2009年07月09日(木)

「千葉・下総神崎:探検隊畑で野菜づくり(1day) 」

テーマ:千葉・探検隊畑で野菜づくり

   もし自分がキャベツだったら、
   トマトだったらと自分を置き換えて野菜と接すれば
   対人関係でもやさしさが戻ってくることでしょう。
   相手を自分のように考えれば心がやさしくなります。
   「土を作るということは人づくりだよ」。
   いつもそう思います。
   
「リンゴが教えてくれたこと」 木村 秋則(著)

“たんけんたい米”づくり の次は、探検隊畑だ!ってことで始まった「千葉・ネイチャービレッジで探検隊畑」。
7/12(日)いよいよ第2回が開催される。 誰もが参加しやすい料金設定「3,000円!」にした。

前日の7/11(土)まで申込み受付中!

「探検隊畑キックオフキャンプ」から参加している隊員キジョー が中心になって野菜たちを育てている。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
キジョーのブログを紹介する。
「旅と仲間と夢の繋がり~地球探検隊について~」
「7月5日 探検隊の野菜たち」

前回、キジョーから届いた熱い感想を紹介する。

ずっとずっと探検隊の旅 には参加したかった!たった一度、しかも7年も前にツアーに参加しただけなのですが、旅に出た後でもお客様との繋がりを持ち続けている会社だから、こうやって今回の旅にまた巡り合えた。ありがとうございます。忙しく働いていて、なかなか自分の時間が取れなくなった20代のときも、ず~っと考えていた事・・「探検隊の旅で過ごした時間自体が自分の人生の目標」だと思ってました。

海と山に囲まれた土地で焚火とファーマーズマーケット+食べれる庭のあるレストランを創ろうと想い、2年前に会社を辞めて料理とワイン、サービスの勉強を始めました!今年の目標は畑で野菜を育て、それを仲間と一緒に食べれる時間を楽しみたいと思っていました。そんな時・・・探検隊畑とツリーダムのツアーがあったので、即申込み!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
畑を作る事が直接的な動機でしたが、旅に出れば、その目的や得た感動+楽しさはトレックツアー の時と一緒でした。人と自然、時間だけが与えられる旅。とにかく遊ぶ旅!そして、いつのまにか、そこにいる仲間がどんどん愛おしくなっていく感覚に襲われる旅。

涼しい森の中で昼から生演奏を聞き、お酒を飲めた事、竹やぶで工作作業した事、料理を一緒に作って、一緒に食べた事、焚火を囲みながら夜な夜な話を続けた事、朝、今日1日を一緒に過ごす仲間とご飯をゆっくり食べれる幸せ、そして土に触れながら汗を流して、眠っていた筋肉がピクピクと踊り始めたこと。収穫というワクワクする未来を共有出来た事。全てが仲間との絆を強くする時間で、全てが自分にとっては心豊な気持ちになれる時間でした。日常では味わえぬ懐かしい感覚を2日間は持ち続けていました。

7年前・・地球探検隊のトレックアメリカ に参加して1週間キャンプした後に書いた日記も同じような内容を書いてた気がします(笑)繰り返されるのは朝起きて、ごはん食べて、自然の中で汗描いて、夜は焚火を囲む!過ごした時間を箇条書きにすると何も変らない単調な旅!でも、書き出すことが出来ない・・その時にその場所にいた者しかわからない事だらけだから価値がある旅なんだと改めて感じました。

地球探検隊 にはそんな旅があふれていて、旅というよりも参加した者が作り出す時間と空間が欲しくて参加している人ばかり!何より遊ぶという事に対して真剣!今回もそんな最高の人達と一緒に野菜を作ったり、ツリーダムで遊んだりと幸せでした。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
今年はしっかり「探検隊畑」で働く決意です!!そう思うだけでワクワクします!
キジョー

「千葉・下総神崎:探検隊畑で野菜づくり(1day)」 締切は7/11(土)

オレが来週行く、この旅締切は7/11(土)、ワクは、あと2人!


   自然栽培には手間暇がかかります。
   でも自分の子供をほったらかして育てられますか。
   育てるというのは手間暇かかることなのです。
   お父さん、お母さんの愛情が必要です。
   でもそれは当たり前です。
   「手間暇惜しむものにいいものなし。」昔からそう言われます。

   「リンゴが教えてくれたこと」 木村 秋則(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)