4月休業日 4/3(月)
5月休業日 5/8(月)9(火)

定休日はだいたい第1月曜日です

ホームページはこちらから

facebookはこちらから
Instagramはこちらから
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-22 18:04:37

たまにはレンズのお話を 。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

テーマ:店員のつぶやき
さてさて5月も半ばになり、増加する紫外線への対策も急務なのですが、可視光領域である380~500㎚のブルーライトと呼ばれる高エネルギーな波長帯の有害性も問題視されているのはご存じのはず晴れ
 
このブログでも時折レンズのご紹介の時に警鐘をガンガン鳴らしておりますので、なんとなくでも知っている方も多いと思いますニヤ
 
 
今一度ザックリ説明すると、ブルーライトとは紫外線から可視光へと移行したばかりの紫や青の波長帯で、よくPCやスマホの液晶から発せられると言われていますが自然光にも当然含まれており、目の中で散乱することでコントラストを低下させたり、眼精疲労や網膜へのストレスによる黄斑変性症の原因のひとつと言われておりますショック
 
 
今ではそのブルーライトを軽減するためのコーティングや、よりエネルギーの強い420㎚までのHEV領域を特化してカットする素材のレンズなど、メガネが視力補正というこれまでの枠を超えて眼の健康を守るためのシールドとなるような付加価値が求められる時代になってきました筋肉
 
 
そんな時代の流れの中で先駆的にHEVカットレンズを商品化した東海光学さんの 『ルティーナ』 シリーズを以前ブログにてご紹介させていただきましたが、今回はHOYAさんが新たに発売した 『Ray Guard 435』 を紹介いたしますビックリマーク
 
 
 
 
 
角膜炎や白内障などの原因とされる紫外線と、ドライアイや眼精疲労だけでなく黄斑変性症の原因と考えられている青色光の二つから眼を守るために開発された 『Ray Guard 435』 アップ
 
 
 
 
効果だけの説明だとこれまでのHEVカット系レンズと大差ない感じがしてしまいますが、高エネルギー帯である420㎚までを大きくカットする従来のタイプと違いは、420㎚までを65%カットしながら青色光が最も強いとされる435㎚も20%カットしているという点ハサミ
 
 
 
 
この波形はブルーライト全域をやんわりカットするコーティング系と、高エネルギー帯を特化してカットするHEVカット系のいい所を合わせたような、より効果範囲が広く眼を保護する能力が高い性能に仕上がっていると言えるでしょう合格
 
 
 
・・・と、性能面では文句なしなのですが、それだけブルーライトを軽減しているということは弊害も避けられませんあせる
 
一般的に眼で認識できない紫外線であれば100%カットしても見え方に影響ありませんが、可視光線であるブルーライトをカットするということは見える色彩や可視光透過率にも影響が汗
 
そもそもコーティング系のブルーライトカットが登場した時、そのメリットに注目されつつも通常より青く強い反射光と少し黄色味がかる見え方に二の足を踏む方も多く、それならばとやや黄色味がかるものの自然な見栄えになるようHEVに限定してカットするレンズを開発したりと、各社さまざまな経緯があったものと思われますえー?
 
 
では満を持して登場した、コーティング系より効果が高くHEVカット系より広範囲な 『Ray Guard 435』 はどうなるのでしょうか!?
 
 
 
 
 
 
まぁそうなりますよねぼけー
 
感覚的にはグレー系15~20%程度の染色をしているような雰囲気のレンズにえー?
 
仕事中にPCやタブレットの液晶から発せられるブルーライトをカットするためとは言え、ちょっと色が気になってしまうといった意見もございましょう・・・
 
 
それも恐らくブルーライトカット=PCやスマホ用という偏った認識からなのだと思うのですが、そもそもブルーライトは紫外線から可視光線に移行したばかりの領域なわけですから、一番ブルーライトが多い環境と言えば紫外線が多い環境、つまり日中の屋外ということになります晴れ
 
 
ということでデスクワークによるテクノストレス対策に付け加えて、農家の方や建築業関係の方など日中の屋外に長くいる方にこそ、この 『Ray Guard 435』 を強くオススメいたしますビックリマーク
 
日中の屋外における紫外線やブルーライト対策となればサングラスが最も効果的なものの、いかんせん色がそれなりに入っていますので屋内や夜には(一般的に)使用できませんが、この 『Ray Guard 435』 であれば屋内でも夜でも問題なく掛けることが合格
 
多少の色付いた見た目と引き換えにして手に入れた高い効果メラメラ
 
屋外でも屋内でも紫外線やブルーライトを存分にカットしてくれる 『Ray Guard 435』 は丸生地で見てしまうと濃く感じますが、削ってフレームに入れればそこまで気にならないはずビックリマーク
 
そう思って僕もこの 『Ray Guard 435』 を試してみることにしました音譜
 
 
しかしながら困ったことに、入れるべきフレームが手元にありません笑い泣き
 
これまでミラー加工や調光やハイコントラストカラーやネッツペックコートやHEVカットなど、レンズにも多くのこだわりを持って作ってきておりますが、基本的には 「このフレームにはどんなレンズが良かろうか」 と考えて入れているので、レンズだけ先にあってフレームがないということがありませんでしたあせる
 
だもんで高機能ながら少し色付いたレンズ(しかも上乗せでブルーライトカットのコーティングをプラス)は、ちょっとの間加工待ちの状態でしたぶー
 
 
そんな矢先、先月行ってきた展示会にて注文したフレームが徐々に届き始める中、新作でなく定番モデルだったために早く届いた 『EFFECTOR』『distortion』 のクリアに目が釘付けになりましたくぎ
 
そもそも自分が仕入れてきたモノですし、定番モデルだからこそ攻めたカラーをと思ってお願いしたのですが、 『この極太クリアを堪能するには、ちょっと色の付いた、しかもちょっと青く反射するレンズが最適なのでは・・・』 と思い付いたが最後、数日間のクールタイムを挟んだものの結局このような結果になりましたニヤ
 
 
 
 
 
コチラが極太クリアのフレームに収まった 『Ray Guard 435』 の雄姿ですクラッカー
 
 
見た目も効果にも大満足合格
 
しばらく僕のメインメガネとして活躍してももらいますウシシ
 
 
メガネも 『良く見える』 だけでなく 『眼の保護』 を考えて選択する時代になってきましたひらめき電球
 
さまざまな選択肢が出揃ってきておりますので、気になる方はぜひ当店でご相談くださいビックリマーク
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-15 14:58:57

BJクラシックの新作が追加で入荷しました (人´∀`*)

テーマ:NEWS

慌ただしかったGWが過ぎてオタオタしていると、なにやら次の週末に酒田祭りだとかその翌週は天神祭だとか、廻る四季が夏に向けて怒涛の追い込みを仕掛けてきている感じが・・・

 

 

来月が終われば今年の上半期も終わるという現実は忘れ、楽しいメガネのお話でもしましょうアップ

 

 

 

 

春の新作である 『BJクラシック』 のオールメタルなボストンスタイル 『PREM-114WR』 をご紹介ビックリマーク

 

 

 

 

メタルフレームでは珍しいほどワイドなリムが特徴的で、小振りなサイズ感も合わさり、レンズの厚みが気になってメタルフレームを敬遠がちな強度数の方でも気兼ねなくチャレンジしていただける仕様に音譜

 

 

しかしながらこの太いリム、どこかで見覚えが・・・

 

 

 

 

そう、実はこの去年の秋に発表されたツーブリッジタイプと同型の、シングルブリッジモデルとなっておりますニヤ

 

 

 

 

 

あっさり可愛いシングルブリッジ上差しか、ひと癖あるオシャレなツーブリッジチョキか、選べるワイドリム2タイプが揃いました合格

 

 

ぜひ店頭で悩ましい選択をお楽しみくださいウシシ

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-29 18:24:09

早い方なら明日からGWに 。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

テーマ:NEWS

遅い方なら3日から、関係ない方なら存在しないのがゴールデンウイーク5月

 

週間天気予報を見ると大きな崩れもないようで、暑いくらいの行楽日和になりそうな雰囲気で何よりです晴れ

 

 

そんな春の大型連休に滑り込むように、なんと先日注文してきたばかりなはずの 『BJクラシック』 の新作フレームがお店に到着いたしておりますクラッカー

 

まずは天地の深いオーバルチックな 『P-547NT』 をご紹介ビックリマーク

 

 

 

 

クラシカルな要素を押さえながら定番であるブラックやブラウンデミだけではなく、日常のビタミンになるようなカラーをラインナップに加えているのが特徴で、王道過ぎないカジュアルな雰囲気を出していますいちご

 

 

 

 

もはや定番となった細くしなやかなメタルテンプルも、掛け心地の軽さと上品さを醸し出す重要なファクターとなっていますもぐもぐ

 

 

 

 

 

未だ主流であるもののボストンやラウンドも一段落すると、シンプルで細身のシルエットが新鮮にみえてくるのは不思議なものですウシシ

 

 

 

 

続いては小振りで太めのセル生地が可愛らしいコンビの 『COM-551NT』 ですビックリマーク

 

 

 

 

丸でも四角でもない柔らかなシェイプを形作るセル枠の太さと、ブリッジとテンプルのメタルパーツの細さのコントラストが絶妙で、クラシカルなのにどこかポップな印象に音譜

 

 

 

 

クラシカルなのに新しい、ひと味違ったスタイルのご提案ですニヤ

 

 

 

 

ひと味違ったスタイルと言えば、平らな天井が特徴的なクラウンパントスタイルの 『PREM-124CW NT』 も良い味出していますラーメン

 

リムの内側に入ったセルワッパがカジュアルな与えますが、シンプルでフォーマルな雰囲気のセルワッパなしのバージョンもニヤ

 

 

 

 

 

あるとないでは同じフレームでも印象はだいぶ違って見えますウシシ

 

 

 

 

自分のスタイルに合わせて選べるのもポイントですね音譜

 

 

 

 

最後に火が点き始めたツーブリッジタイプの 『PREM-125S NT』 をご紹介ビックリマーク

 

やり過ぎ感のないミドルサイズのため、意外なほど違和感なく掛けられるモデルとなっておりますアップ

 

 

 

 

リムの前面にだけ塗られた黒が印象をグッと引き締め、ラグジュアリーな大人のオシャレアイテムとしてのポテンシャルは随一ですゲラゲラ

 

 

先日の展示会で注文した新作がもう店頭に並んでいるというのは 『BJクラシック』 以外考えられませんビックリマーク

 

 

いち早く最新モデルを堪能したい方は、ぜひこのGW中にお越しくださいませ!!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-28 16:12:44

展示会道中記~番外・夜のギロッポン編~ ※メガネ成分ゼロ

テーマ:NEWS
駆け足でお届けした展示会道中記でしたが、ご紹介する写真も少なく、実に薄っぺらい情報しかお届けできないという不完全燃焼な内容になってしまいました・・・あせる
 
 
なので今回は逆に載せきれないほど写真を撮った展示会初日の夜、僕がギロッポンで何をしていたのか完全燃焼目指してお送りしたいと思いますメラメラ
 
 
ということで夕方に仕事を終えて渋谷で解散ビックリマーク
 
僕は電車を乗り継いで一路ギロッポンへ地下鉄
 
そして地下鉄の出口から目指したのは六本木ヒルズ夜の街
 
 
 
 
 
都会の闇夜に燦然と浮かび上がる巨大な塔は、まるで夜空を支える柱のひとつであるかのように雄々しくそびえ立っていました演劇
 
 
僕は強い光に引き寄せられる羽虫の如く光る塔を昇り、最上階に近い、夜景の見えるBARへと向か・・・うはずもなく、目指したのは53階の展望台ロケット
 
開催されたばかりの 『MARVEL』 展を観に行ってきましたビックリマーク
 
 
 
 
 
『MARVEL』 とはスパイダーマンやアイアンマンなどが登場するアメリカンコミックスの出版社で、スーパーマンやバットマンが有名な 『DCコミックス』 と双璧を成す2大ブランドのひとつメラメラ
 
 
最近は実写映画として 『X-MEN』 シリーズや 『アベンジャーズ』 などで日本でも有名になり、僕もそこから入ったにわかファンではあるものの、 『アイアンマン』 や 『キャプテンアメリカ』 など独立したタイトルの別映画でありながら同じ時間軸で進行しているので、色々なヒーローが登場しては他の映画に出たり、集まって 『アベンジャーズ』 となり地球を救ったりと、とにかく時系列順に観ていくと際限なく深みにハマれる仕様になっております恋の矢
 
 
そんな 『MARVEL』 の世界を堪能することが出来るとなれば、もう行くしか!!
 
興奮を隠しながら受付を済ませ、エレベーターで一気に53階の展望台へアップ
 
迎えてくれたのは超巨大アイアンマンでしたビックリマーク
 
 
 
 
 
なんと全長5mおーっ!
 
その圧倒的な迫力にカメラのシャッターを押す指が止まらない笑い泣き
 
 
すごくカッコ良かったのですが、いささか疑問もありました・・・
 
なぜ5mにしちゃったのかな、と真顔
 
 
例えばお台場にあった等身大ガンダムですと、普段我々が目にするガンダムといえばプラモデルなどの1/144や1/100と小さいサイズで、それが巨大な実物スケールで目の前の大地に立っていればまさに夢のようラブ
 
 
足元から見上げればガンダムの世界に飛び込んだようにも思えるのですが、そもそもアイアンマンはスーツの分があるにしても普通の人間と変わらないサイズのヒーロー汗

 

 
 
 
 
ど~んとド迫力で構えられてもアイアンマンには巨大化する機能はないので、 「これが大アンマンか・・・」 と感慨深くなるでもなく、等身大以上に大きくすることのメリットは何だったのかを考えてしまいました
 
そして僕が導いた答えが 『アントマン』 イヒ
 
 
このアントマンは特殊開発されスーツの力によりアリンコなみに小さくなることが出来るので、きっとこれはアイアンマンが大きくなったのではなく、アントマンとなった自分が小さくなったことにより大きく見えるアイアンマンというシチュエーションを疑似体験するアトラクションなのですビックリマーク
 
 
まぁ違うでしょうけどぼけー
 
 
ちなみに53階という高層階の展望台ということもあって、ついでに摩天楼からの夜景でも写真に収めてやろうと思ったら面白いものが撮れましたので参考までにウシシ
 
 
タイトル 『東京を壊滅させる巨大アイアンマン』

 

 
 
 
 
ということで入り口から大興奮でバシャバシャ写真を撮っていましたが、ここから先の展示物である映画で使用されていた各キャラクターの衣装や小道具は撮影禁止のため、それは大人しく黙々と壁に展示されたキャラクターのストーリーを読みふけりつつ進みました音譜
 
 
 
 
途中にはアイアンマンの進化の歴史が立像で展示されていましたアップ
 
しかしながら一度ちゃんとした赤と金のアイアンマンになってしまうと、それがマークいくつのアイアンマンなのか分からなくなってしまいますえーん
 
いつか僕にも見分けがつく日が訪れるのでしょうか・・・
 
 
それから展示コーナーを過ぎると 『MARVEL』 展の入場者しか入ることを許されない限定アイテム満載のマーベルショップがオープンしており、時間を忘れてグッズを吟味しましたラブラブ
 
一番時間を費やしたかも知れません汗
 
そして50階に 『MARVEL』 展に合わせて期間限定オープンしたホットトイズというフィギュアショップへダウン
 
見てください、このクオリティ!!
 
