン "というユニットでベース弾かせて頂きました。

本当はギター弾くはずだったんですが、ギター三本では音がぶつかり合うので

ベースで参加したんですが、セミアコとベースという組み合わせは、

このイベントで初めての試みだったので結構うけました。

曲は、ブルーハーツの青空、カーペンターズのトップ・オブ・ザ・ワールド、

キロロの未来、アンコールに太田 裕美の木綿のハンカチーフです。

メインボーカルの佐野ちゃんも初めてのエントリーという事で、

緊張しまくりでしたが、お客さんが盛り上げてくれたので、

なんとか最後まで演奏することが出来ました。

応援に来てくださった皆さんありがとうございました!

次回は弾き語り一人エントリーしたいと考えています。

歌は上手くないので皆さんどうか暖かい目で見てやって下さぁ~い!







AD
フカガワです。

今回からタイトルに「人」を付けくわえさせていただきます。

何を語るにしても「人」との関わりは重要な事ですもんねぇ。


「ちわっす!」これが浪高時代のアメフト部先輩に対する挨拶の基本であります。

「こんにちは。さようなら。」これは軽音楽部の挨拶でしたねぇ。

さて、高校卒業が近づいて来たあたりからは話を続ける事にしましょう。

「深川、受験するんか?  オマエの成績じゃ行ける大学少ないぞ。」

「・・・・ 先生、ボク大阪芸大行きたいんですけど・・・」

「芸大の放送学科受験してもいいですか?」

「やりたい事があるなら受けてみなさい。」

まぁ、これが当時担任だった畠〇先生との会話だったような・・・

その前に卒業出来るかどうかが問題でしたけど(笑)

そんな事がありながらも勉強しないで遊んでましたよ。

そらスベリますわなぁ・・・ お見事 " 不合格 "  あっはっはっはっ!

先生に相談したら二次試験があるとのこと。

考えた末に大阪芸術大学の芸術計画学科を受験することにしまして、

なんとか合格したんですが、なにを学ぶ学科なんかも

良く知らんまま受験してたもんですわ。

「さっ! 勉強するぞ!!」 どういう意味??   ってか? 

卒業するための勉強じゃないっすか!(笑)

ありがたいことに、ワタクシには力強い味方、柏原 誠大先生が居てますねん!

彼の予想してくれた問題だけを勉強して見事に再試・追試をクリア!

いい友達を持ってて良かったよかった!

でも試験クリアした時には、もう卒業式終わってましてん・・・

だからワタクシは、数名だけで二次卒業式。校長室でね(笑)

大学生になってからのお話は、また次回ね。

やっと音楽ネタに戻れるわ・・・




AD

音楽・楽器・バンド パート3

テーマ:
フカガワです。

さて今回は高校生編です。

ワタクシは高校生になったらアメフトがやりたくて、

また自宅から近いという事もあり浪速高校を選びました。

(今考えると良くもまぁこんな頭で合格したなと思います。)

で、一年はアメフトやりながら、休日は他校のバンド仲間とスタジオで練習すると言った

日々を過ごしていました。

そんな時に同級生で凄いギターを弾く奴と出会いました。

名前はTM君としておきましょう。彼はもちろん軽音楽部に所属していたわけで、

先輩方々からも一目置かれるようなプレーをする奴です。

ワタクシはどうしてもTM君と一緒にバンドがしたくて、また彼の誘いもあり、

二年生からは軽音楽部にも入部する事になりました。

その時に知り合ったのが一年後輩のSK君で、当時は一緒にバンドも組んでいましたが

卒業後は音信不通でした。

30年後にmixiにより再開を果たし、現在は"SKF38"というロックバンドを

仲良くやらせて頂いております。(最近スタジオリハ出来てないですが・・・)

もう一人! この年に知り合って現在もお付き合いさせてもらっているのが、

トライマックス社長である柏原 誠氏でございます。

もう30数年の付き合いになりますねぇ。

で、この柏原氏は昔から凄く器用な人で、当時ワタクシが使用していたベースギターを

作り上げてくれたのが彼なのであります!


 
    ( 写真:当時、柏原氏が作成したBass Guitar )   

現在も自宅で練習する時は、このベースを使用しております。


軽音楽部では同級生・後輩SK君を交えた" 曼珠沙華  ”というユニットを組み

他校との共同イベント「マリリン・パクパクフォークコンサート」なるものにロックバンドとして

出場するなど、いろんな場所でヒンシュクを買ったものです。

浪高祭(文化祭)では部活にかかわらず別ユニットをいくつか組んで、

講堂・教室・キャンプファイヤーなどで演奏したのも懐かしい想い出ですね。

高3にもなるとアメフトも引退し、軽音部にもあまり参加しない日があり、

いわゆる" 帰宅組"ちゅうやつですね。

他校の友達とバンドしてる方が新鮮で楽しかったんでしょう。

春・夏・冬休みにはアルバイトもしていたし、充実した高校生活だったんでしょう(笑)

でも、勉強は全くダメでしたよ!  受験勉強なんてした覚えは一切ございません。(笑)

っという事で、次回も続き書くことにさせて頂きます。
 
 

音楽・楽器・バンド パート2

テーマ:
木曜担当のフカガワです。

持病の腰痛がひどくお休みをいただいた為、2日遅れの更新となります。

さて今回も前回に引き続き音楽ネタとなります。

中学生の話から続きますが、ロックギターに挫折したワタクシは、ひそかに

エレキギターを練習しながらフォークギターの練習は欠かさずしていました。

当時は、拓郎、陽水、加えて長淵、浜省にもはしり、アリスやダウンタウン・ブギウギ・バンドの

コピーバンドを組んでいました。

その時ドラムス担当してたのが大河〇君です。

彼の影響により現在もバンド活動を続けているわけですが、現在も彼とバンド活動を

続けられるのは幸せな事であります。

中学三年生の時に、ふとした機会から文化祭でロックコンサートを開く事になり

全校生徒の前で演奏する事になりました。

ジャンケンで負けたわけではないけど、なぜかワタクシがヴォーカル担当になりました。

曲は、ディープ・パープルの"BURN"、ビートルズの"GET BACK"、

Charの"気絶するほど悩ましい"なんかをやりましたね~っ!

今も音源残ってるし写真もあるよ(笑)

当時の反響は大きく、まさか自分ファンクラブまでできるとは思いませんでした(笑)

そこから、ワタクシの本格的なバンド活動のスタートです。

中学生のお話はここで終わる事としましょう。

次回は、高校生編で・・・