2013年NF終了しました!!

テーマ:

〔追記〕クイズの平均点にミスがありましたので修正しました。

こんばんは、F同の松元です。


去年に引き続き、今年のNF(11月祭)展示も無事終了いたしました!

詳しい活動内容は、「11月祭始まります!」をご覧ください。


==============================================================================


まずは今年のお客様動員数を振り返ってみると、

・木曜、金曜・・・去年よりも多くの学生さんに来ていただきました。特に午後14:00以降に結構覗きに来てくださる学生さんが多かったように感じます。

・土曜・・・四日間で一番賑やかな日でした。一時は広い教室の半分くらい人で埋まってしまうほどまで多くの方にお越しいただけました。特に家族連れの方がわざわざここまでたくさんお越しくださったことはうれしい限りです。

・日曜・・・土曜と比べればそこそこですが、遠方から来てくださった学生さんや社会人の方など、様々な藤子ファンの方と出会うことができました。


というわけで去年の第一回目と比べてもよりたくさんのお客様にお越しいただき本当にうれしかったです。

ただその代わりに会誌やクイズの部数の見積もりが甘く、日曜の午後に一部の欲しいと言ってくださったお客様にお渡しできなかったこともあり、申し訳ありませんでした。お客様から頂いた声は是非来年以降に反映させたいと思います。


なお、会誌およびクイズ(初級・上級)の問題・解答完全版は、近々F同公式HPにアップしますのでお楽しみに!!



京都大学 藤子不二雄同好会 のブログ


==============================================================================


次に、クイズの平均点が出ましたので、ご報告いたします。
・初級  55.5点
・上級  25.9点  (100点満点)


とりあえずの感想としては、まあ難しかったなと(笑)
お客様の中からもしばしば悲鳴の声が上がることがよくあり、会員の前評判通り平均点も低くなったかなと思います。
ただそんな中でも初級では満点や高得点をとる方も数多くいらっしゃり、
上級の最高は59点で以降52点、49点と高得点をとられる方がいてすごく驚き桃の木山椒ry)・・でした。

クイズを解かれるお客様を見ていると結構お子様が問題を解かれていることも多く、中には大人顔負けの点数をとる子もいてすごいなと思いました。
初級に関しては、もうちょっと簡単めにするのと同時に、お子様が解くためにルビ打ちや簡易な表現を使うよう、来年以降工夫したいと思います。
クイズに挑戦して下さった方は本当にありがとうございました。


=============================================================================


最後に上映会及び全体の総評をしたいと思います。


上映会では、午前にドラえもんレギュラー回における「大山版」と「水田版」の新旧比較を行い、
午後は懐かしの「笑ぅせぇるすまん」「T・Pぼん」「プロゴルファー猿」「キテレツ大百科」といったF・A作品を上映しました。
(ドラえもん新旧比較は「ゆめふうりん」「消しゴムでのっぺらぼう」「勉強べやのつりぼり」「どくさいスイッチ」「テストにアンキパン」「しずちゃんのはごろも」の6作品を上映)


ドラえもん新旧比較では、全体的な流れはほぼ同じながらも、時代の変遷に応じた変化や、新たに加えられた場面などもあったりして新たな発見がたくさん出来ました。
また「大山版」を知らない子供たちや、逆に「水田版」をしらない大人世代にとってもそれぞれの知らない絵のタッチや声などを見聞きするいい機会だったのではないでしょうか。

一方F・A作品は、あまり作品を知らない未成年世代や、記憶の片隅に残っている大人世代の方両方に楽しんで頂けたようで安心しました。
特に小さな子供たちが前の方で「猿」や「キテレツ」を見て笑っている様子を見ると、F・A作品に賞味期限は一切ないのだなぁと改めて実感しました。
上映会、皆さんは楽しんで頂けたでしょうか。もしそうだとしたら、企画冥利に尽きます。



京都大学 藤子不二雄同好会 のブログ


そして、全体の総評としては、
とにかくたくさんの方に来て頂けて本当に良かったなと。
去年もそうでしたが、藤子の世界をファン同士で共有する為には京大内ではどうしても限界があります。
NFといった開けた環境の中でこうした展示や上映会をできるというのは、沢山の世代を超えた藤子ファンと出会える絶好の機会だと考えています。
中でも、今まであまり周りに話せる人がいなかったけど、F同の展示に来て楽しかったと言ってくれる学生さんと出会えるのは、F同コミュニティにおいても個人においてもとても嬉しいことです。
そうしたコミュニティ間での出会いの場こそが毎年展示を行う最大の目的であり、意義であると思っています。


二回目の展示会ということで不安もありましたが、多くの会員と、お客様のおかげで無事大成功で終わらせることができました。
また、F同の活動に興味を持って下さる方も沢山いて、改めて同好会の活動を周知させるいい機会になりました。
最後に、4日間本当にありがとうございました!!
来年(第3回目)もよろしくお願い致します。



京都大学 藤子不二雄同好会 のブログ


今年の公式活動はあと打ち上げ(兼忘年会)のみ! ・・・かな?



AD

コメント(2)