さくらの女の子産み分け記録

可愛い息子達と過ごす毎日はもちろん幸せ。でも女の子も育ててみたい。おそらく最後の挑戦、頑張ります。。。


テーマ:

主人の母、つまり私にとって義理の母について。

私が次男を妊娠してしばらくしてに主人の姉も妊娠しました。私にとっても主人の姉にとっても2人目。

義姉には小学生の女の子がいます。

そしておなかの赤ちゃんは双子ちゃんとのことでした。


私の次男の性別が分かって、義母と話していた時のことです。


私:「おねえさん、性別わかったんですか?」


義母:「まだまだ。でもみんなして、絶対女の子がいいって言ってるのよ。男の子2人なんてねぇ。」


私:「・・・・・。」


言葉を失うってこういうことかというくらい返す言葉がみつかりませんでした。

私はもうすぐ2人の男の子の母になろうとしているのに。

悪気はないんです。

男の子はパワーもあるし、大変ってことが言いたかったのはわかるのですが・・・


で、産まれた義姉の赤ちゃんは一卵性の女の子でした。


それからみんな集まっていた時のことです。

こんなことも言われました。


私:「女の子、体もやわらかくて、可愛いですね。」


義母:「ああ。あなたは男腹だものね」


私:「・・・・。」


本当に無神経なところがあって、たまにすごく嫌な気持ちになるんです。

いちいち気にしなければいいのですが、なんだかひっかかります。


3人目もほしいとか言ったらまた何を言われることやら。。。

はぁ。。。




クリックしていただけると、嬉しいです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ


にほんブログ村





PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード