ふとっチー

古い車が好きで、TN360 TN-7を手に入れ
そして今度は
ライフワゴンATが足となりました 
ファン・トゥ・ドライブを楽しめる車にしたいと願っています 
今後のライフはどう変身するのか
お楽しみください。


テーマ:

 

先月の入庫でしたけれどね

今頃 ブログアップしてます

 

なかなか 更新作業に気が進まない愚か者です

これも 帯状疱疹からの影響です

ストレスや手の込むものを受付できなくなりました

 

疱疹は出なくなりましたが 

手には 進行して悪化した皮膚の炎症痕がまだ残っていて

直接手で作業ができません

まだ皮膚が薄いので 仕方ありません

 

もう冬になろうとしているのに

このままでは 来春も皮膚の完治は長引きそう

 

徐々に回復できるとは思いますがね

 

これまでもそこそこいろいろやってましたが

今更全部をアップする気力もありませんしね

 

 

そんな中のひとつの作業です

 

ロードスター NA6CE  です

クラッチ交換やブレーキが主体の交換修理作業です

その他何かあればそこもやっといて という事でお預かり

 

時間も十分頂きましたので ストレスも感じないと思います

 

 

クラッチ交換は ミッション脱着が必要です

写真のミッション内部はきれいになってますが

クラッチダストで真っ黒でした

 

パーツクリーナーで洗浄し これでもかとキレイになったのと

 

レリーズフォークの摺動回復と異音防止もやっとります

 

これがこれまで活躍したディスクです

俗に言う メタルディスクというやつですね

明るいところで見るとよくわかりますんが

ベースとメタル部がほとんどフラット化してます

この状態で60㎞位自走してきたんですよ

乗りにくいのなんのったら ありゃしない

 

こちら新品です

ですが

このまんま ホイと取付できなかったんですよ

 

問題はクラッチカバーにあったんですね

 

プレッシャープレートにはさほどの問題はないんですよ

使い過ぎて ゴミで幾分スジが入ってますが

メタルディスクではよくあることですよ

 

新品のメタルディスクでは メタル部分の厚みがあるので 

ディスクとフライホイールとのクリアランスが問題なんですね

 

仮組してみたところ 数ミリ厚のスペーサーが必要なんですね

何度か測定しスペーサーの数値を確定できました

 

ホントは画像があったのですが

写真の整理中に 

肝心なものをいくつも削除してしまっているのに気が付きました

やっちまったぜぃ   

デジタルは物凄く便利だけれど こういうところが不便なんじゃ!

消しちまったのはどうしようもないので文章で書くぞ

 

クリアランを測定した数値は2~3mmでした

さて どう処理をするかですが

今の時代はホントに便利なものがあるよね

ホームセンターで2㎜のアルミ板買ってきました

 

そんでもって ザクザクとアルミ板を切り

クラッチカバーの形に合わせて スペーサーを拵えましたよ

出来たスペーサー取付 

ミッションを仮組しレリーズシリンダーなどを一旦組み付け

さて いよいよクリアランスの確認です

 

クラッチペダルの操作で

クラッチの接続と切り離しがスムーズにできればOK~

 

何度も仮組してクリアランス計った甲斐ありました

クラッチ操作も不便無く まあまあの出来

欲を言えばもう少し厚みが増せればと思いましたが

2mmの次は3mmしかなかったので これで丁度良いと思います

 

これで 本格的にミッション組み付けができはした

 

この間に 実はこんな所にも手を入れていたんですね

このパーツはイグナイターです

黒いゴム製のOリングが付いてますが

このOリングがよくオイル漏れを起すんですよ

 

新品Oリングに交換しました

ミッション脱着するので 今とばかりに済ませました

 

更に スペーサーを製作中にブレーキ周りもやっていたのですが

その画像も全て無です

 

ブレーキの利きがイマイチとの事だったので

引き取り時にいろいろチェックしながら帰ってきた甲斐あり

ブレーキはフロントだと断定できました

 

フロントブレーキはフル分解ですね

このロードスターはフロントにFCキャリパーを組んでまして

勿論 4ポット仕様ですね

4ポットの分解はちょっとコツがいるので

画像あれば詳しく説明できるのですが

 

どうしようもないので 文章で判断ください

 

交換するのはシールキットです

4ピストンはパットの傾きに弱いので 

正確な分解組立と完全な洗浄と清掃が必要です

 

ここで弱いというのは 理由があり

よくよく考えるとごく当たり前の事です

 

その理由とは

4ポットは

4個のピストンが同時に動かないと

キャリパーのバランスが崩れる

 

ですから

キャリパーのシリンダー内の摩耗は禁物であり

動きがスムーズじゃなきゃいけないので

シリンダー内のグリス量は適度がベスト

 

注意するのはたったこれだけです

ただ 分解時のピストン抜き取りは簡単ではありません

コツが必要です

アルミキャリパーなので よく考えてね

 

では 次の作業ですが

リミテッドデフのバックラッシュ調整です

 

車体から降ろすのは意外に簡単

がらんどうのリヤ下回り

ドライブシャフトは残したままです

ミッションジャッキを当てとけば楽チン

 

デフオイル抜き取ります

 

ただ抜き取ってはダメ

オイルの色と感触を確認

切粉が多いとデフも分解が必要になります

今回は大丈夫でした

 

ですが オイルは交換 です

90W LSDオイルを用意しました

 

遊びは極力抑えたいか゜

詰めすぎるとギヤの摩耗が心配なので

 

ピニオンとリングギアとの 歯当たりを正確に

スムーズに回る位置で固定します

 

頼れるのは自分の勘だけ 

 

さて いよいよ 終盤が近づいてきました

 

最終調整は エンジンのアイドリング

 

冷間時の始動性向上と

走行時の加速向上が願うところでした

 

イグナイター取り外したので 点火時期は再調整

 

気になったのは 以前にもやったエアフローの開度

アイドリング向上と加速の向上は連結するので

エアフローの再調整もやりました

 

それと 長年使用のエアフィルターが限界に来ていたので

汎用のフィルターを用意

エアコンや換気扇などに使うフィルターを流用しました

 

結果は良好でした

マイクロフィルターは凄いぞ 

見た目はスカスカだけど 吸入効果は抜群

比較的に安価で 使うには面積が広いので幾つも作れます

 

スーパーなチャージャー付きなので 

また走れる車になったと思います

 

 

では  また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「車検・修理入庫」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。