Eye of the God ~神の眼~

現代における預言の言葉。黙示。
現代の常識、価値観では幸せになれない人たちへ。
新時代に合うものの考え方を紹介していきます。
あまりにも常識と違うので、戸惑われることでしょう。
でも、キリストはかつてこう言いました。
『耳のあるものは聞くがよい』。


テーマ:
gkk2


 先日、スピ系の発信でこういう意見を読んだ。
 『もし、学校教育にスピリチュアルが取り入れられたら、今起こっているようないじめを始めとする問題も解決されて、世の中が良くなると思う』 という内容だった。
 もちろん、当たり前の話であるがこれはスピリチュアルをやっている側の意見である。
 その人はスピリチュアルが自分にもたらしてくれた変化・贈り物に感謝をしており、そんな良いものだから皆にもすすめたい、そして皆に幸せになってほしいという一念からの、嘘偽らざる気持ちなのであろう。
 そのことは重々汲み取ったその上で。
 私は、それにはちょっと異論を唱える。



 今の時代、公の教育にスピリチュアル (精神世界) を取り入れることは時期尚早である。
 というか、ここまで言うと個人の思いであるが、「必要ない」。



 現在の義務教科で取り入れられている科目を考えてみてほしい。
 そのほとんどに共通するある 「要素」 がある。
 言い換えれば、その要素がないと、公教育科目にはしにくい、ということでもある。
 それはー



 誰もが確認可能であり、正解が容易に引き出せる。
 そしてその評価が、評価する個人によって大きく違うことはほぼない。



 数学・科学などは、正解・不正解がはっきり出る。
 これが、一番混乱が少ない。
 まさに、覚えたか覚えていないかが評価の分かれ目であり、そこに曖昧さがない。
 社会全般などは (地理や歴史)、その時代によって内容が変化するが、それでもその更新された情報を覚えさえすれば、問題はない。ただ、ちょっと難しい位置にあるのが国語である。
 国語は、漢字や文法などは、数学や科学と同じで、まったく同じ答えが出る。そこにグレーゾーン評価はない。ただ、「主人公の気持ちを答えさせる問題」 や 「小論文」 などは、解答に無限の可能性が存在する世界である。これに関してはどうか。
 答え方は確かに無限にある。しかし、そこにはやはり採点者側の一定の 「ふるい」 がある。
 ちょっと、小論文を例に取って、どういうものが良い評価を受けるかを考えてみよう。



 ①非凡性・創造性 (その人らしさ・独自性)
 ②公共性 (危険な思想の萌芽はないか、公共にとって益な、常識的考え方の範疇か)
 ③建設性 (破壊性の反対。世の中を良くしていこうという志向性。希望を語っているか)



 いくら面白くても、著しく考え方が過激だったりしたらアウト。理屈が通っており、内容としては常識の範囲ではあっても、読んでいて眠たくなるような、上っ面の話はダメだし、最後に「こうしていけばいいと思う」 というその人なりのしっかりとした結論 (世の中が改善される希望につながる意見)でないと、評価はもらえない。


 …ここまでのひとつの帰結として、学校教育で提供される内容の特徴はー
 程度の差こそあれ、正解 (明らかな正解、あるいはその時代や社会が求める正解) がはっきりしているものが求められているということである。
 ここで、少々の異論がでてくることも考えて言っておこう。
 音楽や体育である。
 音楽は、個人的感性や潜在能力の差で、音楽理論以外ははっきりした答えもなし。実技など、同じ分量の努力をしても個人で差が出、その溝は埋めがたい。
 しかし、ここで気を付けてほしい。



 音楽や体育は、その能力の優劣を競うのが主眼ではない。
 あくまでも、この時代において平均的な幸せを享受する上で最低限必要と思われるベース (基礎部分) を全員に築くためのものであり、その基礎から上に積み上がる部分は 「任意であり、趣味の問題」。



 これは、別に通常科目 (数国理社英) に当てはめてもいいくらいの理屈である。
 本来学校は、いい点を取って成績を誇るための場所ではない。
 悪い点を取って、自分はダメだと自己嫌悪に落ち込むための場所でもない。
 人間としての文化的生活を送る上で、(その時代にふさわしい物心両面の幸せを味わうための) 最低限誰にでも共通に認識必要な情報に関して学ぶ場所である。
 しかし、昨今の学校教育は、教育機関自体がその基本を見失ってきている。
 有名校、三流校の差異。受験戦争、優等生とできの悪い子。
 必要な 「基本ベース」 から上に積み上げる部分にやたら注目し、競争に追いこむ。
 キリのないラットレースに、子どもたちは駆り立てられる。
 大人が、そんな回転車をハムスターに強制提供しなくても、ハムスター自身の考えや力で、乗りたければ進んで回転車を利用することだろう。なぜ、そこを信じてやれない。



 基礎部分は、子どもが泣こうが叫ぼうが徹底して教えたらいい。
 しかし、そこから上の部分はうるさく言わないことだ。
 むしろ、その子どもの好きなことをさせるべきだ。
 皆さんは、日常生活で関数や化学式が役に立ったことはありますか?
 学校で習ったことって、ほぼ役に立たない。テレビのクイズで、たまに一般教養の問題が出てきて、年号を知っていたり 「あ、それ足利尊氏」 とか言えて、少々いい気分になる程度のこと。
 お金の計算ができて、書店で売られている本や新聞の字が読めて意味が分かるなら、実はベースはそれでいい。あとは、その子が科学好きなのか、野球が何より好きなのか、文学に興味があるのかによって個別授業をしたらいい。そういうシステムの構築が期待される。



 さて。長々と寄り道して肝心の 「精神世界 (スピリチュアル)」 の件だがー
 これは、学校教育に向かない。授業内容とするには適切ではない。
 「誰にとっても一定範囲の混乱が生じない解答が存在し、誰にでも確認可能」
 この条件を満たしていない。もちろん、残念ながら今の時代では、ということである。



 問題:何をもって精神世界 (スピリチュアル) と定義するのか?


 広すぎる。そのカバーする範囲が。
 占い、開運、引き寄せ、霊魂の世界、古代文明、数秘、悟り、高次元、宇宙人、非二元。
 一体、どこにスポットを当てるのか?
 「精神世界総論」 とかつくるのかい?
 あまりにも、言うことがバラバラだ。
 おそらく、「スピが学校で教えられたらいいのに」 という発言は、深く考えていない適当な発言と言われても仕方がない。かなりの確率で、この発言者が支持・実践しているその限定的スピリチュアルのことが念頭にあったはず。だから、恥ずかしくても正直に言い直すべきだ。



 (私の好きな分野・先生の) スピリチュアルが、学校で教えられたらいいのに
 (だって、私が幸せになったんだから、きっとすべての子どもにもいいと思うの)



 ちがぁ~~~~う!
 あなたにはよくても、全員が全員、あなたのように思うとは限らない。
 私は、これまで 「スピリチュアルは部活動」 だと言ってきた。
 部活動それぞれに優劣はなく、ただ個性。
 その時代時代において話題となったり、脚光を浴びたりして飛びぬけて希望者の多い、人気になる部はあるが、それをもってその部が一番 「正しい」 ということにはならない。
 テニスブームの時のテニス部、Jリーグやワールドカップが盛り上がった時のサッカー部みたいなもので、時代の風潮に左右される部分も多い。
 マイナーな部活はその部なりに、存在意義がある。受け皿として、やっぱり要るのだ。
 もちろん、その人が好きなスピリチュアルには、間違いなく価値がある。
 でも、それはその人という独自の人生シナリオにおいて、フィットしたということだ。

 

 この話題をややこしくしているのは、発言者が 「スピが学校教育に取り入れられればいいのに」 というのが、文字通りの広すぎる精神世界そのもののことではなく、その人が関わって知っている範囲のスピリチュアルのことだということ。そこを無意識に 「スピリチュアル」 ってくくりで言ってしまうもんだから、「ちょっとそれはなくね?」 となる。
 あなたが人生で一番感動した映画があるとする。
 「これ見て!絶対いいから」 と、あなたが友人にDVDを貸してあげたとする。
 その友人は確かに見たが、あなたが満足するほどの反応が返ってこないこともある。
 そんな時、あなたは憤りますか?「なんでこの良さが分からないかな~?」
 あのぅ、それはしょうがないんだよ。
 皆、それぞれに感性は独特なんだし…



 スピリチュアルとは、公教育機関で教わるものではない。


 自分で出会い、自分で選択するものである。


 もちろん、私だって最初、自分の力で見出したのではなかった。まさに流れだった。
 でも、だからと言って学校教育にして強制的に出会わせる、というのには違和感を感じる。
 必要なら、人生シナリオにおいて出会いは生じる。そこに人間視点での過不足はない。
 個としての分離キャラ、すなわち人間はー
 そのゲームプレイにおいて 「最低限必要な」 キャラの操作方法、ゲームの勝利条件、セーブ・ロードの仕方くらいが分かれば、あとは自分で努力・工夫するもんだ。
 しんどいこともあるが、それが楽しいんじゃないか。生きる醍醐味なんじゃないか。
 もっとゲームが楽になる美味しい情報が載っている 「攻略本」 などは、その個人が欲しいから独自で手に入れるのだ。ゲームの説明書に最初から攻略本並の情報は載せない。



 その、基本的説明書の役割を果たすのが学校である。
 学校は、その分限を越えて出しゃばってはいけない。
 いくら親切でも、過剰なサービス (押しつけ?) が、子どもをダメにする。



 発想は理解できなくもないが、スピを子どもの義務教育に組み込めば良くなる、なんて過剰サービスであり、過保護だ。逆に、「一体何をもってスピリチュアルなのか」 を巡って、教科書統一の際に絶対に混乱が起きる。
 嫌なことを言うと、「一番人気で、一番陰で実権を持っているスピの先生の力で、そのスピリチュアルがきっと精神世界代表みたく採用される」 だろう。これはもう、歴史を振り返ってもかなりの確率で起こり得る。まぁ、カネと実力次第である。

 

 時代が進めば進んだで、逆にその時代にはスピリチュアルは 「空気」 のようなものになるだろう。別段、言葉で教え込むものではなく、大人がその生き様をもって、空気感染のように伝わっていく。
 スピリチュアルは、所詮理屈ではなく実践である。その実践は、スピリチュアルを知らなくてもできることというのが多い。他人を大事にする、仲良くする。自分も大事にする。
 ゆるす、心地よく生きるー。そんなこと、一般的な知識だけでも分かることだ。
 「ワンネス」 「私はいない」。これを知識的に知っている人が、どれだけ醜い感情に囚われ、日々不幸に生きているか知ってますか?根源でみなひとつ。そんな知識、知っているだけでは何の役にも立ちません。
 また、先生の質に一般科目以上のバラツキがでるだろう。
 教員免許のようなわけにはいかない。また、誰が責任もって 「スピリチュアル教師にふさわしい」 と判断する?また、すべての学校に行きわたらせるだけの数の教師を、確保できるのか?質を決して落とさずに?私には、スピリチュアルを学校授業に採用することで起きる 「混乱や問題」 のほうが現状では多いと考える。
 話が長くなったので、ここらでまとめに入りましょう。



 学校教育とは、TVゲームで言えば 「取り扱い説明書」 である。
 ゲームを楽しめる最低限必要な説明がなされており、発展的なことは書かれていない。
 それは、自分で見つけなさい、ということである。それが、ゲームの醍醐味である。
 なのに、ゲームの説明書に裏技やゲームのすべてのMAPやイベント発生条件に関して書いてあったら?親切かもしれないが、それはちょっとヘンだ。
 だから、スピリチュアルを学校教育に、というのは優しさから言っているのは分かるが、的外れである。それは、個々人が人生の流れの中でつかむべきものである。
 過保護になっていいことと悪いことというのがある。



 私には二人子どもがいるが、テラとしての発信は聞かれない限り伝えない。押しつけない。
 まったく、そういうスピ話はしないつもりでいる。
 ただ、その背中から (生き様から) 何か汲み取ってもらえれば、とは思う。
 だから私は、教え込むことではなく 「空気感染」 に必死である。
 だから、教えるより自分の足元である。


 
 
 【業務連絡のコーナー】

①個人セッション受付のお知らせ

 【札幌】 3月12日 (土) 19:00~ 1名

 【東京】 3月21日 (日) 10:00~ 1名


 ※当ブログをPCで閲覧した際に右サイド中央に出てくるメールフォームを使って申し込みの意をお伝えください。折り返し、詳細をお知らせします。スピ寺子屋の申し込み先をご利用いただいてもかまいません。

 ※アメブロのコメント欄・およびメッセージ機能を使ってのお申し込みは無効です。



②スピリチュアルTV、いつもご視聴ありがとうございます!

 今年もよろしく!次回は2月3日 (水) 朝8時です。
 最新の録画分はこちら。





③新企画・岐阜トークライブ 『新古金馬鹿衆』

(タイトルの意味は聞かないでください)

skkbks

 【内容】

 2冊目となる著書を世に出したての賢者テラが、はばかりなく世のスピリチュアルを斬りまくる!いわゆる 「講演会」 よりは近い距離感で、あなたととことんまで語り尽すこの企画。是非、おいでくださいませ!

 【日時】 2月21日 (日) 13:00~

 【場所】 カフェデロベルタ (喫茶店を貸し切りにしてもらいます)

 【参加費】 4,500円 (飲み物・プチケーキ付)

 【お申し込み・詳細お問い合わせ】 堺屋一志 (電話 090-6592―8927)



④二冊目となる著書が、発売中!

 『宇宙が教えてくれた 幸せになるお告げ』 アマゾンでも買えます!

sno


 賢者テラからこの冬、最高のクリスマスプレゼントをあなたに!
 辛らつだけど、愛がある、そして面白い。賢者テラ・ワールド全開!  
 人生はオセロゲームの途中、「この世ゲーム」の醍醐味を味わい尽くせ!
 『宇宙シナリオからのメッセージ』 (日本文芸社刊) で衝撃のデビューを果たした、人気スピリチュアル作家、賢者テラの第2弾。
 絶望と希望という真逆の両側面から、この世で幸せになる方法を教えるメッセージ集。
 生きづらさを感じているすべての人に、超おすすめ、宇宙の真理がわかり、生きる喜びと勇気が湧いてくる、極上のスピリチュアル的幸福論。
 笑いと体験を交え、冷静で熱い人生の応援エールを送ります。
 あなたの絶望も、きっと希望へと変わる!


 日本文芸社刊・定価 1.404円
 ご予約・ご注文はこちらから↓


http://www.amazon.co.jp/dp/4537261331/#_swftext_Swf


⑤賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!

 『スピ・テラ (寺) 小屋』

sptk

 【内容紹介】

 テラさんからのメッセージ発信や質疑応答に留まらず、講座参加者のみなさんお一人お一人にアウトプットしていただく 「公開セッション型セミナー」 です。

 脱・その時だけ気持ちいいスピリチュアル
 脱・分かった気分になるスピリチュアル
 脱・どうしていいかわからないスピリチュアル


 いつ始められても、途中やすまれても大丈夫!あなたのペースでお受けいただけます。


 【開催日・時間】 毎月どこかの土日 14時-17時 ※2月は、27日 (土) です。

 【場所】 新大阪駅構内・タリーズコーヒー
 
 【参加費】 毎月10,000円

 【お申し込み】 ryoushinkai★gmail.com までお名前、電話番号を明記してメールを。

 ※上記アドレスの★を@に変えて使用してください。


⑥賢者テラが、過去に出版した小説を復刊させよう!

 テラが今のようになる前、チャネリングによって書いた小説があり、出版していました。
 しかし当時は私も無名で、内容は本当に面白いのですが結局売れず、廃版となりました。
 私が今のようになって、トークライブへ行く先々でこの本を欲しがられますがー
 作者の手元にも、ほとんど残っていません。
 この物語を、このまま埋もれさすのも惜しい。そこで、皆さんにお願いがあります。
 以下のサイトにて、投票いただきたいのです。


 『復刊ドットコム』

 → http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=56653

 皆様の、清き一票をよろしくお願いいたします!

 ※現在、440票です!

Eye of the God ~神の眼~-asnmk



哲学・思想 ブログランキングへ

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

にほんブログ村

精神世界

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

賢者テラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります