1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年02月26日(日)

「○○○専用の鰺の干物 by 中山マコト」

テーマ:仲間・友達
最近、このブログでも紹介した 友人の中山マコトさん が書いた、

この下田の話はあちこちで反響があったが、
またグッとくる物語が届いたのでシェアしたい。

下田と言う、伊豆半島突端の小さな街・・・
地元を愛し、地元のために、人生を賭ける人がいる。
こんな生き方、素敵だ!

中山マコトさんのウラマガ(3)より抜粋

★下田の女性バーテンダに本気の地元愛を見た。

2012年2月21日
────────────────────────────────
★○○○専用の鰺の干物。

下田三部作!

いよいよ、〆はある女性バーテンダの物語です。

ある日、伊豆は下田の老舗ホテルに泊まった僕は、深夜近く、
ホテルのバーにいました。


その店にはおそらく、
40代前半かな?と言う感じの女性バーテンダーがいました。

地元で、昼間は店をやりながら、夜はそのバーで働いています。


僕は彼女と馬鹿話をしながら、下田の魅力について語っていました。

彼女・・・昼間は、小さな土産物屋をやっていて、

夕方以降はお子さんに店を代わって貰い、このホテルのバーに出ています。


そのバーは、ホテル内に併設されたカラオケBOXにもお酒を届けたり、
結構、忙しそうでした。

と、カラオケBOXから大量のお酒の注文が入り、
彼女はそれを用意し、僕に、
「ちょっと店を見ていてもらってよいですか?すぐに戻りますので・・・」
と言っていなくなりました。


僕はじっと彼女の帰りを待っていました。
程なく戻ってきた彼女は、僕にお代わりのバーボンの水割りを作りながら、
突然、こんな事を言いました。

「お客さん!お土産はどうされるんですか?」

土産物屋をやっている彼女からの質問です。


当然、
”自分の店で土産を買って欲しい!”
と言う提案だと思うじゃないですか?

僕は、
「やっぱり干物だよね~、下田と言えば・・・」と答えました。

続けて、
「最近は金目一匹1600円とか、肉厚の鰺の干物、一匹1000円とか、
結構ふざけた値段取る店、あるけどね?」

と多少の皮肉を込めて言いました。


彼女も、
「そうなんですよ!どんどん高い値段をつける店が出てくるので、
私達も困ってるんですよ!
買いやすいお値段じゃ無いと、お土産も買っていただけませんしね~」
と答えます。


これも僕にとっては、「うちのは安いよ!」と言うアピールに聞こえました。
すると彼女が突然こんな事を言いました。

「お客さん、鰺(あじ)の干物、お好きですか?」

僕は、彼女の店で土産を買ってあげる覚悟を決め、

「大好きですよ!どっかおいしい店あるの?」
と尋ねてみました。


もちろん、
「うちのは安くておいしいですよ!」
と言う言葉が飛び出すのを覚悟の上で・・・です。

でも彼女からの答えは、まったく違ったものでした。


彼女は続けます。
港のそばに干物を売っている専門店が数軒あります。
その中に、高齢のご夫婦がやっている干物屋さんがあるんです。

その店の鰺の干物が私は大好きです。

小さくて、薄くて、脂も乗ってない鰺の干物ですけど、
これが、ある食べ方をすると絶品なんです。


それは・・・お茶漬け。

カリッカリに焼いて、身をほぐして、お茶漬けにして食べる。
香ばしさと鰺の独特の食感で、最高なんですよ!
お茶漬けには脂ののった鰺は合わないんです。
ご飯に脂が浮いてしまうからです。でもこの鰺はそれがない。
お茶漬けをさっぱりと味わえる。まさに、お茶漬けのために干された鰺なんですよ!


ただ、沢山は作れないので、すぐに売り切れてしまいます。
朝の早い時間に行かないと無くなっちゃうんですよ!」

彼女の言葉が終わらないうちに、僕は、
「明日、タクシー予約して!」と言っていました。



彼女は更に続けます。

「そのご夫婦、かなりの高齢なので、いつまで続けられるか分かりません。
私達、地元のモノも心配してるんですよ。
跡取りもいらっしゃらないみたいですし・・・」

僕は彼女に名刺を渡し、彼女も自らの名刺の裏に
自分のケータイ電話番号を書いて渡してくれました。

僕はすぐにその番号を登録しました。


僕はその店の場所を彼女から訊いて、翌日、迎えに来てくれたタクシーで、
早朝、その店に行きました。
まさに女性バーテンダが教えてくれたとおり、小さな店で、
すでに在庫はかなり減っています。


