2010年05月21日(金)

「行きたいです、小笠原!!・・・無念!」

テーマ:小笠原の旅

   「なかなかうまくいかない」のも
   原動力になっているかもしれません。
   失敗するたびに
   「次こそ頑張ろう」と思うから。
         仲代達矢

今回の小笠原の旅、催行に向けてツイッターやブログで告知協力してくれた友人・知人、そして隊員たちに感謝!結果は最少催行人数の7人集まらず4人。
旅は不催行となった。
「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
申込者の中には電話で話したら「隊長の話を聴いて、もの凄く行きたくなりました!」って言ってくれた人もいた。隊員たちの「憧れ」や「夢」のサポートができない・・・隊員をガッカリさせてしまった。旅を勧めたオレはかなりショック!役に立ててこそ、喜ばれてこそ、なんぼの世界・・・「天気が悪いのもオレのせい」くらいに毎回旅に臨むオレ。だからこそ運を引き寄せると思っている。だから、こういうときの無力感も大きい・・・。

「なぜ、休みが取りにくい時期に企画するのですか?」
よく質問される。みんなが休みが取れるピーク時の小笠原は人で溢れるのだ。現地にとって繁忙期に地球探検隊の存在は不要なのだ。だから、ちょっと集めにくいときに現地に協力したいと思っている。繁忙期であれば最少催行人数は20人を超えてしまう・・・それは、また地球探検隊の旅らしくないと思うのだ。

今回のスタッフtommyの手紙 の返信・・・

私も友人3,4人に声をかけてみたのですがなかなかつかまらず、とりあえず一人entryした次第です。お休みを取るのがちょっと厳しいようです。こちらでも興味ありそうな人に引き続き声掛けてみます。
行きたいです、小笠原!!

メールありがとうございます。わたしも小笠原には憧れがあり、今回ツアーに参加したいと思います。本日、振込みさせていただきました。催行されることを祈っています・・・。よろしくお願い致します。

さて、小笠原の件で思わず筆をとりました。じつは年末一人で小笠原に行き(父島)、しかも竹ネイチャーアカデミーにお世話になったからです!!ガイドの竹さんは色々なことを教えてくださってとても楽しかったのと、イルカに対する姿勢にとても好感を持ちました。私は冬に行ったのですがボニンブルーは夏に行ってこそ堪能できると思います。今回は行けませんが、海も山もある素敵な小笠原をぜひ楽しめるようお祈りいたします。

写真がめちゃきれいで、惹かれますが、やっぱりお休みはとれないです。だんだん自分一人では休みが決められなくなって、こうやってみんな親父になっていくんだろうなぁと思う今日この頃です。催行されるよう願っております。

スッゴク行きたいけど、今回は、力になれなくてごめんなさい・・・・・・

そんな中、不催行を決定した後、
・小笠原のツアーはもういっぱいですか?

・6月末からの小笠原の旅、締切後に気が付きました。今からの参加はむずかしいでしょうか。ダメもとで問い合わせさせていただきます。お返事お待ちしています・・・

なかなかうまくいかない・・・だからこそ、ベストを尽くしたい。

すでに申し込んでいる隊員のために、一日でも一時間でも早く催行を決定したい。これからも発信する努力を続けたい。

さぁーて、気持を切り替えてやるぞ!

   バスケットボールの神様と呼ばれた
   マイケル・ジョーダン選手でさえ、継続しているから
   成功しているのです。
   好きなバスケットボールだからこそ、
   外した何倍もシュートを練習してきたのです。
   あなたは、何本シュートを打っていますか

   『成果を生む人が実行している朝9時前のルール』
   大和書房 美崎栄一郎(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年05月12日(水)

「小笠原、5/14(金)が最終締切!」

テーマ:小笠原の旅

   仕事をやっていくうえで大事なのは、
   「自分に対する想像力」を持ち続けること。
   「自分にはもっとこんなことができるのではないか」
   と自分を駆り立てていける。
          「THE21」蝶野正洋

昨日、初めて小笠原の旅 に同行する、船にはめっぽう弱いスタッフtommy が、最後のお誘いメールを配信した。


こんにちは
「地球探検隊」の冨永です。

春頃から、ソワソワしていることがありました。
それは、初めての島、小笠原のツアーに参加 することを決めたことが理由。

船にはめっぽう弱いけれど
25時間の船旅をするしか上陸方法のない、
人を惹き付けてやまないあの島には、きっと何かがあるに違いない。
「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
目が奥がジーンと痛くなるくらいの深い青、
ディープブルーの海で遊びたい。
ちょっとドキドキするけど、イルカに会ってみたい。
ガイドさん自慢の新しい宿 でのんびりしたい。
仲間と一緒に、小笠原で時間を過ごしたい。
「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
祝祭日のない6月の日程なので、お休みを確保するのが難しい・・
との声をたくさんいただきました。
正直言うと、まだ催行人数には達していません。

でも、自分のように、
いつかは、
いつかは小笠原に行ってみたい、と思っている方が
まだたくさんいると思い、最後の声かけをさせていただきました。

一緒に小笠原の海で夏を過ごしませんか?
「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
ご予約は5/14(金)が最終締切です。

●小笠原:ひと足早く、夏の海で遊びつくせ!●
2010年6月27日(日)~6月30日(水) 4日間
*東京・竹芝からの最短日程:6月26日(土)~7月1日(木) 6日間

詳細・ご予約:
興味のある方、ぜひご連絡ください。
お待ちしております。

*明日(水曜日)は定休日となっております。
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
 株式会社エクスプローラ「地球探検隊」
 冨永奈穂子

 〒160-0022
 東京都新宿区新宿1-35-8 明石ビル2階
 電話:03-3353-4455 Fax:03-3353-4577
 営業時間 / 平日 11:00~19:00 *水以外
         土日 11:00~18:00     
 定休日 / 水・祝
 http://www.expl.co.jp
 mailto:mail@expl.co.jp
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*


出来たばかりの「ハートロックビレッジ」 に泊まってみたい・・・

Tommy がGWに行った「南米ペルー 3泊4日インカトレッキング」 ~ 朝日に輝く空中都市マチュピチュを求めて ~の旅話もたっぷり聞けるよ!


   <権利と義務>
   給料をもらって働くか、働いて給料をもらうか。

   前者は権利が先に立つ。
   後者は義務を先に果たす。

   一体、どちらが求められる存在となるであろうか。
       
        「平成進化論」 鮒谷 周史
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年04月11日(土)

「気弱になってわかる、健康が一番!」

テーマ:小笠原の旅

   「それは斎藤のうぬぼれど。
    『自分はスーパーマンだ!』と思いすぎちょるから
    現実とのギャップに苦しむんど。
    最初はの、『自分は何もできないダメなやつだ』と
    認めることからど。
    そこから一歩ずつ、自分が得意だったり、好きなことを磨くんど」
    
『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』

                 齊藤正明(著)   


昨日に引き続いて旅はリスクを伴うということ。

オレの肋骨。だいぶ痛みは治まってきたが、来週とても走る気にはなれない。どうしよう・・・。12名満席日帰りの旅 が待っている。 さらに来月の連休にはラフティング もある。こちらも13名満席だ。

先月、3本の旅、3本のイベント、3本の講演・・・詰め込みすぎなスケジュール小笠原 での出来事。

「ここから陸まで泳いで今晩のおかず、タコを捕りましょう!」
ガイドの竹ちゃんがいう。

途中、後ろをふり返ると、
一人の隊員タツコがパニックになっていた。

 個人的に、タコがとれた沖までのシュノーケルは
 どうたどりついたか覚えて無いほどパニックに陥ってました。
 人はこうやって溺れていくんだ..とも考えた!
 あの時は隊長ありがとうございました。仏様のように見えました(^_^;)
 タツコ

オレは「大丈夫!オレもパニクってるから。そばにいるから」
とわけのわからない言葉をかけてタツコに近寄った。オレにも余裕がなかったのだ。シュノーケルに慣れていない自分がもどかしかった。

このタコ捕りの後、何度シュノーケリングをやってもうまくいかない。初めて度付き水中ゴーグルをつけて「見えすぎる・・・こんなに深いんだ・・・」何となく見えていた今までとのギャップに平常心でいられない。

さらに鼻呼吸に慣れているせいか、鼻で息をはいてしまう。結果、ゴーグルから水が入って水中で立つことになる。するとシュノーケルから海水が入ってゲホっとなる。ウエットを着用しているから、どんなに深くても沈むことはない。焦らないでも溺れる心配はないのだ。頭でわかっちゃいるが、「なんでだ!」と今まで普通にできていたことができない自分に焦ってしまう。オレはパニクったまま、ボートまで夢中で泳ぐ。必要以上に力が入って疲労困憊。ガイドの竹ちゃんにクルーザーに引き上げられた瞬間、フィンで足をバタつかせた勢い、荒れる波の勢い、ボートの傾きがドンピシャでオレの肋骨を強打。

それでも、その後、ドルフィンスイムを平気でやっていた。この日が3/23(月)。


そして翌々日、25日(水)小笠原を発って25時間半の船の中、寝返りがうてない・・・。まったく花粉症なのを忘れるくらい小笠原には花粉が飛んでなかったのに、東京へ着くと「ハックショーン!」
肋骨に激痛が走る。クシャミがこんなに怖いなんて。鼻もかめない。深呼吸ができない。笑っても肋が痛い日々・・・。なんてこった!

27日(金)オフィス近所の整形外科に行くも、よくわからない。軟骨のヒビはレントゲンにはよく写らないらしい・・・。

これは「当たり前と思っていることに感謝しろ!」というメッセージだ。

ここ何年も怪我も病気もしたことがないオレは、ちょっと肋骨が痛いだけで、すべてのモチベーションが下がってしまった。

娘とハグしても「いたぁ」
満員電車でも「イタタァ」
クシャミをしても・・・

来週、保険の資格更新試験、旅行業の登録更新・・・山積みの仕事は待ってはくれない。でも、なぜかやる気がしない。改めて思う。やはり健康が一番。

がんばれ!オレ。がんばれ!47歳のカラダ。

今日の一曲 → 吉田拓郎「ファイト」


これから新潟・小出国際雪合戦大会 の写真交換会!20人中、14人が集結する。


    「でもの、いくら自分を磨いたって、人間できないことばかりぞ。
     さっき言ったとおり、
     おいどーも海に出るとできないことばかりど。
     『完璧』を目指せば目指すほど、
     自分にできないところが目立って落ち込む。
     結果、完璧とはより遠くなるんど」

     
『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』

                 齊藤正明(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年03月27日(金)

「感動のドルフィン・スイム、空飛ぶクジラ in 小笠原」

テーマ:小笠原の旅

   人生は感動の歴史である
    ジョージ・ウッドン


一昨日は夜中に何度も起きて
「パパ、かゆくて眠れない・・・」
そう言って全身じんま疹がでていた娘の未空も、昨日、帰宅すると、すっかり良くなっていた。一昨日は何かとんでもない病気にかかったのかと思うくらい顔も手足も酷い状態で、ただ抱きしめることしかできない自分に無力感を感じていた夜がウソのようだ。


3月の小笠原の天候も変わりやすい。
雨かと思えば晴れ、日差しが痛いと思えば急変して寒くなったり・・・。

伊豆大島MTBの旅から戻ったリピーター隊員じぶがmixi「地球探検隊」コミュ に書き込んだ。

 先週のこの日は欠航が決定し、土曜の朝に全てをかける(?)といった状況でしたね。そして土曜も朝から2便が欠航。それでも大型客船で大島にたどり着き…さすが探検隊!奇跡を呼ぶ旅行会社!奇跡を呼ぶ隊長!奇跡を呼ぶ隊員達!と痛切に思いました・・・。じぶ


今回も小笠原の旅でも奇跡を呼ぶ旅が待っていた。
「地球探検隊」中村隊長のビタミンT
※写真提供 トロ

本来、島中を探してもなかなか見つからない野生のイルカが、向こうから近づいてきたのだ。現地ガイド、竹ちゃんの合図「どうぞ!」でクルーザーから一斉に海へ飛び込んだ。

オレが一番最後に飛び込む。
奇跡が起きた!

飛び込んだ瞬間、3頭のイルカがオレの目の前にいた。手が届くかと思うくらい近くで、イルカが3頭並んでオレに微笑んでいるように見えた。今までのドルフィン・スイムとはまったく異次元の体験だった。見えなくなったと思った3頭が再び戻ってきたのだ。好奇心いっぱいのミナミハンドウイルカたち。隊員たちの興奮は最高潮に達した。

残された課題はホエールウォッチング。
最終日、ブローが見えた。
「あっ!いた!」この瞬間を共有できる仲間がいるのが嬉しい。

その後、信じられない光景が・・・突如、ザトウクジラがブリーチングしたのだ。イルカは1年中見ることができるが、ザトウクジラは、この時期にしか見ることができない。

オレたちのチーム名は「空飛ぶクジラ」になった。

  最高だけを望んでいると、最高のものが手に入るのが、
  人生のおもしろいところだ。

       W・サマセット・モーム

いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年03月26日(木)

「小笠原の旅から、ただいまー」

テーマ:小笠原の旅

   親はなくても子は育つが、子供がいないと親は育たねぇ。
              宮部みゆき


昨日、小笠原の旅 (6日間)から戻った。

おがさわら丸から電話すると、
妻は風邪、長女、未空(みく)が原因不明の発疹がでているという・・・。

それでも駅まで家族全員が迎えに来てくれた。階段を下りると未空、七海(なつみ)が「パパ、お帰りなさい!」と駆け寄ってハグしてきた。


今回も旅の土産話をたっぷり話そう。ちょうど「世界ふしぎ発見!」 で我らがガイド、島一デカイ、竹ちゃん が出演していた。HDDに録ってもらったから、TV見ながら旅を語れる・・・。

今朝は風邪っぴきの妻に替わって、未空を皮膚科に連れて行き出社。風邪からくる「じんま疹」と診断されて一安心。自分だけでなく家族が健康で元気だからオレも旅ができる。

感謝の旅報告は、明日以降に!
今日も家族で夕飯食べよう。


明日は、オフィスで月イチパーティー
いい気がみなぎる空間になりそうな予感。



   言葉は自分の意思と、自分の心理を相手に伝える
   情報伝達の方法のひとつです。
   元気がないから、店全体に「活気がない状態」なのです。
   「気が充満」してないのです。
   気は、元気・活気・やる気などを言葉と行動によって
   相手に伝えることから、その人の周りに「気」が生じます。
   それが、お客様をこの店に引き寄せる「磁気」となって
   お店が賑わい繁盛店になるのです。

               一瀬 邦夫

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月27日(水)

「小笠原・父島へいこう!」

テーマ:小笠原の旅
   どうもいくら呼んでも山は動きたくないらしいから、
   私の方から行こう。
        マホメット

最近、嬉しいことがあった・・・。
TV「ガイアの夜明け」に出演した友人、『ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ』 代表、高萩徳宗 (たかはぎのりとし)。

彼の会社は「旅を通じて、あなたの夢の実現を応援する会社」がキャッチフレーズ。オレが旅行業界でもっとも気持ちよく話せる男なのだ。そんな彼が、ブログやメルマガで応援メッセージをよせてくれた。ありがとう、高萩さん。高萩さんのブログ<小笠原へ行ってみたい人へ。>

小笠原
スタッフなぐ が、「想いと覚悟」を綴った号外メルマガを発行した。

こんにちは。
「地球探検隊」の南雲直樹です。

1月、小笠原・父島の展望台から海を見たとき、
この海にクジラがいるんだ・・・そう思いワクワクしました。

<小笠原報告:ブログ「ルート79」>

実際に小笠原に行き、縁があって気持ちの通じ合うガイドと出会い、大人の修学旅行「小笠原・父島:ディープブルーの海で遊びつくせ!」を企画しました。

募集を開始して、「興味がある」、「行きたい」という声が聞こえていながらも、当初予定していた締切の2/19が近づいてきても、なかなか集まらないことに少し後ろ向きになりました。

「25時間30分の船旅は長く思うんだろうな・・・」とか、
「国内で6日間の日程は難しいのかな・・・」とか、
「年度末だから・・・」とか、いろんな理由をつけていました。
でも、そんなのはやっぱり言い訳にしかすぎず・・・

そんな時、すでに申し込みをしている一人の参加者からの、
「休みをとっても大丈夫ですか?」
という言葉を聞いたときに、目が覚めたような気がしました。

そして、決めました。
催行するということを。

現段階で、参加者は当初予定していた催行人数には達してはいないけれど、催行します。

すると、すーっと霧が晴れたような気持ちになりました。小笠原の海ではしゃいでいる僕たちの映像が鮮明に見えてきます。きっと、少人数での家族旅行のような旅になると思います。

探検隊の仲間といっしょに、「クジラやイルカに会いたい」「ディープブルーの海で泳ぎたい」「初企画を実現したい」そう思っています。

お申込みの締切りを、2/28(木)まで延長しました。
いっしょに、クジラの泳ぐ海で遊びませんか?
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「小笠原・父島:ディープブルーの海で遊びつくせ!」 
 ~25時間30分の船旅、シュノーケル、ドルフィンスイム、ホエールウォッチング~
日程: 2008年3月19日(水)~3月24日(月) 6日間
発着場所:東京・竹芝
定員: 12名
同行予定: 南雲直樹  
>>詳細・お申込みはこちら
http://www.expl.co.jp/shugaku/kikaku/kokunai/ogasawara0319/index.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オレが来週に行く「アラスカ・オーロラ」の旅は受付締切日に満席になった。 7人だった参加者が14名満席となったのだ。その後、一人だけ仮予約キャンセルとなったが、一昨日「航空券が取れれば行けますか」と、また一人増えて14人となった。

アラスカの旅・・・おそらく、一生思い出に残る楽しい旅になると思う。オレには未来がイメージできている・・・。一緒に旅に参加する隊員も、たった一人キャンセルになってしまった、あなたにも、4月に発売されるオレの本の言葉を贈りたい。

人生は選択の連続だ。みんな正しい選択をしようとするが、正しい判断なんてないのかもしれない。「正しかった」って自分自身に証明する努力を惜しまないだけだ。問題は後悔しない選択をすることじゃなくて、その選択を肯定して生きていくこと。

4/10発売予定 「地球探検隊」隊長 中村伸一著 『感動が共感に変わる!』~ 人をつなげ、夢が広がる人生の楽しみ方 ~ より

小笠原の旅も明日で受付を終了する。また奇跡はおきるのか・・・。小笠原もスタッフなぐも、あったかいよー。
ゴメンなさい。本日水曜は定休日となっています。

   人生において安定など存在しない。
   あるのはチャンスだけだ。
      ダグラス・マッカーサー

いいね!した人  |  リブログ(0)