京都府福知山市猪野々の山中で有害鳥獣駆除中の地元猟友会の中嶋慶喜さん(67)と三宅諭さん(65)が血を流して死亡していた事件で、福知山署は5日、中嶋さんが誤って三宅さんを撃ち、その後、胸を撃って自殺したとみて調べている。

同署などによると、2人は、市から有害鳥獣類の駆除の依頼を受け、午前9時ごろから猟友会の仲間計5人で作業にあたっていた。午後1時半ごろ、中嶋さんが「えらいことしてしまった」などと仲間に無線連絡し、仲間が頭部から血を流している三宅さんを発見した。

さらに約30分後、発砲音があり、三宅さんが倒れていた場所から南へ約100メートルの林道で、中嶋さんが倒れていたという。

中嶋さんは仲間への連絡後、兄(69)に携帯電話で電話をかけ、「人が倒れた。救急車を呼んでほしい」などと混乱した様子で話していたという。

【関連記事】
銃撃で鳥獣駆除の2人即死状態 京都・福知山
イノシシ狩りで仲間を誤射 男性即死 長崎
シカ被害増大で兵庫県が異例の捕獲頭数上限撤廃
サル駆除中猟銃で誤射容疑 同僚死なせたJA職員を逮捕 千葉
拳銃誤射の陸自1曹を停職
「はやぶさ」帰還へ

W杯中、南アに臨時事務所=外務省(時事通信)
民主代表選 菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)
<普天間問題>「怒りマグマのよう」…沖縄、徹底抗戦の構え(毎日新聞)
「酪酸は無害と説明を受けた」公判で元船長(読売新聞)
「4日に後継選出」両院議員総会でと民主党幹部(産経新聞)
AD