僕は残っていたザルのすべてを下さい!とおばあさんに言い、
”400円のざる、5皿と700円のざる3皿を購入しました。
それぞれに小振りの鰺が、5匹程度乗っています。

値段によって確かに鰺のサイズが違います。
少なくとも駅の土産物売り場で売っている、ゴージャス系の干物とはまったく違います。


僕は自宅にメールを打ち、「今夜はお茶漬けにするから待っててね!」と伝えました。
その夜、中山家の食卓には鰺の干物が並びました。
カリッカリに焦げる寸前まで焼いた鰺の干物は、実に香ばしく、まさに、

”お茶漬けのために干された鰺”そのものでした。


娘達もおいしいおいしいと食べてくれました。
その事をブログに書いた僕に、数人の親友から連絡が入り、
「その鰺をわけてくれないか?」と言われ、翌日は何軒かに配り歩きました。

みんな素晴らしい素晴らしいと言ってくれ、僕も、

「また買いに行こうかな?」、あるいは、彼女に頼んで買っておくって貰おうか?
とも思いました。



さて、それから数ヶ月後・・・


僕のケータイに着信がありました。
ディスプレイには、”下田バーテンダ”と表示されています。

「すわ!あのご夫婦のどちらかが亡くなってしまったのか?」

僕は少しだけの嫌な予感を抱きながら電話に出ました。


ご無沙汰の挨拶を交わした後、彼女は静かに切り出しました。
その後、彼女が語った内容はまさに”下田愛”に満ちあふれたものでした。

「体力が続かないと言う事で、あのお店は廃業されることになりました。

しばらくの間、あの”お茶漬け専用の鰺の干物は食べられません。」


「それは残念ですね~。でも、さっきおっしゃった”しばらくの間・・”とは
どういう意味ですか?」

僕は尋ねました。


彼女の口から出た次の言葉に僕は正直、打ちのめされました。


彼女はこう言いました。

「跡は私が次ぎます。あのおじいさんに教わりながら、今、毎日修行中です。

ホテルもやめました。

あの鰺の干物を残すために、残りの人生を使ってみようと思います。

もし機会があったら、また下田にお見えになる事があったら、
ぜひお電話を下さい。



まだまだ失敗作ばかりですが、一緒にお茶漬けを味わいましょう!」

中山マコト

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年02月15日(水)

「名古屋の創作居酒屋での超絶体験!by 中山マコト」

テーマ:仲間・友達
友人、中山マコトさん のウラマガ(2)
マコトさんが体験した物語をシェアしたい。

★名古屋の創作居酒屋で経験した、”気持ちの良い瞬間”。

2012年2月1日
────────────────────────────────
★たかがトイレ、されどトイレ。

ある日のこと。

僕は名古屋にいました。

某有名企業の役員と食事をするために、その方がご存じの
”創作料理屋さん兼バー”のような店
に行きました。

僕達が案内されたのは二階のテーブル席でした。 
食事もおいしく、カクテルも楽しく、二人は仕事やプライベートな話に夢中になりました。
で、僕がトイレに行きたくなったんです。
トイレは一階。
席を立って、フロアを歩いて、階段を下り、一階レジの脇を通って通路を歩いて・・・

やっとトイレです。 
レジのそばには可愛い、ポニーテールの女性スタッフがいます。
店の構造上、結構歩く・・・。

で、トイレは、”男性用””女性用”と入り口が振り分けられているタイプ。
赤と青の表示で、使用中かどうか?が分かるタイプです。
やっと辿り着いた僕が入ろうとすると、”青”の表示になっています。

席まで戻る気持ちにはまったくなれませんでした。 
僕は仕方なく、トイレ前の通路の壁に寄りかかって待つことにしました。

すると先ほどレジにいた女性が飛んできました。
そしてこう言うんです。 
「私が見張っていますから、女性トイレを使って下さい!」
そう言って、ニッコリ笑うんです。

僕は遠慮無く、女性用を使わせてもらいました。 
本当に、見事な動きでした。

「すみませんね~、少しお待ち下さいね!」
と言う声をかけるだけならやれる人は多いでしょう。
「トイレが空いたら声をおかけしますね!」と言う行動は、多くの店がやります。 

