2017年01月18日(水)

「世界60カ国以上、旅して良かった国は、どこですか?」

テーマ:モロッコ

年末年始、モロッコ・サハラ砂漠、キャンプの旅に行ってきた。

「隊長、世界60カ国以上旅をしてきてモロッコ以上に良かった国はどこですか?」
隊員あやこに聞かれたとき、即答できない自分がいた。

世界一好きな国は、モンゴルと答えていたが、
良かった国を問われて思いつかなかったのだ。

人生でベストな旅だったかもしれない。
それくらいモロッコは良かった。
広大なサハラ砂漠とモロッコという国に惚れ込んだ。

きっと何度行っても飽きない国だと思う。
想像以上に変化に富んだ風景があった。

カサブランカから7時間も長距離ドライブして、
青の街シャウエンにたどり着いた翌日、
モンゴルのような大草原を抜けると、突然、
冬のアラスカのような雪化粧の風景が眼前に広がった。


その後、荒涼とした赤茶けたアメリカ西部のような大地を抜けると
サハラ砂漠へと繋がっていった。

一番印象的だったのはサハラ砂漠で見た星空。
どういう現象かわからないが、
キャンプしていた2日間、月がまったく見えなかったのだ。
月明りの無い砂漠で観る満天の星は、世界一美しかった。

優しい砂漠の民と何を食べても旨い食事も印象的だった。
30年前にモロッコを一人旅したとき、
いったい俺は誰と出会い、何を食べていたんだろう・・・
印象に残った優しい人も食事も思い出せない。
毎回出されるタジン料理もスープもサラダも絶品だった。
ラム、ヤギ、牛、鳥肉・・・タジン鍋を使った料理はすべて旨かった。

この旅で、隊員あやこ、まっきーの2人から毎日のように、
「隊長、このツアーを催行してくれてありがとう!」

て何度も言われた。

すべてに「ありがとう!」と言いたい旅だった。

今年は、会員組織「みんなの旅」を本格始動させて
一人から催行できる旅を目指したい。

今年もやる!サハラ砂漠、キャンプの旅!
 2017年GW 、11月 モロッコ・サハラ砂漠の旅、募集開始! 

そして、砂漠が50度近くになる夏は海へ!
 2017年8月、9月 モロッコ新たなツアー発表!!

マラケシュ&大西洋岸のビーチ堪能の旅、募集開始! 


   <成長のヒント>
   すべての感情は、エネルギー。 楽しい、嬉しい、誇らしい 幸せ、安心、自信…
   そんな前向きなプラスの感情は
   そのまま前に進むために使うのは当然。

 

   怒り、悲しみ、イライラ 不安、不満、心配…
   それらの負のマイナスの感情も 否定しないで受け入れて
   浄化、転換、反転、還元すれば 前に進むための
   莫大なエネルギーに使える。

 

   そもそも マイナスの感情は 前向きに進もうとしているからこそ
   その反動(反作用)として、生まれてくるもの。

   マイナスの感情を変換するカギは 次の言葉。
   「そもそも、求めているのは…」
   「だからこそ…(やる)」
   「それでもなお…(やる)」
   「(それがどうした!)上等!」
   そう言ってみて マイナスの印象をだけを抜き取って
   もとのエネルギーに戻せば 一気に前に進める。
   小田真嘉

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年10月04日(火)

「モロッコ、サハラ砂漠でキャンプの旅」

テーマ:モロッコ

   人は、悲しい思い出をなくすことは出来ないの。
   でも、それよりたくさんのいい思い出を作って、
   楽しく生きることは出来る。
   「また、同じ夢を見ていた」、住野 よる


実は今年、密かに一番楽しみにしている旅!

モロッコ、サハラ砂漠でキャンプの旅。

サハラ砂漠・・・最後の日も、
ラクダに乗ってホテルにチェックインなんて面白いよね!