 
 
 
 
細部のディテールにまでこだわって再現されたフィギュアは重厚感があり、多くのアクションポーズを可能にする可動域も素晴らしいラブ
 
当然のことながらお高い商品なのですが、逆にお金さえあればこのクオリティのフィギュアを手にすることが出来るのはすごいことだと思いますゲラゲラ
 
ちなみに 『TOMFORD』 を見に行った 『VISIONIZE』 さんの社長の社長室に飾られているのがこのホットトイズのフィギュアたちであり、1体数万もするアイアンマンがごろごろ並んでいるらしいので羨ましい限り笑い泣き
 
いつかブルジョアになったら僕もしこたま飾りたい・・・
 
そう歯ぎしりしながら羨望の眼差しでフィギュアを眺めていてたら、フロアに置かれたこんな大きなものを見過ごしていましたあせる
 
 
 
 
 
元虚弱体質だけど超人血清でムキムキに生まれ変わったキャプテンアメリカアメリカ
 
 
 
 
 
 
常にバージョンアップを繰り返す、今にも飛んでいきそうなマークいくつかのアイアンマンロケット
 
 
 
 
 
ワガンダ王国の王子にしてヴィブラニウム製のスーツを着て戦うブラックパンサー黒猫
 
 
 
 
 
元天才脳外科医師が修行の末に転職した最高の魔術師ドクターストレンジ病院
 
 
 
 
 
神の国アスガルドの王子にして神秘の力を秘めたムジョルニアを操る最強の戦士ソー筋肉
 
 
 
 
 
特殊なスーツの機能によって体を小さくしたり大きくしたりして戦う元泥棒バツいち男アントマンてんとうむし
 
精巧なフィギュアを販売するホットトイズだけに、等身大フィギュアの再現率も尋常ではありません合格
 
それぞれが単独映画の主役級でありながら、同じマーベル・シネマチック・ユニバースのキャラクターとして様々な作品に参加していくので、気になったタイトルを単発で観てももちろん面白いのですが、複雑に入り乱れるキャラクターを知っていくとさらに楽しめる泥沼感がたまりませんね恋の矢
 
1体も買える気がしないまま、興奮だけいただいて展望台を後にしましたダウン
 
 
と、ここで終わるかと思いきや、それからヒルズのホールに降りると巨大なモニュメントが待ち構えていましたビックリマーク
 
 
 
 
 
映画 『アベンジャーズ/エイジ オブ ウルトロン』 の劇中にて、幻覚によって暴走するハルクを止めるべく人工衛星ヴェロニカに格納していた対ハルク用の強化アーマーであるマーク44ハルクバスターを纏って交戦する、味方同士の戦いながら激アツのシーンを1/1スケールで再現したジオラマメラメラ
 
怒りによって人知を超えたパワーを振るうハルクに対抗するため、多数のリアクターを各所に内蔵させてハルクと渡り合えるほどのパワーと耐久力を有する重武装化したハルクバスターの迫力に興奮しながら写真を撮っていたのですが、近付けば近づくほど急速に冷めていく自分を感じていましたダウン
 
普通であれば、筋肉が隆起して肥大化したハルクや、それを上回る重装甲を纏ったアイアンマンが1/1スケールで目の前にあるわけですから、迫力も存在感も圧倒的なはずなのに・・・
 
 
しかしそれもそのはず、これを見る前に1/1どころか約2.7倍も大きなアイアンマンをアントマンになったつもりで見て来たわけですから、いかに大きなハルクバスターでもその迫力に敵わなかったのですえーん
 
 
見る順番間違えたビックリマーク
 
 
いや、あえてもう一度言おう・・・
 
 
なんであんなに大きくしちゃったんだよっ笑い泣き
 
 
最後にちょっとだけ残念な気持ちになりはしましたが、全体的には大満足の夜にすることが出来ました合格
 
 
あとは脇目も振らず電車で池袋へ向かい、一度チェックインしたのちにひとり松屋でキムカル丼とビールでお腹を満たし、コンビニで追加のビールとおつまみを買ってホテルでお疲れ会して翌日の仕事に備えて早寝しましたぐぅぐぅ
 
