Eye of the God ~神の眼~

現代における預言の言葉。黙示。
現代の常識、価値観では幸せになれない人たちへ。
新時代に合うものの考え方を紹介していきます。
あまりにも常識と違うので、戸惑われることでしょう。
でも、キリストはかつてこう言いました。
『耳のあるものは聞くがよい』。




beatofterra



●賢者テラ公式ホームページ 『Beat of Terra』 ~地球の鼓動~


 → https://sekaihaaidedekiteiru.amebaownd.com/


●はじめてこのブログをご覧になる方へ

 以下、このブログの趣旨や特徴を述べております。

 読んでやっぱりやめておこう、と思った人は去るのが賢明です。



 ①非二元は意味がない。

 ②悟りを求めるくらいなら、目の前のことを一生懸命生きろ。

 ③スピリチュアルを学ぶことに意味はない。時間つぶしの娯楽にはなる。

 ④このブログに真理は書いていない。私が好き勝手言葉を羅列しているだけ。

 ⑤この世界に絶対の真理はない。「真理がない、という真理」 ならある。

 ⑥理屈上の矛盾、が気になるレベルの人には適していない。

 ⑦他人はいる。あなたはいる。

 ⑧正しい宗教も正しいスピリチュアルもない。すべて趣味の問題

 ⑨そうは言ってもルールがある世界に生きている以上、奨励されることというのはある。

 ⑩その内容は、どちらかというとスピ的というより 「科学的」 になる。

 ⑪思考は現実化しない。

 ⑫ありのままの自分を愛せても、あなたは幸せにならない。

 ⑬起きることはすべて決まっている。

 ⑭…のだが、それは究極の話なので、この世次元で個として生きる分には知っても意味がない。

 ⑮あなたが意識として健全な在り方をしても、他人の干渉により望まない出来事は起きる。

 ⑯100%自分原因説完全否定。

 ⑰ワンネスに関して否定はしないが、この次元で肉体があるまま本当に分かることはあり得ない。

 ⑱どんなすごい覚者だろうが、生きて肉体をもっていたら皆 「生悟り」。どんぐりのせいくらべ。

 ⑲諸行無常、すべては変化し、移り変わる。真理も、その範疇に入る。

 ⑳どんなにきれいごとを言っても、結局カネと自己保身である。スピリチュアル界もしかり。

 ㉑大事なのは、清く完璧になることではなく、汚さを認められること。それを含めて愛せること。



●賢者テラによる 【メールセッション】 始めました!  


 こんな悩みを言っても良いんだろうか…  

 そんな悩みも無用!のメールセッションをご用意いたしました。 

 自分の気持ちを素直に、賢者テラにぶつけてみてはいかがでしょうか。 

 テラワールド炸裂で、ご返信申し上げます。お待ちしております。  


 【お申し込み方法】 


 本ブログをPCで閲覧した時、右サイド中段に出てくるメールフォームにてご依頼ください。

 折り返し、料金体制と依頼文に関する注意事項などをお伝えします。それでご納得いただけてから、本契約となります。

 大阪定期講座・スピ寺子屋の申し込み先に問い合わせいただいてもOKです。



●著書&ライブ情報


●テラ・2冊目の著書が発売中!


 宇宙が教えてくれた 幸せになるお告げ



sno


 日本文芸社刊・定価 1.404円 (税込)

 アマゾンでのお申し込みはこちらまで↓


 http://www.amazon.co.jp/dp/4537261331/#_swftext_Swf



●賢者テラ・大阪定期講座 『スピ・テラ (寺) 小屋』


 【開催日・時間】 毎月・どこかの土日 14時-17時 6月は14日 (火) です。


 【場所】 新大阪駅構内。タリーズコーヒー


 【参加費】 毎月10,000円  


 【お申し込み】  ryoushinkai★gmail.com までお名前、電話番号を明記してメールを。


  ※上記アドレスの★を@に変えて使用してください。



 ※関西圏の方へ…個人(対面)セッションも受け付けます。

 詳細は、当ブログのメールフォームから、お問い合わせください。

NEW !
テーマ:

 

 

 私の父は定年になって、ずいぶん経つ。

 「超」 がつく真面目な人であり、それが翻って 「頑固者」 という特性を生んでいる。

 私の父だけあって、口達者。父は決して社交的な人間ではないが、彼が求められて口を開くと、その語る内容や洞察は結構面白く、その時だけは父も生き生きしていて、彼が普段カタブツで頑固者だということを忘れさせてくれる。

 

 

 体は結構頑丈で、定年なんかで辞めなくても今でも働けるはずなくらい元気である。

 でも、朝から晩まで時間のある広大な日々が幕開けてしまった。

 今の父は、本当に 『無趣味』 な人である。

 父がまだ現役の時は、釣りという趣味があった。

 まだ夜が明けないうちに車で出て行き、夜帰って来た。

 腕がいいのか、釣る場所が良いのかは分からないが、必ず何かをある程度釣ってきた。子どもの頃の記憶では、父が 「釣れなかった」 と言って帰って来た記憶がない。

 サザエさんのネタように、近くの魚屋で買ってきたものを 「釣れた」 と誤魔化す手は使えない。ちょっとした知識があれば、今日釣ってきた魚か魚屋で買ってきたものかは区別がつく。

 

 

 先ほど、父は定年後の今でも元気だと言ったが、厳密に現役時代と同じではない。

 父の変化のひとつに、その 「釣りに行かなくなった」 ことがある。

 釣りに行く気力体力はなくなったが、家にいる分には元気を持て余す、という面倒な状況になったのだ。父から釣りを取ってしまうと、何もなくなった。

 私ほどではないにせよ父も少しは映画好きなので、ツタヤで借りてきて見ることはあるが、さすがに朝から晩まで、というわけにもいかない。

 そこで、父は何をするようになったかというと…「1パチ」。

 略さずきちっと言うと、玉一個が1円に相当するパチンコである。

 

 

 結構、時間を持て余して1パチに時間を潰しに来る高齢者は多い。

 1玉4円なら、当たれば配当は大きいが負け続ければ短時間でどんどんお金が吸い込まれていく。でも1円パチンコなら、少ないお金で比較的長い時間を遊んでいられる。年金生活者が分相応に時間を潰すには、もってこいの遊びではある。

 ただし大箱に数箱ほど出したとしても、たった数千円にしかならないので、ロマンと興奮に欠けると言ってしまえば、その通りであるが。

 うちの父のような高齢者が決して少なくないのは、なぜだろう。

 パチンコではなくても、イオンのゲームコーナーなどにある 「コインゲーム」 に、高齢者が長時間遊んでいる場合もある。これなども、パチンコが単にコインゲームにすり替わっているだけのことであり、問題の構造は同じだろう。

 

 

 子どもとの関係、があるだろう。

 同居か。近所か。それとも遠くにいて、盆や正月しか連絡を取らないかー

 また、子どもがいても 「孫の有無」 でも変わってくる。

 さらには、子どもと 「仲が良いか」 「不仲か」 も重要になってくる。

 しっかりしていないと一番辛いのは、「子どもがいない」 老人であろう。

 趣味に興じる、ということは、少なくとも 「生き続けることに希望を失っていない」 前提が要る。

 生きる理由があって、同じ生きてないといけないのなら折角だから何かするか、になる。

 その柱となるものがないと、いつかパチンコでは誤魔化しきれなくなる。

 

 

 例えばの話、「孫の成長を見るのが生きがい」 という老人がいたとする。

 同居していれば、毎日でも見ていられる。ちびまる子ちゃんのおじいちゃん 「友蔵」 みたく、あんな理想的なポジションに皆収まることができればよいが、人生模様は皆複雑で全然違う。

 かわいい孫がいても遠いなら、会えない間何かして生きつながないといけない。

 そうして、補助的趣味としてパチンコを利用することがあってもいい。しかし、 「それだけが生きる楽しみ」 というのは、やはり健全ではない。本人も周囲の人間や社会も、共に考えていくべき問題である。

 

 

 うちの父の場合、問題はさらにややこしく。

 頑固者だったので、老後も関係の続く友人がいないようである。

 定年後、父が友人と思われる人物と付き合ってどこかに行く、というのを見たことがない。

 母さん以外、普段は誰も父の相手をする者はいない。

 しかし母は父と真逆な社交的な人なので、しょっちゅう女友達と飛び回っている。必然、父はその間ひとり家でゴロゴロするか、1円パチンコをするかしかなくなる。

 寂しかろうと思って 「老人会」 やそれに類するサークル活動を勧めたら、怒られた。

 父は頑固なだけでなく 「ムダにプライドが高い」 ので、あんなもんに出かけてまで友達など欲しいとは思わん!なんか、こっちまでジジくさくなるわ!とのたまう。

 (認めないけど、自分だってちゃんとジジくさいぞ)

 

 

 みんな、思ってるほど 「高齢者 (老人)」 じゃないんだよ。

 逆に、今の社会のシステムがマイナスな意味での 「老人」 を作っているような気がする。

 

 

 みんな、何かさせたら結構できるんだよね。実際、役に立つ。

 得意分野を、生かせるんだよね。70歳以降でも、内容によっては仕事が可能だ。

 なんとか、皆に役にたってもらえる道を模索できないか?

 居場所さえあれば、結構高齢者の可能性の世界は広がる。

 社会 (システム) は、高齢者がそれぞれに輝く道を模索する面倒が嫌らしい。

 孫がいて、生活も保障され、生きがいのある老後。孫がいない、あるいはそもそも子どもがいない、パチンコやテレビになんとなく時間を使う老後。喜びを共有する相手もなく、笑いかけようとしても横には誰もおらず、大きなエネルギーを使ってみる気力も湧かない。

 

 

 先日、会いに行った父がいつもより元気だった。

 かつての勤務先の会社から、非常勤で出てきてくれ、と声をかけられたらしい。

 「ブランクかなりになりますけど、役に立ちますか?って言ったら、『極端な話、座ってそこにいていただけるだけでもいいんです。来てくださるだけでありがたいんです』 だってよ。こりゃ、行ってやらねぇわけにはいかないやな」

 言葉上はしょうがない行ってやるか、な感じだが、まんざらでもなさそう。

 こういう父を見ると、定年ってなんだろう、と思う。

 同じように働かせることは難しいとしても、元気の有り余っている者を何かに使えないか。

 シルバー人材センターなるものがあることは知っている。

 それなりに精一杯機能していることにも、感謝している。

 ただ、やはりカバーしきれていない。

 

 

 1円パチンコに群がる高齢者たち、というニュースの特集記事があった。

 それに読者の意見が寄せられるのだが、多数派の意見として 「パチンコじゃなくても、探せばもっと良い趣味あるだろ」  というのがあった。もっときついのは、「この世界からパチンコを無くしてしまえ」 というのがあった。

 後者は論外として、前者の意見はどうか?

 

 

 私が身をもって知ったのは、「理屈 (正論) と実際は全然一致しない」 ということである。

 現場にしか、答えがないということである。

 

 

 「ごはんがないなら、お菓子を食べればいいのに」 と同じである。

 1円パチンコをやっているその高齢者の人生を、いちから聞いてみ?

 で、パチンコなんかよりやることあるやろ、って最後に言ってみ?

 …言えないから。

 うちの父もそうだ。

 友達がいないなら、今から作ればいい。パチンコ以外の趣味を持てばいいー

 でも、私は見て知っている。その正論だけでは、どうにもならないことを。

 それを、幸せな高い気楽な位置から 「やればできる」 「むりだ、できないと思っているからできないんだ」 は、残酷な正論である。むしろ、そんなやつはスピリチュアルな発信をするには向いていない。

 一人ひとりの人生を知るほどに、相手に対して 「なぜやらない」 「なぜこんなことに甘んじているんだ」 とは簡単には言えない。言葉は引っ込み、ただ手を握るだけになる。

 

 

 アプローチの最初から、「1パチは良くない。もっと素敵な老後ために良い趣味を」 はダメ。

 いきなり正論をぶつけちゃ、おしめぇよ!

 手を汚さないで、現場で戦闘しないで、対岸から言うだけでは正論はゴミと化す。

 まずは何とか、互いの人生に興味を持ち、気にかけ合える状況を作る必要がある。

 その上で得意を探し出し、パズルのピースがどこにはまるか、知恵を出し合うこと。

 高齢者が 「パチンコ以外の趣味を探したくてもそうできない」 事情をまずはつかんでからでないと、次の一手 (じゃあ何かいい知恵は) には行けない。

 

 

 幸い私は、実家がそれほど遠くないので、まめに孫の顔を見せてやれる。

 先日ぼそっと、父はこう言った。

 

 

 「この子 (4歳の娘) が嫁にいくのを見届けるまでは、くたばるわけにはいかんなぁ」

 

 

 私は、これだと思った。

 こう言える何かを、高齢者の方々にそれぞれ、オリジナルをもっていただきたい。

 それを、内容は違えど一人でも多くが持てる社会こそ、いいか悪いかで言えば 「いい社会」 と言える。今こそ、それぞれが自分の身の周りにいる年老いた親や知り合いの高齢者のことを思い浮かべ、ちょっとでも 「素敵なお節介」 ができるならしていただきたい。

 切に、そう願う。

 

 

 

 【業務連絡のコーナー】

 

①有料メルマガのご案内/最新記事更新!(5月16日)

 

 このブログ記事にはアップしない、ここだけで読める内容です!  

 日々のブログ記事での雰囲気とは、一味違った感じをお楽しみください。

 

 ●最新記事 『運命論に立ち向かう』

 

 → http://www.reservestock.jp/subscribe/52992

 

 ● 『祈りの本質』

 

 → http://www.reservestock.jp/subscribe/52357

 

 ●  『家族のための仕事・世の中のためのスピリチュアル 』 

 

 http://www.reservestock.jp/subscribe/51845

 

 ●『明日こそあるかもしれない危機に向かって 』 ¥500

 

 http://www.reservestock.jp/subscribe/51296

 

 

②全国どこでも行きます!ライブ開催規定のお知らせ

 

 テラさんの話を生で聴いてみたい!

 でも、謝礼はいくらだろ?何人くらい集まらないとダメなんだろう…

 色々なことが心配な方へ。難し考えず、気軽に呼んでください!

 

 【謝礼について】

 

 ①二時間半のトークライブを、一律 「5万円」 にて、どこでも出張します。

 ②交通費、宿泊費は別途申し受けます。

 ③集客の結果に関わらず、これで済むので安心です。

 ④ただし、これは最低保証額を提示したものであり、仮に沢山の人が来て収益が上がった場合に関しては、協議の上妥当な額をいただきます。

 ⑤数日 (数回) にわたる連続セミナーなどの場合は、個別に相談に応じます。

 

 主催者様からの連絡を、お待ちしております!

 

 

mlss
 
 

③賢者テラによる 【メールセッション】 始めました!  

 

 こんな悩みを言っても良いんだろうか…  

 そんな悩みも無用!のメールセッションをご用意いたしました。  

 自分の気持ちを素直に、賢者テラにぶつけてみてはいかがでしょうか。  

 テラワールド炸裂で、ご返信申し上げます。お待ちしております。  

 

 ※内容詳細・お申し込みはこちら  → http://www.reservestock.jp/events/112863

 

 

④賢者テラ・公式ホームページ開設 『Beat of Terra』

 

 

beatofterra

 

 https://sekaihaaidedekiteiru.amebaownd.com/  

 

 ●Native Japanese (賢者テラ) のリザスト    

 

 http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11705

 

 

⑤スピリチュアルTV、いつもご視聴ありがとうございます!

 

 次回は6月1日 (水) 朝8時です。  

 最新の録画分はこちら。

 

 

 

⑥二冊目となる著書が、発売中!  

 

『宇宙が教えてくれた 幸せになるお告げ』 アマゾンでも買えます!

 

 

sno

 

 

 辛らつだけど、愛がある、そして面白い。賢者テラ・ワールド全開!    

 人生はオセロゲームの途中、「この世ゲーム」の醍醐味を味わい尽くせ!  

 『宇宙シナリオからのメッセージ』 (日本文芸社刊) で衝撃のデビューを果たした、人気スピリチュアル作家、賢者テラの第2弾。  

 絶望と希望という真逆の両側面から、この世で幸せになる方法を教えるメッセージ集。

 生きづらさを感じているすべての人に、超おすすめ、宇宙の真理がわかり、生きる喜びと勇気が湧いてくる、極上のスピリチュアル的幸福論。  

 笑いと体験を交え、冷静で熱い人生の応援エールを送ります。  

 あなたの絶望も、きっと希望へと変わる!  

 

 日本文芸社刊・定価 1.404円  

 ご注文はこちらから↓

 

 http://www.amazon.co.jp/dp/4537261331/#_swftext_Swf

 

 

⑦賢者テラ・大阪定期講座、常時受講者受付中!

 

 『スピ・テラ (寺) 小屋』

 

sptk

 

 【内容紹介】  

 

 テラさんからのメッセージ発信や質疑応答に留まらず、講座参加者のみなさんお一人お一人にアウトプットしていただく 「公開セッション型セミナー」 です。  

 

 脱・その時だけ気持ちいいスピリチュアル  

 脱・分かった気分になるスピリチュアル  

 脱・どうしていいかわからないスピリチュアル

 

 いつ始められても、途中やすまれても大丈夫!あなたのペースでお受けいただけます。  

 

 【開催日・時間】 毎月どこかの土日 14時-17時 ※6月は、14日 (火) です。  

 

 【場所】 新大阪駅構内・タリーズコーヒー    

 

 【参加費】 毎月10,000円  

 

 【お申し込み】 ryoushinkai★gmail.com までお名前、電話番号を明記してメールを。

 

  ※上記アドレスの★を@に変えて使用してください。

 

  

哲学・思想 ブログランキングへ

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

にほんブログ村

 

精神世界

いいね!(74)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)