   サハラに4泊も滞在するツアーなんて、そうそう無いと思います。
   まさに地球探検隊ならでは!
   砂と静寂の世界に浸って、
   みなさんの感性でいろんなことを
   ハートの底から感じていってもらいたいです!  
   現地コーディネーター 岩間ひかる


11月に加えて、年末年始にも追加設定!

A日程(※10月15日募集締切)
日程:2016年11月6日(日)~ 11月12日(土)7日間
日本発着最短日程
2016年11月5日(土) ~ 11月13日(日)9日間

B日程(※11月29日募集締切)
日程:2016年12月25日(日)~ 12月31日(土)7日間
日本発着最短日程
2016年12月24日(土) ~ 1月1日(日)9日間



青の街、シャウエンに行くのも夢のひとつだ!


   私の人生は誰のものとも違います。
   誰のものとも違う、自分の幸せを選ぶことが出来るのです。

   幸せは、あっちからやってくるものではなく。
   こっちから、選んで手にするものだから。

   「また、同じ夢を見ていた」、住野 よる

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年02月06日(金)

「モロッコ、砂漠でキャンプ!」

テーマ:モロッコ
   自分の中でルールを決めてしまえば、
   悩む暇なんかない。
   「ダブル・フォールト」真保裕一

~青の街シャウエン・リフ山脈トレッキング・迷宮都市フェズ・砂丘でキャンプ~


あの青い街並みを見てみたい!!
そんな単純な想いからモロッコの旅をつくりました。
青い街並みに山も砂漠もスーク(市場)も運が良ければ地中海まで見れちゃう!
色んなモロッコの魅力を詰込んだ、まるで宝箱のような旅です◎
モロッコには可愛い雑貨もたくさんあるんです!!アクティブ女子に一押しのこの旅◎
今年のGWはモロッコに決まり!!一緒にモロッコに行きましょう~♪
同行:山崎 愛(ちっち)

ツアー企画者プロフィール
・ベンアリ アリ
砂漠で生まれ、十代の頃にメルズーガ砂丘でラクダ遣いとして働き始める。
その後は砂漠ガイドをはじめ、モロッコ中を案内するガイド業を経験。
砂漠方面のコネクションが特に強く、旅中に出会った人全てが
友達であるかのような錯覚に陥ること間違い無し!
主にヨーロッパからの旅行者をご案内していたことに加えて、
日本での居住経験が8年あることから、
日本語をはじめとして8カ国語を巧みに操る。
人生で大切なことは、全て砂漠で教わったと自負する砂漠の民。
好きな言葉は”Smile to the life, the life smile to you”。

砂漠への興味が高じて2002年に訪れたモロッコで、
「ここで死んでも良い!」と思うほど美しいモロッコに圧倒される。
同時に人生の伴侶となるアリと出会い、モロッコにとことん惚れ込む。
4年に及ぶ遠距離恋愛、日本での結婚生活を8年経て、
2014年に夢だったモロッコ移住をとうとう実現。
観光の首都の異名を持つマラケシュの旧市街。地元の人が行き交う活気溢れる、
マラケシュっ子の台所的なエリアでDar Mirai という民宿の女将をしながら、
モロッコ旅の達人としてモロッコ旅の魅力を発信中。

こんな2人が心を込めてつくった旅。
面白くないわけがない!

オレも20代の世界放浪中にモロッコを訪れたときの衝撃は今でも覚えている。
あのエネルギーはどこからやってくるのか・・・街全体に活気がみなぎっていた。
車、バイク、チャリ、人、ロバが迷路のような旧市街を行き来する
混沌とした不思議な世界だった。

あなたにとってもインパクトのある国になること間違いなし。



   世の中の全員があなたを
   好きになるなんてことはあり得ない。
   一人でも好きになってくれる人が
   いればいいのよ。

   「人間らしくヘンテコでいい」鎌田實

いいね!した人  |  リブログ(0)