2009年05月14日(木)

「『郡上』を10倍楽しむ方法」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   右脳の力を鍛えるためにもっとも大切なのは、
   「仲間を増やそうとすること」
   
『脳から変えるダメな自分』 築山節(著)

GWに行った「岐阜:雪解けの長良川でラフティング&洞窟探検 3DAYS」 の旅。舞台となった「郡上」を10倍楽しむ資料を紹介したい。

岐阜・長良川ラフティングガイド、アースシップ ・アキラが出発前の掲示板で紹介していた。アキラの人生を変えた一冊もある。

●情報
(郡上総合サイト)
地元で作っているポータルサイトでローカルなネタが満載です。
 
郡上観光どっと混む
観光情報やイベント情報などです。
 

●本の中の郡上・長良川

「日本の川を旅する」(新潮文庫)野田知佑著 ・・・僕はこの本がきっかけで郡上に住み着くことになってしまいました。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「旅人の心得」(角川書店)田口ランディ著・・・田口さんが郡上に来られたときに一緒に長良川に潜りました。そのときのことも少し書いてあります。
 
「祭りの果て、郡上八幡」 (文春文庫) 西村京太郎著・・・ゴメンナサイ。この本は読んだことないです。山村 美紗さんも郡上八幡殺人事件というミステリーを書いているそうです。

●映画の中の郡上

 「郡上一揆」緒方直人主演
 「サトラレ」安藤政信主演
 「僕の彼女はサイボーグ」綾瀬はるか主演
 「長い散歩」緒方拳主演


 アキラ


アースシップ ・アキラが名古屋交流会 で郡上とアクティビティの魅力をスピーチすることが決まった。これからも長いつき合いになると思うから、是非、直接アキラに会ってほしい。

名古屋交流会 5/23(土)第一部 14:30~18:00 第二部 18:30~21:00

翌日5/24(日)はアースシップ・ガイドによる岐阜・長良川ラフティングに挑戦!1DAY  *5/19締切
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

   
   情報が多いからこそ、
   私たちは興味のない情報を遮断して生きている。
   だが、そうしたことを続けていると、
   自分の脳を刺激するようなものと
   出会えなくなってしまう。

   
『検索は、するな。』  安田佳生(著)


いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月14日(木)

「アースシップ 水口アキラ」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   闇があるから光がある。
   そして闇から出てきた人こそ、
   一番ほんとうに光の有り難さが分かるんだ。
          小林 多喜二


「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

岐阜・長良川の旅(ラフティングと洞窟探検)ブログ で、かなりアクセスが増えた。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
楽しさが伝わったようで嬉しい。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
今回のガイド会社、アースシップ のパンフレットを見ると「地球探検隊」 と、いくつもの共通するキーワードが見つかった。

「都会にはない時間の流れと、心地よい人間関係」

「自然の中にある楽しさや心地よさを感じたら、自然に対して、
 そして人に対して優しくなれるから」

「あなたの飛び切りの笑顔を作る川旅なんです」

「思い切りはしゃいでもいいんです」

「ここは大人が子供になってもいい場所なんです」

「自分の力で前へと進もうとしたとき、爽やかな風を感じるはず」
「こんな世界があったんだ」

「いつも『明日からもガンバロ』そう思わせてくれる瞬間が
 この旅にはあるんだ」・・・


 by アースシップ
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

やはり出会うべくして会ったんだと思う。この縁を大切にしていきたい。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

   忙しい現代人に必要なのは、これ以上の情報ではない。
   必要なのは、自分の心で「感じること」と、
   自分の頭で「考えること」だ。

   
『検索は、するな。』  安田佳生(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月11日(月)

「一寸先は光」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   意欲を発生させるためにも、
   それを維持するためにも、根本的に大切なのは、
   一言でいえば「行動していること」です。
   
『脳から変えるダメな自分』 築山節(著)

ようやく出口の光を見たときの、なんとも言えない開放感!

自然と表情がゆるむ・・・泥まみれで真っ黒なのに気分は清々しい。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
この洞窟探検・・・予想以上におもしろかったし、評判がよかった
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
 今回一番インパクトがあったのは、ケイビング。
 自分の想像よりもサバイバルで、期待以上でした。
 洞窟の中で岩にはさまれて泥んこになることなんて
 めったにすることがないので、童心に戻りました。
 またケイビングの企画立ち上げてください
 いくよ 


童心になって遊んでますか?
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
洞窟探検終了・・・川に洗濯に行った・・・。別れの時間が近づく・・・。


「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
「チーム名って何にする?」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「ブログやHPに顔出しNGな人は・・・」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
「次は写真交換会で会おう!」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
旅は終わってから始まる・・・それが地球探検隊


   おとなは、だれも、はじめは子供だった。
   しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、
   いくらもいない。

        サン・テグジュベリ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月11日(月)

「初めての洞窟探検・・・そこは」

テーマ:岐阜・長良川の旅

     協調性より大事なことがある。
     人に嫌われる勇気を持つんだ。

        映画「象の背中」

「えっ!ウソぉー、ここ行くの?」
入り口からして想像以上に狭い・・・
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「えっ!マジ!これ通れんの?」
見ると、人ひとりがやっと通れる穴がある。この先はどうなってる・・・こんなほふく前進がいつまで続く・・・オレの痛めた肋骨は大丈夫か・・・不安と興奮のまま前進あるのみ。


探検家でJET吉田隊長が隊員たちの緊張を和ませる。絶妙のトーク、そして、どんな話も嬉しそうに話す無邪気な大人だ。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
「じゃ上級者コース行ってみようか、ここを垂直に登っていきましょう」
「登るって・・・凹凸ないじゃん」

「そうですね。コツをいうと、こんな感じで体をロックして少しずつ上がっていきます」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
思わず「行ける気がしない・・・」と隊員こじ
「それって、あれだよ、TBSの究極のサバイバルアタック『SASUKE』」


それでも果敢に挑戦する女性隊員たち!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「最後にちょっと意地悪なコースいってみましょうか」

「なんじゃーこれホント行くの?」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
水たまりの道を這うようにして前進・・・水が冷てぇー、しかも狭いっつーの・・・


「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
この達成感がたまらない・・・
やれるかどうかわからないが、やってみる。
「やったらできた!」こんな小さな成功体験が人生を少しずつ変えていく・・・


     あなたにしか、できないことがある。
     だから、あなたはこの時代に生まれてきた。

              神田 昌典

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月11日(月)

まるで「水曜スペシャル・川口浩探検隊」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   人はすべて
   限られた命の時間を使いながら生きている
   今日一日も、命の時間
             福島正伸

「岐阜:雪解けの長良川でラフティング&洞窟探検 3DAYS」 の旅報告を続けよう!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
もう一つ、楽しみにしていた隊員が多かったのが「洞窟探検」。「ケイビング」というよりも「洞窟探検」のほうが、ピッタリくる。この旅に申し込んだ理由は圧倒的に「ラフティングしたい」だったが、「以前からケイビングをやりたいと思っていた」という人もいた。リピーター隊員えりんぼも、その一人だ。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
  一番楽しみにしていたケービング。ヘルメットにヘッドライトをつけて、いざ穴の中へ。気分は川口浩。人1人ギリギリ通れるぐらいの穴を匍匐前身しながら進み、穴から出た時は産まれた時のような気分。澄みきった青い水は見てるだけで心が和む。その水の味は透明だった。

 電気を消して本当の真っ暗体験。目の前で手を振ると絶対に見えないはずなのに見えてる気がする。人間って不思議だ。間の狭い壁を手足を駆使して登らなきゃいけない難所を超えた時の達成感は言葉では表せない。超えた時のみんなの顔はやったぞ感であふれてる。次はもっと上手くできるかもしれないなんて思ってみたり。もっともっと冒険してみたくなる。ケービング、絶対にまたやりたいな。
えりんぼ

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
そう、まるで「水曜スペシャル・川口浩探検隊」?

「『地球探検隊』って、あちこち探検するんですか?」
よく聞かれる度に、

「いえ、どちらかというと『心の冒険』であって、探検することはないです。いつもはしないことをやる、心の安心領域から一歩でるくらいの感覚の旅です。女性も多いですし・・・」なんて答えていた。

今回の参加者は13名満席+オレ。13名の内訳は男性5名に対して女性8名。探検隊初参加4名という構成。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
みんなの感覚では、鍾乳洞をちょっとだけ奥まで歩くくらいの気持ちだったと思う。良い意味で期待を裏切ってくれた。これぞ、探検隊!これぞ非日常の世界!たまには、こんな旅もいい。


そういえばアースシップ ・アキラが出発前に掲示板に書き込んでいた。

 今回のケイビングツアーはうち独自ではなく、専門のガイドさんにお願いしています。主催されている方は国内はもとより、中国やマダガスカルまで未踏窟を求めて遠征されている本物の探検家です。
 もちろん、当日もガイドしていただきますが、この方がまた相当面白い方です。独自のサイトをお持ちですので、是非ご覧ください。

      JET  http://genkijin.jp/jet/index.html

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ホンモノの探検家との旅・・・報告を続けたい・・・。



          「一寸先は光」

             飯田 亮

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月10日(日)

「岐阜・長良川ラフティング(3)」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   人生、託す時があってよい。

   何がどうなるかわからない。
       よしだまさき


ラフティングの楽しみ方は川を下るだけではない。ボートの後方に座り船首を持ち上げ、バランスをとるウイリーや4mの高さからの飛び込みもある・・・。高所恐怖症のオレは、もちろん飛び込まなかった。無茶はするが、無理はしない。

「岐阜:雪解けの長良川でラフティング&洞窟探検 3DAYS」 の旅
に参加したリピーター隊員えりんぼがmixi「地球探検隊」コミュ に書き込んでくれた。コミュの参加者は2,000人を超えた。


GW岐阜長良川の旅に行ってきました。
思いがけず体験できたカヌーではアメンボ気分。鬼ごっこも楽しかったけど、思いっきり漕いで疲れたー。

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ラフティングではボートの上ではしゃいだり、川を下るだけじゃなくサーフィンみたいに川上りしたり、川に落ちてみたり、4メートルの崖の上から水面に飛び下りたり、思いっきり長良川の清流と戯れた。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
そして、みんなが大絶賛した料理。手分けして作ったアウトドアクッキングは女性が多いにもかかわらずペロリ。河原で食べたランチボックスもすっごく美味しい。バーベキューの豪快な牛肉とチャンチャン焼きもお腹が一杯なのに箸が進む。夜の火を囲んでのおしゃべり、ゲーム、そして火遊び。メインイベントじゃないのに一番心に残ってるのはなぜだろー(笑)。みんなが子供にかえってはしゃいだ、とーっても楽しい時間。

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
本当に気持ち良く旅ができたのは、メンバーに恵まれてたのに加えて、現地のスタッフの気遣いがとっても素晴らしかったから。心の底から感謝です!3回目の探検隊の旅 、また素敵な仲間と出会えてしまった。これだからやめられないんだよねー。
えりんぼ
すでに4回目の旅も申し込んでくれている、えりんぼ。いつもありがとう!

次回ラフテイングの旅は5/24(日)一日日帰り体験ラフティング!
前日5/23(土)名古屋交流会!
オレは京都で講演 があるので参加できないが、是非、素敵な隊員たちとの交流を楽しんでほしい。


   「君は経験から学ばない女だ」とよく言われたけれど、
   経験が教えてくれたのは、
   人生に同じ経験は二つとないということだけだ。
 
              小沢瑞穂
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月10日(日)

「岐阜・長良川ラフティング(2)」

テーマ:岐阜・長良川の旅
   「こんな小さな塾でも
   この国を変えるほどの力があるんだよ
   今に僕たちはこの国の教育を変える」
   六畳の和室で熱く、そう語る僕に対して、
   子供たちはクスクス笑っていました
            喜多川 泰

アースシップ ・ガイドHIDEの説明を受けて、乗り込む。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
安心して任せられるガイドがいること。それが旅の成功の大前提だ。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
今回の旅 を共同企画したアースシップ 代表のアキラとも不思議な縁でつながっていた。日本最大級のメルマガ発行人ネットワーク、異業種交流会「東京非凡塾(1,000人)」の幹事をベストセラー作家の香取貴信さん と一緒にやっていた頃、著名な友人たちのメルマガで紹介されるようになった。20万部以上発行している鮒谷周史さんの「平成進化論」も、その一つだった。「平成進化論」をはじめ、あちこちのメルマガで紹介されているオレを知ったアースシップ代表のアキラは、オレに会いたいと思ってくれたらしい。

そこへアースシップに参加した隊員が、「是非、会ってほしい人がいる・・・地球探検隊の中村隊長って人なんだけど・・・」

だから名古屋交流会で、初めてアキラに会ったとき、
「ずっと会いたい人のトップだったんです!」なんて嬉しいことを言ってくれた。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
アキラを紹介してくれたのは、オレが信頼する名古屋の隊員トモ、TOMOZO、スエだった。だからアキラを無条件で信頼できた。引き寄せられるように出会って、この旅が生まれたのだ。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
この出会いがなければ、こんな隊員たちの輝く顔を見られなかった・・・。出会いに感謝!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ランチはサプライズのアース号が登場! ボリュームたっぷりのハンバーガーだった。運動をした後のめしは旨い!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
地球探検隊の旅は魅力的な女性が多い。

   人間の顔は面白い。
   作品の中でどれほど顔を描いてきたことか。
   面白いと感じる顔の好みは変わらないが、
   描いても描いても描くこと自体に飽きることはない。
   自分が漫画家としての能力があるとしたら、
   その“飽きない”ということか。
              
       かわぐち かいじ 「ジパング(40)」
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月10日(日)

「岐阜・長良川ラフティング(1)」

テーマ:岐阜・長良川の旅
   大切なのは
   どのように死んだのかではなく、
   どのように生きたかである。
     ラファエル・E・ピノ

世界50ヵ国以上、旅をしていてラフティングをしたことがなかった・・・。今回の旅でも初めてラフティングをする人のほうが多かった。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
中には泳げないばかりか、顔に水をつけることさえ怖いという参加者までいた。それでも、まだ水も冷たいのでウエットスーツ着用、もちろん救命胴衣も着用しているから浮いていられる。初心者でも泳げなくても安心して参加できる。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
「いち、にぃ!、いち、にぃ!・・・・・・」声を合わせて川を下る。気持ちいいぞ!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
急流を乗り越えると、みんなでパドルを合わせて「イェーイ!」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
だから、この体勢は・・・肋骨が・・・いてぇー
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
そして、また急流に挑む。何度も何度も・・・。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
川を上ってサーフィンのように波に乗る遊び!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
波がドッと押し寄せて、まったく前が見えない・・・。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ラフティングが、こんなに面白いって知らなかった。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
「パドルを流さないようにしっかり握っていてくださいね。取りに行くのが大変ですから」
ガイドのHIDEの言葉をしっかり守ったオレは必死でパドルが流されないように握る。この「サーフィン」遊びでパドルが持っていかれそうになった・・・「このヤロー」って渾身の力をこめて引き上げると・・・あまりの水圧にオレのパドルは曲がってしまった。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
このパドル・・・もう使えない・・・。
あぁ、やっちゃった。ガイドをやってくれたアースシップ のアキラ、HIDE、ともや、ゴメン!

今日の一曲 


   教師が楽しんで教えれば、その気持ちは生徒に伝わる。 

              小柴昌俊
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月09日(土)

「大人の火遊び」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   お客さまとよく話す店員は不良在庫を作らない
     
『東急ハンズの秘密』 和田けんじ(著)

「岐阜:雪解けの長良川でラフティング&洞窟探検 3DAYS」 の報告を続けよう!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

アウトドア料理を作って食べて、火を囲んで語りキャンプする。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
たったこれだけなのに、何でこんないい顔してるんだろう・・・。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
子供のように、いい顔してるよ、いくよ。火って凄い。人の表情をここまで変える力がある。まるで生きる力を与えてくれるかのような炎。なぜか全員で火遊びに夢中になった。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ビールが入ってますます上機嫌になるオレ。いつも以上にキャンプの夜は「語り部」になる。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
夜と日中の寒暖差は激しかった・・・。予想をはるかに超えて寒くなる夜。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
※写真提供 てらっち
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
岐阜まで火遊びをしにいったわけではない。
水遊びをしに行ったのだ。ということでメインのラフティング画像を楽しんでほしい。


今日の一曲 → い・け・な・いルージュマジック


   「これは、今のお客さまのニーズに合っている」
   と判断したら、すぐ商品の導入に動きます。
   商売という観点から見れば、
   「はっきりとした需要が確認できない商品」、
   言い換えると「売れるという確信がない商品」を
   仕入れるのは冒険です。しかし東急ハンズでは、
   「お客さまの求めているものは、これでは」という
   「提案」こそが重要と考えられているので、躊躇はしません。


      
『東急ハンズの秘密』  和田けんじ(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年05月08日(金)

「思いがけずできたカヌー、気持ちよかったー」

テーマ:岐阜・長良川の旅

   年をとったから遊ばなくなるのではない。
   遊ばなくなるから年をとるのだ。
       バーナード・ショー


GW中、都会の喧噪から離れて山の中だったので、今更ながら、このニュースにショックを受けている。
<忌野清志郎さん死去 58歳>  
80年代「スローバラード」「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」 なんて何度聴いたかわからない。もう、彼の生歌を聴くことはないのか・・・。ライヴに行きたかった・・・。ずっと、いつかライヴに行きたいと思っていた。「いつか・・・」はやってこないこともある。

気を取り直して、GWの濃い旅 報告をしたい!これがオレにとって「生きてる証」。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
※写真提供 てらっち

道路が予想以上に空いていてキャンプ場に早くに着いた。そこでアースシップ ・ガイドのアキラから提案があった。「カヌーやりたい人いますか?」
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ラッキー!体験レッスンということで無料で全員がやることになったのだ。臨機応変に旅程を変えていくのが地球探検隊流。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

オレはシーカヤックはやったことはあったが、カヌーは初めてだった。海も山も好きだが、何より川が好き!
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
ふ~か、笑顔が素敵だね
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
初めて参加した、さお。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
手前は初参加かとちゃん。なんと山形から軽自動車に乗って参加!奥は最年長、ひでぼぉ。


沖縄の旅から探検隊2度目の参加になった、てらっちが掲示板に書き込む・・・


はいさい。てらっちです。
カヤック、料理作り、火を囲んでの語らい、ラフティング、
BBQ、火遊び、ケイビングと、
本当に、3日間、楽しかったですねー。

いろんな面白さのツボも、思い出すと、面白すぎです。

・あきらかに小さい中ジョッキ600円
・名言1、やんちゃはしても、おいたはするな
・名言2、わたしに触ると火傷するよ
・名言3、大人の火遊び

・えりんぼ、薪で火遊びしすぎ
・ラフティングでパドルが曲がった
・こじが4mの崖から、「うゎ、怖ぇ~」っていいながら飛び込んだ
・ろくさんの、ろくにょっき
・いくよの、いくらちゃんのモノマネ
・みんな、火を燃やし過ぎ
・ケイビングでの、ひでぼぅの曇っているメガネ
・実は持って来ていた、ずーの楽器

たぶん、他にもいっぱい。
僕の中では、ろくさんのろくにょっきは、ツボでした。

今回の旅のキーワードはたくさんあるが、やっぱりチーム名になった「大人の火遊び」がダントツかな。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT

   相手の弱点を知りたいなら、
   まず自分の弱さを曝け出すんだな。

   それが一番、
   確かで真っ当なやり方だよ。

   「福音の少年」 あさのあつこ(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)