大阪労働局は2日、同じ職場の女性職員にセクハラ行為をしたとして、府内の公共職業安定所(ハローワーク)で統括職業指導官(課長級)を務めていた男性職員(50)を停職1か月の懲戒処分とした。

 男性職員は当時、職場内のセクハラ行為についての相談員を務めていたという。

 発表によると、男性職員は昨年7月10日夜、職場の懇親会終了後、女性職員と2人で焼き鳥店に入り、キスを強要したり、手を握ったりした。男性はこの夜、ビール2本と焼酎の水割り4杯、梅酒3杯を飲み、かなり酔っていたという。

 この翌月に被害者が申告して発覚。同局は昨年10月に男性職員を降格異動し、調査していた。男性職員は大筋で事実関係を認めており、同局は「再発防止に努めたい」としている。

官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
小沢幹事長の辞任要求=複数擁立に反発-連合静岡会長(時事通信)
名古屋の男性遭難か=山中で発見の男性死亡-福井・荒島岳(時事通信)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)
AD