京都大学藤子不二雄同好会 のブログ

京都大学藤子不二雄同好会のメンバーによるブログ。
サークル活動の内容やサークルの連絡先についてはプロフ欄に掲載しています。
大学祭で配布した文集やドラえもんクイズはこちらで読むことができます。→http://kyodaifujiko.web.fc2.com/index.html


テーマ:

こんにちは

 

新年度が始まったと思ったら、もうひと月目の終わりですね。

みなさん新しい環境のなかで、ちょっと落ち着いてきた頃でしょうか。

そんな変化の季節にも、週末にドラえもん。

なんという安心感。

 

 

オープニング

 
今日のオープニングアニメは『ネコっぽいドラえもん』でした。
「ドーラーえーもんはじまるよー」のフレーズの輪唱をバックに、ただただ気持ちよさそうに丸まって眠るドラえもん…
 
…ふぅ。
 
 
 
『火星ピクニック』
 
 火星人がいると信じているのび太は、「絶対にいない!」というスネ夫と言い合いになる。その様子を見ていたドラえもんは、実際に火星に行って確かめてみようと言い出し、未来の子どもたちが宇宙に遊びに出かけるときに使う『宇宙ピクニックセット』を取り出す。
 まずその中にあった小さなロケットを空き地にセットしたところ、みるみるうちに大きくなったからビックリ。ドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫の5人は、さっそくロケットに乗り込み、火星へと向かう。
 ロケットの中で、『絵本とりもち』を使って図鑑(ずかん)にのっていた宇宙食を楽しんだのび太たちは、しばらくして火星に到着。どんな環境(かんきょう)でも生活できる『テキオー灯』を浴びて、地表に降り立つ。
 『惑星探検カー』に乗り込み、火星探検をはじめるのび太たち。途中で探検カーを降りると、『宇宙バーベキューセット』を使い、火星でのバーベキューを楽しむが…!?

 

たぶんオリジナルの話ですね。

コロコロ意見の変わるジャイアン、のび太の「ほら見ろほら見ろ!」などの定番(?)の流れがあって、映画版を見ているような感じでした。

無重力空間、火星に関する知識がいくつか出てきたのも、大長編ぽく見えた理由でしょうか。

あ、あとジャイアンの言い間違えですね。

 

宇宙船内でフワフワと浮き始めたときに、すごくハツラツとした顔で

 

「無気力だぁ!!」。

 

…無重力ですね。

真っ暗族やらタマランデスよりは惜しい……かな?

 

個人的にム!と思ったのは、のびドラが火星人に追われるときのBGM。

何かの曲に似てるなぁ…

あ!ゴジラ対メカゴジラだ!!!!

 

検索される方は、ゴジラvsメカゴジラ(1993)と間違えないようにしてください。

YouTube等で『メカゴジラ現る』と検索すれば出てきます。

 

…失礼しました(笑)

 

 

 

『テレパしい』

 
自分が何をして欲しいか、寝ているだけでもわかってもらえる道具はないかと言い出すのび太。あきれるドラえもんだったが、しゃべらなくても心を通わせることのできるひみつ道具を取り出す。それは『テレパしい』という椎(しい)の木の実で、これを食べると頭の中で思っただけで、それが相手に通じるのだという。
 さっそく、テレパしいを食べるのび太。すると、ドラえもんがのび太の思っていることを当ててみせた。さらに、ママの顔をじっと見たところ、ママものび太が頭に思い浮かべたことを、まるで聞いたような反応を見せる。それを見たのび太は、これなら口に出して言いにくいことも平気で言えるとよろこんで出かけていく。
 まずは、しずかの家の前で、しずかのことを考えてみたところ、テレパしいを感じ取ったしずかが窓を開け、外に出てきてくれる。ところが、思ったことが何でも伝わってしまうため、よけいなことまで伝わってしまい…!?
(てんとう虫コミックス ドラえもん18巻「テレパしい」より)

 

ドラえもんの秘密道具の中では有名な部類に属するのでしょうか。

僕の中では、SF短編の『テレパ椎』がまず頭に浮かびましたが、それとは道具の効果が異なるようです。

確かSF短編の方は、身に着けていると”まわりの人の”心の声が聞こえる、というもの。

ドラえもんの方は、”食べた人の”心の声がまわりにダダ漏れになるシロモノ。

テレパ椎は欲しいですが、テレパしいは使いどころが難しいですね。

 

上のあらすじにもありますが、のび太がしずかちゃんに対して「大好き!かわいい!」といった念を送ります。

それを感じて、素直に照れまくって身もだえするしずかちゃんもどうかとは思いますが、表に出てきて「のび太さんだったの?」とどこまでも勘の良いしずかちゃんに対して、否定せずにただ笑顔でいるのび太もすごいですね。

その上、あろうことかしずかちゃんに対して「おだてておけば後々役に立つからなァ…!(ちょっと違う)」!!!!

 

…視聴者でさえ知らないのび太の内面が、テレパしいで明らかにされましたね。

小学生にも純粋な愛は無いのでしょうか。

 

 

小学生でこれだから…

テレパしい、恐ろしい道具です。

 

 

 

 

…えぇ、次回は5月12日

 

『ママをつかまえろ!』

『四次元くずかご』

 
の二本です!
 
来週はありません(TωT)
 
 
清水
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、清水です。

 

 

 

 

25日は新歓上映会の第3日目でした。

上映作品は『のび太と緑の巨人伝』。

 

京大内だけでなく他大からも来てくださり、第一、二回に続いて大人数での鑑賞となりました!

 

(緑の巨人伝、僕は劇場で見たかどうかが正直なところハッキリしないのですが、当時のcmやグッズを思い出すことができて少しホッコリしました(。・ω・))

 

 

 

さて、鑑賞後は食堂で食事しながら自己紹介+映画の感想を言ってもらいました。

 

 

 

…案の定というべきか何というべきか、賛否両論でしたね。

 

 

賛 「テーマが良い」 「全体の雰囲気がイイかんじ」 「良い歌じゃないか」

否 「終盤の展開が早すぎて何が何だか・・・」 「伏線回収が甘い」 「冗長」

 

 

ざっくりと書くとこんな感じでした。

 

会員内の意見としては、前半の生活場面に尺を取りすぎたために後半苦しくなったのだろう、という感じでした。

しかしその生活場面が不要かというとそうではなく、逆に素晴らしい点でもある。とも言っていました。

 

 

映画化の際に、なかなかストーリー配分・テンポの兼ね合いの難しい作品だったのではないでしょうか。

 

映画で説明不足な点は、ある程度漫画版で補えると思うので、そちらもぜひご覧になってください(今回食堂で軽く回し読みしました)。

 

 

 

 

 

特定の人へのお知らせになりますが、今回来てくださった中で映画鑑賞のみの参加だった方、入会の意志の有無を確認する前に解散してしまったので、もし「入りたかったのに…」という方がいらっしゃれば、

F同のアドレス(kyodaifujiko★gmail.com)(★部を@にしてください)

までお知らせください!お手数かけて申し訳ないですm(_ _ )m

 

 

 

では、今回は少し短いですがこの辺りで締めさせてもらいますね。

 

新歓上映会に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

清水

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。ご無沙汰しています、ドラえもんの感想ですσ(^_^;)

今回からはできるだけ毎回投稿するようにしますね。

 

 

では気を取り直して!

 

 

 

 

オープニング

少し前から、オープニングアニメが毎回違うものになりましたね。

今回は、「のび太がドラえもんを使ってマジック(おそらくドラえもんを消すor移動させる)をするも、失敗」という筋のアニメでした。

失敗した結果ドラえもんは怪我、テンション低めで「ドラえもん、はじまるよ~」といいます。

しばらく前までの固定のオープニングアニメでは、異常なテンションで「アハハーーーーーー!!ドラえもん!はじまるよぉ!!!!」と言っていただけに、今回新鮮な感じをうけました。

 

 

 

 

『見えなくなる目ぐすり』

 

ジャイアンに電話をかけ、貸していたマンガ本を返してほしいと頼むのび太。ところが、ジャイアンはもう少しで読み終わるところだからと断られてしまう。実はそのマンガ本の最後のページにジャイアンを怒らせるような落書きをしていたのび太は、大あわて…。
 のび太は考えた末、ジャイアンがそのページを見る前に、姿を消して家に忍び込み、本を取り返そうと決意。以前、ドラえもんから借りたことのある『見えなくなる目ぐすり』をまた貸してほしいとお願いする。ドラミとの約束があって急いでいたドラえもんは、深く考えることなく、目薬をのび太に貸す…。
 さっそく目薬をさしたのび太は出かけようとするが、ママの姿はどこにもなく、外に出てもなぜか人がいない。しかも公園では無人のブランコがゆれ、シーソーがひとりでに上がったり下がったりするふしぎな光景が広がっていた…。
 実は、ドラえもんが出した目薬は、自分の姿が消えるのではなく、ほかの人が見えなくなる目薬で…!?
(てんとう虫コミックス ドラえもん10巻「見えなくなる目ぐすり」より)

 
 
ストーリーは非常にシンプルで、その分演出に目がいきました。
 
一番わかりやすいのは『どーなってるの?ドラミちゃん』のコーナーですね。
本当に唐突に、ドラミによる状況解説が挟まれました。
 
…癒されました。
 

あと個人的にツボに入ったのは、のび太が独り言を発している様を呆然と見つめる周りの人たちですね。

剛田家の玄関にて、他人の家に挨拶もなしに上がり込んで独り言を発しているのび太をただ見つめるジャイアン母の視線が、シュールでたまらなかったです。

 

あと、これは僕の見落としかもしれませんが、マンガを奪還しに行ったはずが、ジャイアンの読んでいる『走れメロス(中が映るが漫画ではなかった)』を手に取って、「これだこれだ」と言っていたんですよね。

 

僕のテレビ、録画機能がないので見返せないのですが、僕の見間違えでしょうか。

まぁ、その後鬼と化してゆくジャイアンとそれに気づかないのび太の構図で大いに笑えたので、ま、どっちでもいいやって感じなんですが(テキトーですみません)。

 

 

 

 

『目は口ほどに物を食べ』

 

フランス料理を食べたことをじまんするスネ夫を見かけたのび太は、いつものことにうんざり。そんなのび太が帰宅すると、ドラえもんがどら焼きの写真を見ながら「おいしかった」とつぶやいていた。
 ドラえもんに言われるまま、のび太もそのどら焼きの写真をじっとながめてみると、なんと口の中にどら焼きのあまい味が広がり、本当に食べているような気がしたからビックリ。ドラえもんによると、食べ物の絵や写真にかければ、目で見ただけで食事ができる『食品視覚化ガス』をかけたのだという。
 さっそくのび太が、おいしそうな写真や絵を探そうとすると、ママが部屋に入ってきて「今夜はおいしいフランス料理を作るから期待してちょうだい」と言って、またすぐに出て行ってしまう。スネ夫のママに、フランス料理を習っていることをじまんされたママは、自分だってフランス料理くらい作れる!と張り切り出したのだ。パパにも早く帰って来るよう電話し、買い物に出かけるママだったが…!?
(てんとう虫コミックス ドラえもん42巻「目は口ほどに物を食べ」より)

 
 
五郎さん出てきましたね。五郎さんは、のび太の母方のいとこにあたります。僕の中では、寝そべって おはぎをムシャムシャの印象があります。
原作を読んだことがなかったのでさっき読んでみましたが、五郎さんちゃんと出てましたね。
 
「新発売メロンスナック!!」
「おいしい」
 
もそのままですね(笑)

加えられた要素としては、ワサビを見てしまって「うぎゃぁ」(←このドラえもんの声がものすごくよかった)、それと謎の売れないヴィジュアル野郎ども等、ちょうど良いくらいの配分だったように思います。

