1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月16日(水)

「アラスカ・オーロラの旅の素敵ロッジ」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅

   自分に一番期待しているのは自分自身。

   中央大学 澤村拓一

 

アラスカ・オーロラの旅で初めて宿泊するムースマウンテンロッジ、
ヤートの写真が送られてきた。

年末年始、満席となったツアーに同行するヤマディ副隊長のテンションマックス! 

「隊長、テンション上がる メッチャいい!」

 


なんとジェットタブまでついてる贅沢なロッジ!


オレが同行する来年3月は、もうすぐ催行決定!
このキッチンにテンション上がる!

 


隊員たちに何を料理しようかな・・・隊員の「旨い!」って
声が明確にイメージできる。
シェフ並みに最高に旨い料理を作りたい!

 

 


最高の時間を一緒に過ごしたい人、申込待てってます!

   自分を高めるためにはどうしたらいいか、

   そのアンテナは結構張っている。

   福岡ソフトバンクホークス 小久保 裕紀

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年10月26日(水)

「赤いオーロラを観にアラスカへ行こう!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅

   <成長のヒント>
   自分は どんなバトンを受け取っていて
   何を待っている人たちに
   どんな形でバトンを渡すのか?
   人生は、チーム戦。
   人生観が共有できる人たちと どれだけ心を通わせて
   どこまで目指すか、を明確にしてみれば
   今、自分が持っているバトンと渡し方が分かってくるはず。
   小田真嘉


赤いオーロラが出るのはアラスカならでは!


緑色の中に赤いオーロラが観えた途端、隊員たちの歓喜の声が
頭のテッペンから出るのが、毎回楽しみだ。笑


来年3月、オーロラ出現率30勝1敗の俺と観に行きませんか?
今までのキースロッジではなく、マウンテンムースロッジで
地球探検隊の完全貸切になります。

年末年始ヤマディ副隊長 Kouhei Yamada と行く
オーロラの旅、残席1名!早い者勝ち!
来年2月 マサ安藤さん Masayasu Ando と行く北極圏ドライブ、催行決定!
来年3月 俺と行くオーロラの旅、もうすぐ催行決定!
予約受付中!

 

   <成長のヒント>
   自分の本質を活かし 本領を発揮するには
   心の温度を上げること。
   そのためには 仕事を通じて
   熱心に、誠実に、献身的に 人と関わっていく。

   人に深く向き合おうとするほど
   自分の出番、役割(ポジション)が出てくる。
   そこに 完全燃焼して、全うしようとしていたら
   完膚なきまで打ちのめされることもある。
   いかに愛が無いのか痛感することもある。
   しかし その体験を乗り越えた先で
   人生を教えてくれる人
   本質を引き出してくれる人 未来を語り合える人
   支えてくれる人たちとの 良きご縁に恵まれる。
   小田真嘉

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年09月21日(水)

「AURORA WONDERツアー2016 中垣哲也」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅

   誰かに背中を
   押してもらって初めて
   前へ踏み出せるんですよ。
   「みをつくし料理帖09─美雪晴れ」、高田郁(著)


9月19日(月・敬老の日)
中垣哲也さんの上映トークライブに行ってきた。


場所は俺もトークライブをやった、
横浜・関内の「Bar De 南極観測料理人 Mirai」
「Mirai」に行くのもオーナー篠さんに会うのも久しぶりだ。懇親会にも参加した。


中垣さんとは長い付き合いになるのに
上映トークライブを観るのは今回が初めてだった。
想像以上に良かった。
是非、大切な人と一緒に観に行ってほしい。

ロマンチックな夜になることを保証するから 笑

「流れ星」の映像が
コマドリした写真を重ねて映し出されるから動く・・・
あなたは星に何を願う?

無性に星が見たくなる。
オーロラがみたくなる。
夜空を見上げたくなる・・・・・アラスカに行きたくなるはず。

雄姿デナリ(マッキンリー)、デナリ国立公園、
秋の紅葉シーズンのデナリハイウエイ、
冬の北極圏ドライブ・ダルトンハイウエイ、パイプライン、
そして、夜空に舞うオーロラ。

すべて俺も実際に行った場所だった。
つくづく今まで本当に良い旅をしてきたんだなーと
感慨に浸る時間だった。

俺も「もっと世界は美しい、地球は美しい」って
伝えていかないと!