でもね、ここまで出来る人と言うか店は、僕は他に知りません。
このときが、タマタマだったのか?と言えば、決してそうでは無いと思います。

●お客さんの行動を、キチンと視野に入れている”目配り”。

●お客さんの気持ちの先を読む、”気配り”。

この2つが両立してこその、行動。
見事です。

この目配りと気配りの両立こそが、まさにサービスです。 
ハッキリ言って、一円にもならないし、面倒です。 
放って置いても、誰も怒らないし、そんなもんだよね~ってなもんです。

要するに、店側がやらなければ、お客さんは気づかないんですよ。 
店の側から見ると、別に”やらなくても良い」サービス”なんです。

でもね・・・だからこそ強い。

以前も書きましたが、スティーブジョブスの言葉にもあるように、
”人は、実際にやられてみないと、何をして欲しかったのか?が分からない!”
と言うことなんです 

さて、こうした視点は、あらゆるビジネスに必要です。

”目配り”と”気配り”の合体したものが、本来の、 
”サービス”
であり、マニュアルに書かれたことだけを行うのは、単なる、 
”作業” 
です。

作業に終始する人や店や会社には、人は寄ってきてくれません。

中山マコト
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年02月15日(水)

「ある、タクシー運転手さんが教えてくれたことby 中山マコト」

テーマ:仲間・友達
オレが大好きな友人、中山マコトさん
グッとくるマコトさんが体験した物語を
彼のウラマガから抜粋して、いくつか紹介したい。

中山マコトさんのウラマガ(1)より

★そのタクシー運転手は、なぜメーターを倒さないのか?

2012年1月31日
────────────────────────────────
★すべての人が、観光大使!

ある日、下田駅に降り立ちました。

伊豆半島の最南端。

東京から向かうには正直、遠いです。
その日の宿泊予定は”黒船ホテル”。
最大にして最高のホテルです。

なぜ黒船ホテルと言う名称か?と言うと、
下田港の海側からこの建物を見ると、ペリーが乗ってきた、
”黒船”のカタチに似せてあるからです。

海側から見ると、すごい迫力です。
でね、黒船ホテルは下田駅からタクシーでもほんのわずか?
4~5分で着くような位置にあるんです。

で、僕はタクシーに乗り込み、「黒船!」と告げました。
「かしこまりました!」
と気持ち良く応じ、クルマは滑らかに走り出しました。

少し走ったあたりで運転手さんがこう言うんです。
「お客さん。とても急いでいますか?」
「い~え!」と僕。

すると運転手さんがこう言うんです。
「もし、ものすご~く急いでいらっしゃらないようでしたら、私に5分だけ時間を下さい。
素晴らしい場所にご案内しますよ!」

僕は、なんだか分からないまま、でも運転手さんの誠実そうな語り方に賭け、
「お願いします!」と言いました。

運転手さんは、「ではメーターは倒しませんから・・・」と言い、
料金を無効にしました。

程なく海の近くまで来ました。

運転手さんはおもむろにクルマを停め、僕を車外に誘いました。
「ここが地元の人しか知らない、最高の夕日スポットです。
この場所から見る、沈む夕日は最高です!」

そしてしばらく歩いて、ある”なまこ壁”の家の前まで来ました。
「夕日を浴びたこの壁は、最高にキレイです。写真に撮ると最高!
この場所からの夕日も、陽を浴びた壁も、絵はがきには一切載っていません!」
そう続けます。

しばらくして、クルマに戻った僕に、彼は続けます。
「もし良かったら、次回おみえになった時でもよいので、
ここの夕日を見てやっていただけないですか?
本当に素晴らしいですから・・・」

クルマはホテルに向かいました。
精算の際、運転手さんはさりげなくタクシーカードを僕に手渡しました。
僕はホテルに入り、荷物を置き、お茶を飲み・・・
心から、あの場所に行きたいと思いました。


でも正確な場所が分からない。
そこで思い出しました。タクシーカードを貰っていたことを。
そこでタクシーカードに書かれている番号に電話をしました。

そして、
「ぜひ夕日を見たいので、迎えに来て下さい。あの場所に連れて行って下さい!」
と伝えました。
タクシーがやってきました。

僕は秘密のスポットまで運んでもらいました。
僕が写真を撮っている間、運転手さんはずっと付き合ってくれました。
この日はコンパクトデジカメしか持っていなかったんですが、
でも素晴らしい写真が撮れました。

満足した僕はクルマに戻り、○○町まで・・・と
夕飯を予定している店のある場所を伝えました。

そして降りる際、支払いをしようとすると、メーターが倒れていないんです。
「おいくらですか?」
そう尋ねる僕に、その運転手さんはおもむろに言いました。

「私の方からお誘いしたのに、料金なんていただけないですよ!
それよりこの街でお金を使ってやって下さい。
いい店、沢山ありますから・・・」

そう言って彼は去って行きました。

爽やかな一陣の風が、僕の頬を撫でました。
なぜ、そこまでするのか?

