3日午後9時30分頃、神奈川県鎌倉市のJR横須賀線鎌倉駅で、ラグビー元日本代表の会社員渡辺泰憲さん(35)がホームから転落し、津田沼発逗子駅行き下り普通電車にはねられ、死亡した。

 鎌倉署の発表によると、渡辺さんはホームでふらついた状態で立っていて、駅員が声をかけたが、その直後に線路に落ちたという。遺書は見つかっておらず、同署は、渡辺さんが誤って転落した可能性が高いとみている。

 渡辺さんは、日体大を経て1997年に東芝入社。東芝府中(現・東芝)では、フランカーとして04~06年度のトップリーグ3連覇に貢献。日本代表としても07年のフランス大会までワールドカップに3大会連続で出場している。09年3月の現役引退後は、東芝本社に勤務していた。

「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)
<警察庁長官狙撃>延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
究極の春を! 農家レストランで新鮮春野菜 (産経新聞)
遮断棒折れ東海道線に遅れ(産経新聞)
北九州社長殺害 元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
AD