 
さてこれにて展示会での顛末は以上となりますもぐもぐ
 
 
今後は注文した新作が届き次第ご紹介させていただきますので、情報をお待ちくださいビックリマーク
 
 
それでは、またウシシ
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-04-23 17:40:22

展示会道中記~2017年春・後編~

テーマ:NEWS
熱い夜を過ごしたギロッポンの夢も現か、迎えた展示会2日目の朝晴れ
 
前日と同様に晴天で穏やかな陽気だったのですが、実は僕たちが行ったのは3日間ある開催日の2日目と3日目で、初日は強風で雨で寒いという3拍子揃った悪天候だったのだとか雨
 
20度を上回るようなそれまでの暖かな春の様相が一変し、冬に逆戻りしたかのような天気だったようで、行く先々のブースで 「いや~昨日は寒くて」 「今日とは大違い」 と口を揃えて言われながら、かつて 『歩く低気圧』 とか雨男を超越した 『雨神様』 として出かける先々に降雨をもたらしていた僕も、ついに晴れ族への仲間入りを果たせたのかと嬉しく思いました虹
 
特にこの日は件数は少ないですが移動が多い予定だったので、晴れは単純にありがたかったです音譜
 
 
そんな恵まれた天候でスタートした2日目でしたが、いつも宿泊している渋谷のホテルではなく今回は池袋のホテルにしたために、田舎民には予見できなかった問題が発生してしましたあせる
 
1発目のアポイントが渋谷だったために池袋から移動しなければいけなかったのですが、平日7時台の地獄を完全になめていた僕たちはまさに通勤ラッシュのピークタイムにぶつかり、よくテレビで見るような電車のドアに駅員さんが人を押し込むという目の前状況に戦慄を覚えましたえーん
 
そして自分たちの番になると否応なしに電車になだれ込み、 内心 『いやいや、もう無理だろ』 という状態からさらに圧力がかかり、もう足が浮くのではないかという感覚の中でようやくドアが閉まると電車は動き出しました電車
 
と思ったのも束の間、予告なく急ブレーキがかかると堪えきれない力の波が押し寄せ、辛うじて掴まっていただけの吊り革から簡単に手が離れると、僕を含めた数人が将棋倒しになってしまったのです将棋
 
場所も狭く人の上に倒れているため床に手を付けず、自力で起き上がることが出来なかったために差し出された誰かの手を掴んで起き上がり、次の人には僕が手を伸ばして起き上がってもらいましたあせる
 
 
ドアに荷物が挟まったための急停車ということでしたが、まさに教科書に出てくるような東京の通勤ラッシュを味わうことが出来ましたおーっ!
 
毎朝このラッシュを乗り越えて仕事に行く都会人に感心してしまいます笑い泣き
 
 
そんなこんなで朝から体力をすり減らして渋谷に到着したのであります汗
 
しかしながら時間に余裕を持たせていたので (そのおかげでラッシュど真ん中にぶち当たったという説も) 駅近のパン屋さんで朝の腹ごしらえをして会場へ向かいました走る人
 
 
 
 
 
辿り着いたのは 『OAKLEY』 さんの展示会場ビックリマーク
 
 
 
 
つい先月に仙台で行われた展示会とは規模も飾りも大違いな気合いの入れようメラメラ
 
 
 
 
今回はスポーツサングラスの新作が登場しましたビックリマーク
 
交換可能なデュアルレンズタイプで、現行モデルの 『Flak 2.0』 よりも容易に取り外しが出来るギミックが搭載されていますアップ
 
詳細は届き次第お知らせいたしますニヤ
 
 
 
 
ディスプレイされていた実物のカラーサンプルと性能表が地味に有難かったりしますもぐもぐ
 
 
担当さんとは仕入れも含めて大変充実した時間を過ごすことが出来たのですが、残念だったことがひとつだけ・・・
 
 
 
 
 