運転手さんの真意は分からないままです。
でも、先日書いた、”お寿司屋さん”のエピソードにもある通り、

”真に地元を思う気持ち”

が彼にこうした行動をさせたのだと思います。


街の人、誰でもが観光大使。
そんなつもりでいるのだと思うんですよ。

お客さんの奪い合い!
観光客からは搾り取れ!
そんな風潮も無いとは言えない中、なかなか出来る事ではありません。

わざわざホテルまで時間を使って迎えに行き、時間を費やし、結果、お金を取らない。
これって深い深い愛情が無ければ、”地元愛”が無ければ、出来る事では無いんです。

たった一人のタクシー運転手さんから僕達が学ぶことはとても多いと思います。

中山マコト
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年04月22日(金)

「JR九州の新幹線鹿児島ルート開通のCM」

テーマ:仲間・友達
   【CMは、人を元気にする。】
        中谷彰宏

中谷彰宏レター2011年04月12日号:Vol.4029で紹介されていた、
TV「ガイアの夜明け」にも出演した友人、高萩徳宗さんのブログをシェアしたい。

  西日本では、CMが流れています。
  放送しなくても、インターネットで見ることができます。

  ベルテンポの高萩徳宗さんが、
  JR九州の新幹線鹿児島ルート開通のCMを教えてくれました。
  見ると、感動して涙が出ました。
  こんな時だからこそ、CMって、いいなあと感じました。
  彰宏より

  P.S.
  このCMを、元気をなくしている人に、見せてあげたい。
 

<祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒 >




   初めてもらった初任給は自分のものではない。自分を社会人にまで
   育ててくれた親のものです

   『昼メシは座って食べるな!』市村洋文(著)サンマーク出版
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年04月08日(金)

「今日は、大切な募集情報!by 高橋歩」

テーマ:仲間・友達
   だれかの「ため」ではなく、だれかと「ともに」働くほうがいい
   
『ゼロのちから─成功する非営利組織に学ぶビジネスの知恵11』
   ナンシー・ルブリン(著)英治出版


ツイッターでもリツイートしたが、ブログでも知らせたい。


支援活動にもいろいろある・・・。

受け入れ体制が整っている所にボランティアとして行くこと。
もう一つは現地で実際に復興支援にあたっている人や団体を支援する方法だ。

小規模なNPO法人の多くは、活動資金が足りていない。

「継続的な支援を続けるためにも・・・」と呼びかけている友人、
高橋歩からのメールを転載する。

■ 高橋歩から / AYUMU'S COMMENT

高橋歩なり!

今回の震災を受け、緊急帰国して、仲間と一緒に宮城県石巻に入り、
最近は、現場での支援活動に完全燃焼している日々だ。
そして、今日は、大切な募集情報!

今、現場では、圧倒的に、ボランティアの人手が足りないんだ。
ひとりでも多くの人に、現地に来て、困っている人のために汗を流してほしい。
同じ日本人として、困っているおじい・おばあを放って置けないじゃん。
今は、難しいことをぐちゃぐちゃ考えて、立ち止まっているときじゃない。

俺も、普段はいい加減な奴だけど、やるときはやるぜ。
ピンと来る人は、一緒に、やるべ。
現場で、待ってるなり!

*高橋歩が理事長をつとめるNPO「ON THE ROAD」を中心に、多くの仲間が集まり、
石巻市近隣にボランティアビレッジを新設しました。それにより、被災者に負担
をかけない形で、多くのボランティアを受け入れる体制が整っています。

ボランティア募集・申し込みに関する詳細は、すべて、下記のホームページにて
ご案内していますので、ぜひ、ご覧になってみてください。ひとりでも多くの方
の参加をお待ちしています。

「NPO / ON THE ROAD」 with Friends
東日本大震災 災害支援プロジェクト

【ボランティア募集要項・申し込み】
http://saigaishien.jp/


■ NEWS & INFO

★【NPOより支援金の募集】★

<支援金のご協力をお願いします。>
上記の災害支援プロジェクトの活動のため、
NPO法人オンザロードは、支援金を募集しています。
日本赤十字社等の大きな団体が集める義援金(被災者に平等に分配されるもの)は、
何百億という寄付金が集まっています。しかし、当団体のような現地で実際に復興
支援にあたっている小規模なNPO法人の多くは、活動の資金が足りず、思うような
支援がやりきれていないのが現状です。継続的な支援を続けるためにも、ぜひ皆様
のご理解とご協力を、よろしくお願いします。

<使用用途>
■被災地の支援物資の購入
避難所での炊き出し用食材の購入・避難所で不足している物資の購入など
■ボランティア活動経費
作業道具の購入・移動用燃料費など

<支援金の使途>
使途については、オンザロード オフィシャルサイトにて報告いたします。
【ON THE ROAD】 http://www.ontheroad.me

<振込先>
三井住友銀行 下北沢支店(店番号:835)
普通預金 1502770
特定非営利活動法人オン・ザ・ロード

<寄付に関するご相談・問合せ先>
support@ontheroad.me (オンザロード事務局)

もし、あなたの家族や恋人が現地にいたら・・・議論している場合じゃない。

   「偉大な作曲家たちは、
   意欲がわいたから作曲に取り組んだわけではない。
   取り組んだので意欲がわいたのだ。


   ベートーベン、バッハ、モーツァルトは、
   毎日毎日、来る日も来る日も、作曲中の作品に取り組んだ。
   彼らはインスピレーションがわくまで待って、
   時間を無駄にするようなことはしなかった」

   英音楽評論家:アーネスト・ニューマン
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年04月04日(月)

「支援物資ご協力のお願い・・・大山峻護」

テーマ:仲間・友達

   嘆くより、動く
    福島正伸


4/2(土)新宿駅西口小田急百貨店前で
『アスリートによる東日本大震災募金活動』をやった友人、
大山峻護さん

「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
参加メンバーは和田孝志(野球)、角田信明(空手)、三崎和雄(総合)、加藤清尚(空手)、神取忍(プロレス)、

西澤ヨシノリ(ボクシング)、小林聡(キックボクシング)、大山加奈(バレーボール)、吉原知子(バレーボール)、

落合真理(バレーボール)千葉真子(マラソン)、宮澤ミシェル(サッカー)、原田裕花(バスケット)、

高倉麻子(サッカー)、大山峻護(総合)


そして、今度は「支援物資ご協力のお願い」が届いた。メールを転載する。


 みなさんへ
 日頃から色々とお世話になり、心より感謝申し上げます。
 この度、仲間たちとの協力体制を作り、 
 支援物資を被災地まで直接運ぶ事になりました。


 トラック輸送は、劇団マハロ矢島弘一君の経営する株式会社三友社が
 協力してくれることになり、物資の預かり場所はコーシン出版吉田和彦社長が
 倉庫を貸してくださる事になりました。


 また、今現地で何が必要かということは、
 実際に現地へ行ってボランティア活動をしている方々からアドバイスを頂きました。

 そこで、ぜひ皆さんにお力を貸して頂きたいと思いご連絡をさせて頂きました。
 4月30日までに、下記の物資を段ボールに入れてお送りいただけますよう、
 よろしくお願い致します。


 お送りいただいた物資は、皆さんのお気持ちと共に直接届けてまいります。

 物資届け先は、より物資を必要としている場所へと、ただいま検討中です。
 関係者からの情報を基に、電気・ガス・水道等のライフラインの不通や
 行政の手が十分に行きわたってない事を選出の理由とさせていただきます。


 1人でも多くの方々のために、どうかみなさんのお力をお貸し下さい!


 以下、物資送り先住所です。
 〒174-0041
 東京都板橋区舟渡2-3-8
 恒信印刷 舟渡工場
 03-5970-1226

 ※工場に通常届く荷物と区別をするため、伝票に「支援物資」とご記入下さい。


 また、一つのダンボールに入れていただく物資は同種類とし、
 何が入っているかをダンボールにわかりやすくご記入ください。
 一つのダンボールに色々な物質が混ざっていると、
 一度そのダンボールを開けて仕分けをする必要があり、
 作業時間を短くして少しでも早く現地へお届けするためにも、
 ご協力のほど宜しくお願い致します。


 ※もし一つのダンボールに複数の種類(生活用品、レトルト食品など)を入れる場合は、
 すべての種類をご記入ください。


 ☆ご協力いただきたい物資内容


 1『衣類系』
 ・男性女性下着上下新品
 ・男性女性靴下新品
 ・Tシャツ(新品、もしくはクリーニング済みのもの)


 2『食料系』
 ・缶詰め類
 ・瓶詰め類
 ・レトルト類
 ・米
 ・カレーやシチューのルー・その他常温保存出来るもの


 3『飲料系』
 ・水
 ・お茶
 ・ジュース
 ・その他常温保存出来るもの


 4『赤ちゃん&女性系』
 ・紙おむつ
 ・粉ミルク、離乳食
 ・生理用品
 ・お年寄り用オムツ


 集められた皆さんのあたたかいお気持ちは、
 仲間たちと責任を持って現地まで運んでまいります。
 今こそみんなで心を一つにして、この最大の試練を乗り越えていきましょう!
 ご協力のほど、どうぞ宜しくお願い致します。
 大山峻護


協力できる人は是非!


