公明党の坂口力副代表は23日、国会内で記者団に、参院選後に衆院議員を辞職し、政界を引退する意向を同党の井上幹事長に伝えていることを明らかにした。

 坂口氏は「井上氏に『病気だから、参院選が終わり次第、身柄を預けます』と伝えている。(進退は)井上氏に一任している」と述べた。井上氏は「参院選が終わった時点で考えましょう」と応じたという。

 ただ、党執行部は厚生労働相経験者で社会保障政策に精通している坂口氏の手腕を評価しており、慰留する考えだ。

 公明党では、神崎武法・元代表も世代交代を理由に、任期中に議員辞職する方向で調整している。

外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ-厚労省(時事通信)
チッソも和解受け入れ表明=国、熊本県に続き-水俣病未認定訴訟(時事通信)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
チッソも和解受け入れ表明=国、熊本県に続き-水俣病未認定訴訟(時事通信)
介護施設「利用者本位のサービス提供を」-日医委員会(医療介護CBニュース)
AD