 

さて、肝心の道具『食品視覚化ガス』について。

 

『食べた気になる』ではなくて、『実際に食べている』ことになることをのび太が強調していました(腹も膨れていた)が、あくまで『ガスを大量に飲んだ』ということになるのでしょうか。それなら後々おならがヤバそうですが(笑)

この道具において大事なのは「忙しい人のための道具」であるということだと思います。

料理本があれば満腹感が得られる。すばらしいことだと思います。

しかし、一番最後のパパのセリフに集約されているように、「確かに味はいいけど、どうもなんだかもうひとつ…」なんですよね。

ママのお手製フレンチを期待していたからこそ余計に。

 
 

 

腹を満たすだけが食事ではないんですよね……よねぇ…よねぇ…よねぇ…

 
 
 
…あぁ、晩御飯まだでした。

 

来週28日は、

『火星ピクニック』

『テレパしい』

の二本です。

 

では、今日はこのくらいで。

 

 

清水

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、清水です。

 

 

新歓上映会の第二日目が昨日行われたので、その様子をお知らせします(^_^)

 

 

 

今回も特に適切な前置きは思いつかないので結果から申しますが…

 

7人の方に来ていただけました!

 

前回来てくださった方もいらっしゃり、素直にうれしかったです(笑)

ありがとうございます!

 
 
 

さて、第二回の上映作品は『のび太の新魔界大冒険』。

参加した会員を合わせると、メディアシアター内の椅子がほぼ埋まるくらいに大人数での鑑賞となりました。

 

司会進行(と敢えて仰々しく言います)は今回も僕が務めさせていただきました。ありがとうございます。

…そして今回もグダグダでしたね。以後、以後気を付けますσ(^_^;)

 

 

 

 

上映は拍手に始まり、拍手に終わりました。

 

なるほど、拍手、良いですね。「上映会」という感じがして。

なんか僕が照れちゃいました。

 

 

 

上映後は食堂で食事…なんですが、そういえば、今が新歓期なのはF同だけではなかったですね。

他サークルの人で混みあっていたため席を確保できず、外の席で食べることになりました。

 

まだまだ寒いのに本当に申し訳なかったです…。

 

机をくっつけることもできなかったので、それぞれのテーブルで自己紹介することになりました。

 

 

ここから下は僕のテーブルの様子を書きますね。

僕のテーブルでは自己紹介に加えて、上映会の感想、気づいたことなどを挙げてもらいました。

 

 

「科学と魔法の対立構造」、「母と娘の構図」等、設定面で心に残った点が多かったようです。

 

その一方、ストーリー展開がテンプレ的であるとの指摘も…

まぁ、悪役を設定する時点である程度の流れは固定されるので、仕方ないことなんですが(笑)

その分、作品を重ねるにつれて舞台、設定が多様化して、今の映画ドラえもんというブランドの重みが生まれているんですよね。

 

 

会員が持参した藤子作品が何冊かあったので、気になるものを手に取っていただきました。

 

個人的には、SF短編集とのファーストコンタクトを目の当たりにできてなんだかワクワクしてました(勝手にすみません)。

自分がはじめてSF短編を手に取った時のことを思い出すんですよねぇ。

 

 

…と、いけない。私見だらけになってきたので、次回の告知です。

 

 

 

 

 

上映作品: 『のび太と緑の巨人伝』

 

 

と    き: 4月25日(火) 18時15分 集合

 

 

集合場所: 京大附属図書館前

 
 
 
 
附属図書館前にて、ドラえもんのぬいぐるみをもって立っています。
 
第一日、第二日は木曜におこなっていましたが、第三日となる今回は火曜に設定しています!
 
気を付けてください!
 
 
最後になりましたが、来てくださった方、本当にありがとうございました。
ご都合よろしければ、第三日もよろしくお願いしますね!
 
 
 
清水
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、新歓大臣の清水です。

 

昨日の『のび太の恐竜2006』新歓上映会の様子をおしらせしますね。

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

…適切な前置きが思いつかないので結果から申しますと、なんとなんと五人も集まってくださいました!(しかも、うち2人は他大の方です!)

 

 

それぞれがF同を知ったきっかけも、サークル紹介冊子、教室に撒いたビラ、はたまた本ブログと様々で…

 

 
 

これは新歓大臣冥利に尽きますよ。

なんだか、今年度はやさぐれずに学業にうちこめるような気がしてきました。

 

 
 

 

 

 

 

 

上映は附属図書館3階のメディアシアターで行います。

新入生でこの場所を知っている方はあまり多くないのではないでしょうか。

 
 

 

F同の上映会は基本的に、大画面のTV、サラウンドの音響設備の整ったこの部屋で行います。

 

 

そんなせっかくの凄い設備の前でグダグダの進行を見せてしまったことは、いくら謝っても足りません。

以後気を付けます。

 

 
 
 
 

 

さて、映画を見た後は食堂に移って、食べながら映画について感想を出し合う…という流れが想定されていましたが、それを忘れるほどに話題には事欠きませんでしたね(笑)

 

 

 

まず自己紹介。

 

 
 

 

名前、学部等に加えて、毎年恒例(?)F同会員Y氏の無茶ぶりに答えなければなりません。

 

今回のお題は『自分の欲しいひみつ道具』。

 

 

 

「どこでもドアさえあれば一限に間に合う…」

 

「ほんやくコンニャクで語学の単位を…」

 

 
 

 

と、大学生の鑑たる回答を会員が出す中、来てくださった方は

 

 

「ツキの月」

 

 

と意味深な回答をしたり、

 

 

「桃太郎印のきびだんごを人間に使用する」

 

 

という危ない回答が飛び出したりと、バラエティに富んでいてとても楽しかったです。

 

 
 

 

好きな藤子作品も、ドラえもん、チンプイ、21エモン、短編集、エスパー魔美…と幅広く挙げられ、驚きでした!

 

 
 
 
 

 

 

 

 

藤子談議に花が咲く一方で、新入生なりの大学生活への不安もうかがえました。

 

 
 

 

数学が苦手…

 

自分の学部に沿った内容以外の学問にも興味があるが…

 

自炊が…

 
 

 

等々、様々です。

 

内容は多少違えど、誰もが直面する問題ですよね。

 
 
僕も去年はそんな不安にもみくちゃにされていましたが、気づけば今こうしてちゃんとした役職を任されて自分なりにやって、なんだかんだでどうにかなるもんだなぁと……(勉学面は何とも言えない)
 
新入生の話を聞きながら、実はしみじみそう思っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、食べ終わると、会員が持参した藤子漫画を机に広げて読書会…といきたかったのですが、もともと時間が押していたこともあって、今回はあまり読めませんでした。
 
 
次回以降の上映会にも何冊か持参しますので。
 
「ドラえもん以外はあまり知らない…」という方も、ぜひこの機会に読みにきてはいかがでしょう。
 
 
 
 
 
最近ドラマになった『スーパーサラリーマン左江内氏』の原作、『中年スーパーマン左江内氏』も持っていきますよ!
 
 
 
 
 
 
 
と、いうところで、来週の上映会の告知をします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上映作品 : 『のび太の新魔界大冒険(2007年)』
 
 
と   き : 4月20日(木) 18時15分 
 
 
集合場所 : 京都大学附属図書館前
 

 

 
 
 
 
 

 

 

 

ドラえもんのぬいぐるみを抱えて立っているので、気兼ねなく話しかけてください!

 

 20時ごろに上映終了、そこから時間のある方は食堂で晩御飯を食べましょう。

もちろん途中抜けもOKです。

 

 

 
 
 
 
 
 

 

告知挟んじゃいましたが、上映会に来てくださった方々、本当にありがとうございました!

 

よろしければ来週も再来週もどうぞ。歓迎しますよ!

 

(吉田南グラウンド横掲示板に、F。)

 

 

 

清水

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。