自転車で追い抜きざまにジョギング中の男性をハンマーで殴打したとして、傷害罪に問われた職業不詳の男性(38)=大阪府茨木市=の判決で、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)は25日、「犯人であるかどうかの立証には合理的疑いが残る」として、無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。
 この男性は2008年10月17日未明、同市内の路上で男性の後頭部を背後からハンマーで殴打し、全治1週間のけがを負わせたとして起訴。検察側は「被害者が『犯行直前にすれ違った男が犯人』と供述し、被告と特徴が一致している」と主張していた。
 遠藤裁判長は「目撃時の明るさやすれ違った場所が現場と約1.2キロ離れていることなど問題点がある」と指摘。犯人特定のために使われた顔写真について、警察官と被害者の証言が食い違っていることも取り上げ、「被告が犯人と認定する証拠の信用性を疑わしめる」と述べた。 

ハンセン決議 参議院も採択 全会一致(産経新聞)
融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布―警視庁(時事通信)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
天皇陛下がお田植え(産経新聞)
口蹄疫 スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)
AD