鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載、不記載)に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)の東京地裁(平木正洋裁判長)の公判が、初公判の29日に即日結審する見通しであることが関係者の話で分かった。勝場被告が起訴内容をすべて認め、弁護側、検察側はいずれも証人申請を行わないという。冒頭陳述後、弁護側が被告人質問で情状面の立証を行い、検察側の論告求刑や弁護側の弁論まで進む公算が大きいという。

 夏の参院選への影響を最小限に抑えたい弁護側と、政治的影響を考慮した検察や裁判所側の意向が一致したとみられる。判決は4月にも言い渡される。

 勝場被告は東京地検特捜部の取り調べで「国民から支持されている政治家に見せたかった。独断でやった」と起訴内容を認める供述をしてきた。弁護側は検察側の提出する全証拠に同意する見通し。争点は情状面に絞られる。検察側が実母から提供され、偽装献金の原資となった資金の流れにどの程度言及するかも注目される。

 起訴状によると、勝場被告は04~08年、友政懇などの政治資金収支報告書に総額約3億9000万円の虚偽記載を行い、計1200万円を記載しなかったとされる。容疑不十分で不起訴となった鳩山首相について、市民団体が検察審査会に審査を申し立てている。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
鳩山首相団体偽装献金:実母資金提供 首相が3470万円、贈与税を納付
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
偽装献金:鳩山首相の不起訴不当、審査申し立て
予算編成、普天間、偽装献金の三重苦
松田喬和の首相番日誌:それを言っちゃあ…

「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
「伊丹空港」めぐり賛否分裂 大阪・箕面、豊中両市議会(産経新聞)
世界最大のカブトムシなど108匹盗んだ男逮捕(スポーツ報知)
恒星からのガンマ線とらえる=日米欧の観測衛星-広島大など(時事通信)
AD