トヨタ自動車は21日、高級ブランド「レクサス」の最上位モデル「LS」の制御システムに不具合が生じた問題で、4509台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出る。
 リコールの対象は、昨年11月以降に生産されたLSの4車種。車の速度に応じてハンドル操作と前輪の動きを最適に調整する「ギア比可変ステアリングシステム」(VGRS)に不具合があり、右左折やUターンでハンドルをいっぱいまで切った後、素早く回転させて戻すと、車の進行方向とハンドルの位置が数秒間ずれる状態が発生しやすい。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ自動車「プリウス プラグインハイブリッド」
【特集】トヨタ リコール問題
トヨタホームとリフォームや介護で連携検討=竹中ミサワ社長
トヨタ、「パッソ」を自主改修=2万台超、低速時などにエンスト
小沢トヨタ副社長、「大きな影響は必至」=「ギリシャ」問題の長期化懸念

禁止区域でファッションヘルス営み、風俗案内所の経営者ら逮捕 (産経新聞)
会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)
通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)
自民党 青木幹雄氏、参院選出馬を断念 軽い脳梗塞で入院(毎日新聞)
世界で2番目に古い貝の化石発見 深海生物進化の定説を補強(産経新聞)
AD