中垣さんが日本全国を縦断する。
お近くの方は是非、足を運んでほしい。
 AURORA WONDERツアー2016
 
 9月22日(木/祝)<池袋>Gallery K
 9月24日(土) 湘南台文化センターこども館 プラネタリウム
 9月25日(日) 湘南台文化センターこども館 プラネタリウム
 9月26日(月) ニッコウトラベル説明会
 9月27日(火) <新橋>アルパインツアー旅行説明会
 9月28日(水) <渋谷区幡ヶ谷 >マイスタァ
 9月29日(木) <渋谷区幡ヶ谷 >マイスタァ
 9月30日(金) かわさき宙と緑の科学館 プラネタリウム
 10月 1日(土) かわさき宙と緑の科学館 プラネタリウム
 10月 2日(日) 八王子市由井市民センター
 10月 7日(金) <郡上>オーガニックカフェ
 10月 9日(日) <名古屋>老久
 10月10日(月/祝)<愛知県>半田空の科学館 プラネタリウム
 10月11日(火) <名古屋>
 10月13日(木) <京都>戒光寺
 10月14日(金) <京都>戒光寺
 10月15日(土) 寝屋川中央公民館
 10月16日(日) 金沢歌劇座
 10月17日(月) 石川県かほく
 10月18日(火) <富山県氷見市>湯の里いけもり
 10月20日(木) <富山県南砺市>法林寺温泉
 10月22日(土) 福井県敦賀市立児童文化センター
           (敦賀市こどもの国)
 10月23日(日) 大津市科学館 プラネタリウム
 10月24日(月) <大阪府>和泉市生涯学習サポートセンター
 10月25日(火) <大阪市>アルパインツアー説明会
 10月26日(水) 西宮市大学交流センター
 10月27日(木) 大阪市Guittone
 10月28日(金) 大阪市Guittone
 10月29日(土) <神戸>こうべまちづくり会館
 11月 1日(火) 宇部プラネタリウム
 11月 2日(水) 宇部プラネタリウム
 11月 3日(木) 宇部プラネタリウム
 11月 5日(土) 北九州市立児童文化科学館
 11月 6日(日) 北九州市立児童文化科学館
 11月 8日(火) <福岡>アルパインツアー説明会
 11月 9日(水) <佐賀県>嬉野市
 11月10日(木) <長崎県南島原市>星のきかんしゃ
 11月19日(土) <高知県>高法寺
 11月20日(日) <高知県>日高村ターシャ
 11月23日(水/祝)<大阪府>枚方市

 どこかでお会いできれば幸いです!
 中垣 哲也

満天の星空を観たくなったら10月のミクロネシアの無人島・ジープ島

または11月のモロッコ・サハラ砂漠へ。

 

オーロラを観たくなったら

年末年始、2月、3月のアラスカ・オーロラの旅へ是非!

申込、待ってます!

 

<アラスカ・オーロラ旅ブログ>

   愛する人の心の
   よりどころになることは、
   何かをすることではない。

   ただそこにいて、
   愛情に満ちた時間を
   分かち合うことなのだ。

   「その人」にもっと愛される心理学、バーバラ・アンジェリス(著)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月04日(月)

「新しく生まれ変わったオーロラの旅!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   思い続けた夢がかなう日の朝は、 
   どうして心がシーンと静まり返るのだろう。 
   星野道夫
  
オーロラを観に、「冬のアラスカ」に行こう!2016

15シーズン目に入った地球探検隊のオーロラの旅。

新しく生まれ変わりました!

オーロラを待つ舞台となったのは、 
14シーズンまでアラスカ・フェアバンクス、 
ハンティングガイドのキース爺と、 
ユピック・エスキモーの奥様ベルマが住む、 
森の中の手作りロッジでした。
 
ただ、ここ最近は「地球探検隊」以外の参加者も多くなり、 
今までのように、「非日常」を味わえる、 
静かでゆったりと流れる特別な時間がなくなり、 
雰囲気が一変してしまいました。

そこで新たなロッジを発見!


「地球探険隊」貸切で実施できるようになりました。 
初めてなので、何が起こるかわかりません。 
そこにワクワクドキドキする人だけが集まって、 
オリジナルな旅を一緒につくりませんか?
 
焚き火用ファイアーピットで焚き火を囲んで  
オーロラ観測ができたり、 
4人用屋外ホットタブがあるので、 
今までとは違った楽しみも味わえ、 
今までオプションで現地払いも多かったのですが、 
今回の旅からチナ温泉も犬ぞりも、料金に含みました。
 
オーロラの旅リピーターをも、満足できる内容だと思います。

参加者一人ひとりが主役となり、  
誰もが出番のある旅が地球探検隊。 
仲間と喜びを分かち合うのが地球探検隊の旅です。
 
みんなが誰かの役に立ってる、誰かに必要とされる、 
そんな、みんなで創る旅をしてみたい方、この指とまれ!

オーロラの旅 年末年始&2017年3月、受付開始!



     目に見えるものに価値を置く社会と、  
   見えないものに価値を置くことができる社会の違いをぼくは思った。 
   そしてたまらなく後者の思想に魅かれるのだった。
 
   星野道夫
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年11月17日(火)

「懐かしいオーロラの旅写真!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   逆転のチャンスがあるからね。
   まだ諦めるのは早いよ。
   「火星に住むつもりかい?」伊坂幸太郎

昨年末2014~2015年、オーロラの旅に参加した隊員の体験談と写真をブログにアップして、

フェイスブックに投稿すると、2009年3月アラスカ・オーロラの旅 に参加した隊員スーが

「これももしよかったら使って。みんなに感動してもらいたい( ´ ▽ ` )ノ」
って、コメントが届いた。感謝!

スーの写真をシェアしたい。







※チナ温泉にあるアイスミュージアム

※キースの職業はハンターでたくさんの毛皮がロッジに置いてある・・・。


※犬ぞり体験を楽しみにしている隊員も多い。


※マイナスの世界でシャボン玉・・・結果はどうなる???





そういえば、3月のオーロラの旅は、ここ最近、実施していない。

2016年は、俺が同行するかと思ったが、2月にもマサ安藤さん同行の

冬がアラスカの旅だらけになってもなぁと・・・
それなら、ジープ島を3月の連休にと思って問い合わせると、すでに
人気のため、3月に貸切できる日程がない。


   夢のない生活なんて、
   障子紙を貼ってない障子みたいなもんじゃないですか。
   枠だけですかすかってことです。
   見通しがよすぎて落ち着かないし、
   通行人からも家のなかが丸見えで、
   風とか蚊とかどんどん入ってきて、不便!
   すぐにダメになりますよ、そんな生活。
   すごくわかりにくい比喩だけど、
   「夢とは、外界からの視線や風を防ぐ膜。
   つまり障子紙のようなもの」。

   「あの家に暮らす四人の女」三浦しをん
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年11月16日(月)

「最終日に最高のオーロラが見えるなんて!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   ほんとうに自然は、
   なんという職人なのでしょう。
   こんなにはでで、しかも調和のある、
   きらびやかなもようを生み出すなんて。
   「岸辺のヤービ」梨木香歩

「大人の修学旅行」には、海外在住の人も参加するケースがある。
カナダから参加したえりも、その一人。

隊員えりのオーロラの旅 のアンケートをシェアしたい。

お名前:えり
職業 カナダでベビーシッター
地球探検隊参加歴:初参加

出費はオプション全部参加したので、350ドルくらいと、
チップ20ドル位と、食費,飲み物50ドルくらいです。

皆んなで楽しみ感動する喜びは、心から感動するし、
なんとも言えない感情がこみ上げてきて本当にいい旅でした。
失敗は特にないけど、この旅のメンバー半分が、
私人見知りだから~って言ってたにも関わらず、
最後には、そんな雰囲気全くなくて、みんなが仲間になれた。

ましてや、初参加だ1人だと、不安だろうけど、
隊長 の人柄と、地球探険隊の隊員となら、
そんな不安なんて、無駄ってことにスグきずくと思う。
そして、地球探険隊の旅は癖になると思った!!

これはヤバイっっっ!!!
でも年末年始、この旅で1年のストレスが吹っ飛び、
今年から自分の視野を広げて、物事を考えれそうな、
いい1年の始まりになって、大袈裟かもだけど、
私の人生変われそうな気分にさせてくれた、素晴らしい旅でした❤

以下、時系列にまとめました!

地球探検隊初参加、初オーロラツアー。
1週間前から現地の天気予報を、チェックしていたが、
私の行く間、ずっと曇り。しかも時々雪!それは当日まで変わらず、
私はほとんど諦めていた。

その代わり、予報は寒くなら無さそうだったので、オプションの、
アイスフィッシングと、犬ぞりを楽しみに、出発した。
到着して、空港で初めましての隊員たち数人とホテルへ行き
夜ご飯を食べに行った。

そこでは隊長を始め、
皆んなが根拠のない自信(絶対オーロラは現れる)100%で、
見れないなんて事はない!と…だんだん、
私も見れるんじゃないかって思えてきた。
2日目。ロッジに行き早速オーロラ鑑賞!その夜うっすらオーロラは現れ、
カメラにはハッキリと、映し出され、皆んなのテンションは上がった。

暇な時間はダラダラと、皆んなと飲みながらのお喋り。

1日が短く感じるほど楽しくっあっと言う間に過ぎてった。
一人一人の色んな体験談が、あー地球探検隊の隊員は
経験も豊富で話も面白くて、飽きないなーって思わせてくれた。
皆んなが初対面とは思えないほど意気投合した4日間だった。


3日目は天気も悪く、それでも前日より薄いがオーロラ出現!
それでも見れた事に、また盛り上がるメンバー達!

でも最終日の次の日は、もっと天気が悪くなる予報。
私は、もう2日連続して見れたから、結構満足していて、
朝まで、呑み明かそう‼ ‼って思ってたら、
何やら外で沢山の観光客ツアーの人達がざわざわし始めた。

皆んなで外に出たら、なんと、オーロラが‼ ‼
最初は薄い色だったけど、消えることなく出ていたし、寒くもなかったので、
しばらく外で、見ていたら、なんと‼ ‼
ゆらゆら~って動き出して緑から赤色に!

もー皆んなのテンションMAX‼ ‼ ‼ ‼ ‼
まさにそれはテレビや写真の世界が目の前に広がっていた。

空一面オーロラで、何処を見ていいのか分からないくらいだった。
大勢の人達が、感動の言葉を口にし、
その空間に居てる事に感動したし、身震いした。

まさか一番天気の悪い、しかも最終日に最高のオーロラが見えるなんて!
改めて、皆んなのパワー、全日程見れる‼って言う自信に、
勇気づけられたし、パワーを貰えた。

初参加という事で、しかも海外。少し緊張と、不安があったけど、
私の旅行Best3に入る位忘れられない旅になった。
えり







2015-2016

   幸福を得る唯一の方法は
   幸福を人生の目的とせず
   幸福以外の何かを目的とすることである
   (幸福とは追い求めるものではなくて、
   あることを成し遂げた時、
   結果的に感じられる心の状態をいう)
   J・S・ミル
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年11月16日(月)

「人間の力など一ミリも及びはしない!(1)」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   小説は、文章描写の芸術である。
   しかし、ただの描写ではいけない。細部を描くことによって、
   人物なら人間性や肉体を感じさせ、
   その人の人生まで表現しなければならない。
   見城徹 「過剰な二人」林真理子 見城徹(著)

ひろみちゃんに初めて会った「旅パ!」で
「俺はオーロラ27戦26勝のオーロラ男!」必ず見えるよって断言したが、
結果、3日3晩毎日見られて30勝1敗に記録を更新できた・・・。
1年前、昨年12月、探検隊初参加だった、ひろみちゃんの
オーロラの旅 、アンケートをシェアしたい。

現地発着ツアーアンケート
お名前:ひろみちゃん
ご職業:フラワーデザイナー
地球探検隊ツアー参加歴:1回目
参加者12名 (男性2名・女性10名/隊長含む)

<ツアー中の宿泊場所について>
6人部屋は全員がスーツケースを開けるスペースがなく、狭く感じました。

<ツアー中の食事について>
みんなで作って美味しく楽しく食べました!!
事前にFBグループ作って決めていたのはナイスでした。
<スタッフ:キース&ベルマ、ジョージ&マギー 隊長に対する感想>
マギーの迫力が、、、、!!(笑)
みなさんと多分同意見。

<ツアー中の出費は?>
<合計>
約600ドル
<内訳>
・個人の食費 乗り継ぎの時シアトル空港で2回(15ドル×2回)
・シアトルの街で食事1回 16ドル
・シアトル交通費 多分10ドルくらい
・スーパーセーフウェイでの食費10ドル
・食費積立費50ドル
・アラスカ大学のミュージアム 10ドル
・フェアバンクスのホテル売店で食費&水 6ドル
・犬ぞり80ドル
・アイスフィッシング 160ドル
・チナ温泉15ドル
・アイスミュージアム&ドリンク30ドル
・レンタル防寒服25ドル
・チップ 忘れた
・お土産150ドル

<持ち物>
役に立った物(あると便利だと思った物)
・ウェットティッシュ
・カメラの三脚(必須ですね)
・カイロ(特にアイスフィッシングは冷えます)
・カメラのバッテリーのスペア(まぁ大丈夫と思って持っていかなかったら、
犬ぞりの時に思いの外、早く放電してiPhone撮影になり残念だった。)
・本は1~2冊あって良いと思います。私は旅中に一冊読み終えて良かったです!

<旅の思い出/感想>
<アドバイス>
アイスミュージアムは絶対見た方が良いと思います。(チナ温泉)

<感想>
アラスカへの旅を終えて/旅行でなく、一人旅でもなく、仲間と旅をする!

①最高のアラスカ・オーロラの旅から、ただいま!
②快適だったアラスカ犬ぞり体験!
③ アラスカで露天風呂と氷のバーへ!
④凍ったアラスカの湖でアイスフィッシング!


下記につづく
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年11月16日(月)

「人間の力など一ミリも及びはしない!(2)」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
前述のつづき

「人間の力など一ミリも及びはしない!」

自然の雄大さに対しひれ伏すような気持ちになったのは、
これまでに数回経験がありましたが、
今回のオーロラで改めてそんな風に強く感じました。
しかし、また全く違う新しい神秘的な感動を味わうことができました。
否が応でも人間を謙虚にさせてくれる。
そんな経験は貴重だと思います。

「趣味は?」
と聞かれると旅行と答えるほど、
以前わたしは旅行が好きでした。
しかし、それは帰る場所があったから。
楽しみに待っていてくれる人がいたから。
「旅先でこんなこと、あんなことがあった!
今度は一緒に行こう!」
たくさん話を聞いてもらうことが楽しみでした。
だから、 いつもワクワク楽しみに、
安心して出かけることができました。
そのことを
その場所を失った時に気がつきました。

「元気になったらオーロラ観に行こうね!」
そう母と約束しました。
でも、約束は果たせませんでした。

「幸せな素晴らしい人生を生きてね!」
母はそう言い残し、お別れすることになりました。

このオーロラは母からのギフトだったのでしょうか。
今回の旅は、中村隊長 との出会いによって叶いました!
約10年前に見つけたある本に登場していた隊長。
数カ月前、隊長に連絡を取る機会がありました。

すると、「翌日のパーティに来ないか?」との返事!

初対面で急・・・・
少し躊躇いましたが行くと答えました。

そして、年末にアラスカ行きが決まっていることを
お会いして知りました。

「俺はオーロラ27戦26勝のオーロラ男!
必ず一緒に見れる運命だから!」
と声をかけてもらいました。

「現地集合、現地解散、旅のしおりなし!
決められた日程を過ごす旅行じゃなく、
みんなで作る旅をする!」

旅行じゃなく、旅・・・・?!

少しニュアンス的な定義のような、、、?!
でも、なんかわかる気がする!

すごくいいなーと思いました。

出発前にFBグループを開始。
何して遊ぶか、何を作って食べるか
あっという間に決めてアラスカ集合。

酒班、食材班に分かれ
現地スーパーで買い出しも済ませ、ロッジへ向かいました。

誰が何をしようと、しまいと、
いつ寝ようと、呑もうと、
基本的にすべてが自由。
そして、遊ぶ時は思い切りみんなで楽しむ!

母を連れて行くことが出来なかったオーロラの旅。
せめてもの償いに散骨しました。

「一緒について行こうか?」
声をかけてくれたメンバー。

そっとしておいてくれた旅メンバー。

「これから毎日オーロラが観れていいね!」
と言ってくれたメンバー。

みんな温かかった。
素晴らしい隊長とメンバーに感謝です。
ひろみ



   悲しみが、
   ある日消えてなくなることもないだろうし、
   絶望が、オセロみたいに
   いきなり希望に変わることも、ありえない。
  
   でも、一日中ずっと泣いていた人が、
   一日の中で少しは笑える時間ができて、
   誰かと他愛ないおしゃべりができるようになって、
   そういうことが、本当に少しずつ少しずつ
   変化をもたらしてくれるんじゃないかと思う。
   いきなり変わることは、ない。
   でも逆に言うと、一日、一日、
   ちょっとずつなら変われるのかもしれない。

   「たそがれビール」小川糸
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年01月04日(日)

「アラスカ・オーロラの旅から、ただいまー!」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   思い描いたとおりに生きなくたって、
   自分が幸せだと感じられることが一番だ。
   「春、戻る」瀬尾まいこ

アラスカ・オーロラの旅から、ただいまー!
そして、新年あけましておめでとうございます。
日本最短発着12/26~1/1まで、休みの取りづらい日程にも
かかわらず11人(男性1人、女性10人)が集まった。...
ほとんどが探検隊初参加だ。

オーロラが見られるチャンスはキースロッジにいる3泊4日。
今回も全勝!これでオレはオーロラ出現率、奇跡の30勝1敗。
そして絵に描いたようなドラマチックな展開で
最終日に凄いオーロラが出現した。
まさに、みんなに見せたかったオーロラ・ダンス!
家族のように12人がオーロラに歓喜した。

肉眼で見ると白い雲のように見えるオーロラがほとんど。
カーテンのようにゆらゆら見られるオーロラは少ないのだ。
帰国後、参加者限定で作ったフェイスブックの秘密の
グループページには隊員たちの高揚する言葉が並んだ。
「みんなと会えて良かった。」「みんなと行けて良かった・・・」
気持ちが伝わってきてウルウルってきた。

今年は、良い年になる!そう確信できた旅だった。

この共感と感動を、次はあなたに感じてほしい。
今年もよろしく!

次にオーロラが見られるチャンスがあるのは

フェアバンクスから、さらに北を目指してコールドフットまでいく。
ここには北米最北端のドライブインがあって・・・発見の旅を!

地球探検隊 イベント&旅カレンダー



   実際に成し遂げた小さなことは、
   思い描いただけの
   偉大な計画よりも素晴らしい。

   アレクサンダー・ロックハート
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年12月25日(木)

「アラスカ:北極圏突入!!400Kmドライブ&オーロラの旅」

テーマ:アラスカ・オーロラの旅
   誰かの心をつかむ作品を一つでも多く、世に!
   「プロフェッショナル仕事の流儀
   漫画編集者 佐渡島 庸平」

復活!
~「アラスカの達人」マサ安藤さんと行く極地探検~

現地ガイド:マサ安藤さんのプロフィール 
愛知県犬山市出身。日本では剣道と自転車三昧の少年期を過ごし、
関西大学文学部史学科をアルバイトに明け暮れながらも卒業、
その後アラスカに留学し、猛勉強の末アラスカパシフィック大学大学院修士課程を修了。
アラスカ在住32年。ガ イドブックや雑誌などで「アラスカの達人」として紹介されるなど
アラスカが大好きでたまらないアラスカの旅のスペシャリスト。

より多くの日本人にアラスカ のすばらしさを知ってもらいたいと心から願ってやまない男だ。
また同時に武術研究を人生の課題とし、アラスカの人たちに日本の伝統文化を
知ってもらいたい という思いから剣道(錬士7段)と居合道(4段)を修行し、教授している。
2011年にはアラスカの旅行業界に貢献したとしてアラスカ州知事賞
(Governor’s North Star Award For International Excellence)を受賞。
CDL(大型2種免許)、2級通訳士など

アラスカに長く暮らしていると寒さに強くなる。
マイナスの世界でアロハシャツのマサ安藤さん。

アラスカ在住32年って、
ちょうどオレが旅行業界に入った年数とピッタリ一致する・・・。




ココでしか感じることのできない世界がある。マイナス40度を体感する。
ちなみに、この写真のトイレは、もちろん使用不可です(笑)。

私はここアラスカの地を愛し、そのすばらしさを一人でも多くの人に体験してもらいたい
という強い思いからツアー手配の仕事を始めました。冬のアラスカと言うとオーロラが
有名ですが、アラスカではそれ以外の様々な極地ならではの美しい自然現象や
風景との出会いが可能です。

フェアバンクス郊外のロッジに滞在すればオーロラは見ることはできるかもしれませんが、
人がほとんど住まない北極圏まで足を延ばしてこそ、
これらの自然現象を体験することができ、
アラスカの本当の美しさを間近に感じることができるのです。
現地ガイドMasa安藤さんより

※2011年、2010年のブログが、この北極圏400kmドライブの体験談



   世の中で役立つものって絶対なくならないんですね。
   役立つものって絶対なくならないんだけど
   役立つものよりも役立たないもののほうが
   人の人生を変えることがある

   「プロフェッショナル仕事の流儀
   漫画編集者 佐渡島 庸平」
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>