Eye of the God ~神の眼~

現代における預言の言葉。黙示。
現代の常識、価値観では幸せになれない人たちへ。
新時代に合うものの考え方を紹介していきます。
あまりにも常識と違うので、戸惑われることでしょう。
でも、キリストはかつてこう言いました。
『耳のあるものは聞くがよい』。

   新しい時代に向かって、新しい歌を歌えー。



賢者テラのブログ-he1


 

 賢者テラによるお話会開催!


①知井道通&賢者テラ・コラボトークライブ in 長崎 


 【日時】 2014年12月13日 (土) PM14:00~16:30 (開場13:30)  


 【場所】 長崎ブリックホール 3F会議室 (長崎県長崎市茂里町2-38)  


 【料金】 6,000円  


 【申し込み先】 http://kokucheese.com/event/index/172808/



②賢者テラ・大阪定期講座 『スピ・テラ (寺) 小屋』


 【開催日・時間】 10/26(日) 11/29(土) 12/28(日) 14時-17時 ※以降は随時決定  


 【場所】 大阪市内 (随時お伝えいたします)  


 【参加費】 毎月10,000円  


 【お申し込みフォーム】 https://ssl.form-mailer.jp/fms/ce9145ac315718



③雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ  


 【日時】 11月23日(日) 13:30 開場 14:00-16:30  


 【場所】 新大阪丸ビル別館5-1号室 大阪市東淀川区東中島1-18-22  


 【参加費】 4,000円  


 【申し込みフォーム】 https://ssl.form-mailer.jp/fms/46393968305000



 ※関西圏の方へ…個人(対面)セッションも受け付けます。

 詳細は、当ブログのメールフォームから、お問い合わせください。

NEW !
テーマ:
god1


 『神との対話』 (ニール・ドナルド・ウォルシュ) という、有名なスピ本がある。
 テラになる前、この本には大変お世話になった。
 先日、ブログについたコメントの中で、「神との対話のあの神って、ホントに神なんですかね?」 という質問があった。今回、そこのところを整理してみたい。



 この問題に答える前に、整理しておかねばならない前提がある。
 「神」 というものをどう定義するか、である。
 神との対話が誕生した土壌は、キリスト教文化圏である。
 そのことを踏まえると、あちらで言う神とはー



 ①唯一神。日本の神様みたいに、人間チックに色々いたりしない。唯一絶対の一神教。
 ②天地創造を成し遂げ、世界のすべてを統べ治める全能の存在。
 ③すべての真理を知っている最高の知恵者。(神だから当たり前)
 ④完全なる善。(悪はない) 完全なる愛。(エゴや醜い心はない)



 まぁ、だいたいこんなところだろう。
 では、「神との対話」 に登場する神が、キリスト教が指す神そのものズバリかと言えばー 



 神ではない。


god2


 って言うか、キリスト教が言うような 「神」 自体がいないのである。
 神との対話の神が神ではない、というより、そもそも宗教が考えるような神がいないのである。
 悟り系スピリチュアルの世界においては、『空』 という言葉がよく登場する。
 よくある誤解が…



 空=神


 宗教で言っている神を、空にまるごと当てはめる。
 これは、かなり乱暴な行為である
 では、神と空との相違点を挙げてみる。



 ①意思がない。
 ②意思がないから、考えない。考えないからしゃべらない。何かをしよう、と思わない。
 ③自他という概念がないので、自我がない。だから「私は神である」 なんて言ったらおかしい。
 ④愛とか光とか善とか、何かの属性で語ることができない。すべてであるか、「無」 か。



 神も空も、「これ以上上をたどれない究極存在」 という意味では共通している。
 しかし、それ以外が全然違いすぎる。
 神の方は、一元性の究極存在としての条件をことごとく満たしていない。
 何かをしようと思うやつだし。しゃべるし。悪の要素がないらしいし。
 自我があって、人間のように意図を伝えて来たり外部に働きかけたり…それを神と呼ぶのは自由だが、究極存在ではない。




god3


 ここまで考察した時、神との対話の 「神」 がどういうものか、浮かび上がってくる。
 神との対話の神は、人間とベラベラしゃべっている。
 つまり、「自分」 という分離意識を持ち合わせている。
 だからまず言えるのは、こいつは究極存在ではない、ということ。
 根源ではない。
 それどころか、この二元性世界に属する存在である。



 おそらくこいつは、何らかの高次の霊的存在である。


 多分、あちらには似たようなやつがゾロゾロいると思う。
 その中のひとりが、確信犯的に人間の考える神の役割を演じたのだ。
 神は唯一というイメージは、あまり推奨しない。
 どちらかというと、日本の神様のような多神教っぽく考えたほうが、実際に近い。



 だって、究極存在 (空) が、自分からは何もしないやつなんでー
 下っ端というか、配下というか…実行部隊が必要だった。
 それこそが、「神」 だ。だから神は、自分というアイデンティティを持つことができ、人間にメッセージを与えたりと、我々の次元の世界にアクセスする能力がある。
 

 神との対話の神はー
 究極根源をあくまでも神だと定義したい場合は、あきらかに神ではない。
 しかし、宗教で言う神、この世界を創造した神は、そうすることのできる自我意識を持った存在なので、究極存在どころか単なる霊的存在に過ぎない。それを神と呼んでいいならば、神だと言える。
 私が、ブログで言い続けてきたことだ。すべては二面性があると。
 切り口によって、神との対話の神は 「神でないと言うこともでき、神だと言うこともできる」。




god4

 
 最後に、この話題に触れておこう。
 なぜ、神との対話の神は 「あたしゃ神様だよ」 なんて名乗ったのか。



 ①ある意味、本当に神だから。
 ②ウソも方便。



 ①に関して。
 究極は、ワンネス。2も3もない、ただの 『ひとつ』。
 そういう意味では、この宇宙は大掛かりな一人芝居。
 これがホントの、『劇団ひとり』 !?なんてね。
 だから、この霊的存在が自分は神だ、というのもまるっきりのウソではない。
 成り立たなくはない。それを拡大解釈したら、私たちだって 「神」 である。

 

 ②に関して。
 これは、聖書時代の昔から行われてきた。
 新約聖書に、パウロ (キリスト教の創始者) の手紙とされる文章がいくつかある。
 イエスの弟子のペテロが書いたとされる手紙、ヨハネが書いたとされる手紙。

 

 これらのほとんどは、本人の作ではない。
 彼らの名を語った、どこかの誰かが書いたものである。



 なぜ、そんなウソをつく必要があるのか。
 昔、教会というものができた当時、なかなか組織をまとめるのが大変だった。
 教会の責任者ごときが指導したり注意したりしても、皆勝手を言ってなかなか従わない現実があった。困り果てた指導者たちは、苦肉の策を思いついた。
 「そうだ。これをあのパウロ大先生やペテロ大先生が言ったことにしたら?皆言うことを聞いてくれるんじゃないか?」 そういうことで、有名人の名を語って勝手な手紙を書いたのは、人々に言うことを聞かせるために、良かれと思ってやってしまったことなのだ。
 あなたが言ったんじゃダメで、「あの人が言ったんなら」 ということで従うことってありますよね。
 だから、神との対話の神は、これが本になり世界中で読まれることを想定して、一番欧米人が聞く耳を持ちそうな設定…つまり、あの 「神」 が語っているのだ、とすることで受け入れられやすくする効果を狙ったものと思われる。



 なかなかやり手じゃん、神との対話の神って。


 この世で 「神からの声が聴こえた、あるいは聴いた」 というのは、唯一絶対の存在からの声ではなく、高次元に大勢いる霊的存在の一人からのチャネリングに過ぎない。
 ましてや、「空からのメッセージ」 なんて、あるわけないものの最たるものである。
 「空に触れた」 「空を体験した」 「空につながった」 「空からのメッセージを受け取った」 などの文句に出会ったら、ちょっと気を付けたほうがいい。
 本当には分かってない可能性大である。


 

god5


 【業務連絡のコーナー】

①雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

 いよいよ本日!当日券もOK

tks

 【日時】 11月23日(日) 13:30 開場 14:00-16:30

 【場所】 新大阪丸ビル別館5-1号室 大阪市東淀川区東中島1-18-22

 【参加費】 4,000円

 【申し込みフォーム】 https://ssl.form-mailer.jp/fms/46393968305000



②賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!

 『スピ・テラ (寺) 小屋』

sptk

 【内容紹介】

 テラさんからのメッセージ発信や質疑応答に留まらず、講座参加者のみなさんお一人お一人にアウトプットしていただく 「公開セッション型セミナー」 です。

 脱・その時だけ気持ちいいスピリチュアル
 脱・分かった気分になるスピリチュアル
 脱・どうしていいかわからないスピリチュアル


 いつ始められても、途中やすまれても大丈夫!あなたのペースでお受けいただけます。


 【開催日・時間】 10/26(日) 11/29(土) 12/28(日) 14時-17時 ※以降は随時決定

 【場所】 大阪市内 (随時お伝えいたします)
 
 【参加費】 毎月10,000円

 【お申し込みフォーム】 https://ssl.form-mailer.jp/fms/ce9145ac315718


③テラのトークがお聞きいただける、『☆ みかっちRadio ☆』

 こちらで、テラのインタビューがお聞きいただけます。

 http://mikacchiradio.seesaa.net/article/407477568.html 



④知井道通&賢者テラ・コラボトークライブ in 長崎 実現!

 『長崎は今日もとまさきだった』

kmmsk

 すでに各地で開催され、好評を博しているあのコラボライブが、ついに長崎初上陸!
 立場は違えど、個性は違えど、ひとたび口を開けば阿吽の呼吸でギャグ連発!
 (時折さむいかもですがそれは気を付けて)
 笑って、気持ちよく。
 何よりもそれを大事にする異色スピリチュアル・リーダー同士の掛け合いを、どうぞお楽しみに!
 ※注:タイトルと内容には何の関係もありません。


 【日時】 2014年12月13日 (土) PM14:00~16:30 (開場13:30)

 【場所】 長崎ブリックホール 3F会議室 (長崎県長崎市茂里町2-38)

 【料金】 6,000円

 【申し込み先】 http://kokucheese.com/event/index/172808/



⑤テラのDVD、好評発売中!

DVD

●賢者テラ トークライブDVD ~宇宙の王であるあなた~

 【初級講座】 多くの人が、自分というものを肯定するのに、お金や地位、能力など様々な根拠が必要だと考えている。このDVDを通して、それらのものは必要ではなく、ありのままのあなたで既に完璧であるということを感じとっていただきたい。

 1枚 4,800円

●賢者テラ トークライブDVD ~王としての視点~

 【上級講座】 本来、柔軟であるべきスピリチュアルにおいて、ともすれば固定的な見方をしてしまっている場合が多い。この講座では、さまざまな角度から柔軟な視点について語っている。

 1枚 15,000円
 (センター・リターナー講座受講生は、1枚10,000円)


 【お申し込み方法】

 4275-ishihara@ezweb.ne.jp

 受付窓口:石原千由紀

 上記メルアドまで、ご希望のDVDの名称・お名前(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号を明記の上お申し込みください。
 DVDの発売を記念いたしまして、今回DVDをご購入いただいた方の中から抽選で5名の方に賢者テラのスカイプセッション・60分をプレゼントいたします。



⑥スピリチュアルTV、いつもご視聴ありがとうございます!

 今回録画分はこちら。次は11月21日 (金) になります。

 http://www.ustream.tv/recorded/54928904



⑦賢者テラが、過去に出版した小説を復刊させよう!

 テラが今のようになる前、チャネリングによって書いた小説があり、出版していました。
 しかし当時は私も無名で、内容は本当に面白いのですが結局売れず、廃版となりました。
 私が今のようになって、トークライブへ行く先々でこの本を欲しがられますがー
 作者の手元にも、ほとんど残っていません。
 この物語を、このまま埋もれさすのも惜しい。そこで、皆さんにお願いがあります。
 以下のサイトにて、投票いただきたいのです。


 『復刊ドットコム』

 → http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=56653

 皆様の、清き一票をよろしくお願いいたします!

 ※現在、409票です!

Eye of the God ~神の眼~-asnmk



哲学・思想 ブログランキングへ

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

にほんブログ村

精神世界

いいね!した人  |  コメント(8)
最近の画像つき記事  もっと見る >>