会場中央に陣取っていたレストランのケータリングビックリマーク
 
自家製のサラミやハムをその場でスライスしてくれるようで、ちょっとだけ摘まませていただきましたが激ウマ酔っ払い
 
その存在を知っていたら朝ごはん食べないで行ったのにガーン
 
後ろ髪引かれながら次の会場へ移動しましたえーん
 
 
渋谷駅まで歩いて戻り、山手線で原宿へ電車
 
この頃にはすっかり通勤ラッシュも終わっており、朝の出来事が幻であったかの如くスムーズでしたあせる
 
 
竹下通りを突っ切った先に事務所を構えているのはセルロイド製にこだわる 『DJUAL』 さんビックリマーク
 
 
 
 
 
行き過ぎず派手過ぎない、落ち着いたフレームが出迎えてくれました音譜
 
事務所に入ってすぐのところにフレームを曲げるための装置が展示されていたので写真を撮ったのですが、どうやら企業秘密のものらしく 「それSNSとかにアップしないでね~」 とデザイナーの柳さんに言われてしまいましたあせる
 
事務所での商談は我々しか居なかったこともあって実にゆったりとした気持ちで行われ、しかも大半が柳さんの業界裏話という笑いの絶えない有意義な時間を過ごすことが出来ましたにやり
 
 
ここからタクシーに乗り込んで、オシャレなグラスホルダーを選びに 『DIFFUSER』 さんの展示会場へ車
 
後から気が付いたことですが、ここの写真を1枚も撮っていないガーン
 
あれこれ理由はありますが、まさに本気になってしまったことが敗因ですぐすん
 
僕自身、以前から 『DIFFUSER』 さんのグラスホルダーを愛用していたのですが、去年の暮れに友人宅でニャンコにレザー部分を嚙み千切られて以来、昔のグラスホルダーを引っ張り出して使っていたので新調したいと思っていました・・・
 
前のも気に入っていたので同じものでも良かったのですが、なんと新作としてシルバーリングやレザーの種類を自分でカスタムしてオーダーできるモノがビックリマーク
 
話を進めていく中で 「こんなこともできますよ」 とカスタム要素が増えていくごとに振り切れていく僕のテンションアップ
 
事の詳細は現物が届き次第お知らせすることにしますので、ぜひご期待を!!
 
 
最後に再びタクシーに乗り込んで 『TOMFORD』 の新作を拝見すべく 『VISIONIZE』 さんのオフィスへビックリマーク
 
 
 
 
コチラは 『TOMFORD』 だけでなく様々なメガネブランドの代理店を務めているのですが、それだけではなくシルバーアクセサリーやランジェリー、果ては数か月前にアメリカの有名ハンバーガー店を日本に初出店させるという、不思議な手広さを誇る謎めいた会社ビル
 
社長室には海外のお高いフィギュアが立ち並んでいるということで羨ましいかぎり笑い泣き
 
今回は2人でじっくりコレクションを堪能しながら吟味し、予定の時間を完全にオーバーしてしまうほど充実した時間を過ごさせていただきました音譜
 
 
これでようやくすべてのお仕事が終了クラッカー
 
大きな時間の乱れもなく充実した仕事が出来たのですが、充実しすぎて当初帰りに予定していた新幹線の時間を過ぎ、次を逃すとだいぶ遅くなってしまうということもあって最後にバタバタしてしまいましたあせる
 
お昼を食べる時間もなかったため、東京駅の地下でちょっと高級なお弁当をダッシュで買って新幹線へ滑り込み新幹線
 
お疲れ様の乾杯をして反省会しながら無事に帰ることが出来ましたウシシ
 
 
たくさんの新作をいち早く見るだけ見ておいて皆さまにご紹介できる素材が壊滅的なこの状況は、まさに僕の不徳の致すところでありまして、誠に申し訳なく思っておりますダウン
 
しかしながら、その分も気合を入れて仕入れをしてきたという現れということで、ぜひこれから届く新作たちを楽しみにお待ちくださいビックリマーク
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>