   人間は、誤りを犯しそうなときは、
   むしろ「行動を起こさない」
   という誤りを犯すほうを選ぶ。


   しまった! 「失敗の心理」を科学する ジョゼフ・T・ハリナン

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年03月24日(木)

「やっぱり信じられます。必ず立ち直ると。・・・ガッテン」

テーマ:仲間・友達
   ガッテンから、本日のレポートが届きました。
   深い悲しみにある人も、追い詰められて疲れた人も、
   温かな鍋を囲んでいるほんのひととき、
   笑顔を取り戻してほしいと願うのです。
   http://bit.ly/fDQGjQ @sanae_wakka

冒頭の言葉は、
わっか のガッテンの奥様、さなえさんのツイート。

昨日に引き続き、ガッテンの報告を転載する。

「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
ガッテンにお世話になった釧路川カヌーの旅 で、
ガッテン・リョータの作るアウトドア料理はいつも美味しくて
毎回楽しみだった。
「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
北海道で大空を見上げながら深呼吸して、テント張って食卓囲んで、
隊員たちと笑いあう彼らの姿があった・・・。

 ガッテンより 3月23日のレポート
 3月23日

 今朝はいつもより少しはやめの出動です。

 大きな鍋の回りは日に日に楽しくなってきました。
 ちびっ子たちが袋を開けてくれます。
 妹の手を引いたお兄ちゃんも、妹も。
 『俺はちびっ子じゃない』と言い張る5年生も、3年生の女の子も。

 お母さんの出番は頼もしいです。
 味付けを注意してくれました。

 大きなおじさんは、ファミリーレストランの料理長だそうです。
 大きなしゃもじの手返しはさすがです。

 おじいさんも見に来ます。
 気になっているようですね。
 孫を背中にしょって、ゆ~さ~ゆ~さ~嬉しそうです。

 大きな鍋は温かいです。
 いっぱいの笑顔に鍋が囲まれると、
 やっぱり信じられます。
 必ず立ち直ると。

 石巻市だけでも避難所に暮らす人は20,000人を超えます。
 被災地の数を考えると何倍何十倍の避難所暮らしが続いています。
 少しでも穏やかな時を過ごすことが出来るように、
 これからはさらに多くの皆さんの手が必要です。

 私、あなた、きみ、僕、多くの手が必要だと感じます。
 ガッテン


「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
被災地で鍋を囲んで語り合う笑い声が聞こえた気がした・・・。
そこに見えたのは「希望」。

「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

働くとは生きること。傍を楽にさせること・・・

仲間の頑張る姿は刺激になる。
オレは自分の仕事、自分の役割を全うしたい。

ありがとう!ガッテン、さなえさん。

   大きな鍋は温かいです。
   いっぱいの笑顔に鍋が囲まれると、
   やっぱり信じられます。
   必ず立ち直ると。
     
        ガッテン
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年03月23日(水)

「今、岩手県北部で震災救援活動するガッテンの報告」

テーマ:仲間・友達
   仕事から帰ってきた旦那さんが、「ただいま」と言う。
   それを家族が「お帰りなさい」「おつかれさま」と迎える。
   ・・・これが「本当のやさしさ」なのです
   
「ブッダが教えた本当のやさしさ」 アルボムッレ・スマナサーラ、宝島社

mixi地球探検隊コミュ のトピに新潟でお世話になっているガイドのうめちゃんも書いているが・・・

北海道・釧路川のカヌーガイド 、ガッテンとリョータが
3月14日(月)朝、支援物資をワゴン車いっぱいに積み込み、釧路川の畔を出発し被災地へ向かった・・・。

現地で彼らのアウトドア・スキルが存分に活かされていると思う。

何より自然と共生する彼らのどこまでも真っ直ぐで純粋な心が伝わる現地報告を読んだ。
被災者との会話に心が和んだり、心が痛くなったり・・・
リアルな世界がそこにある。

そこで何を見て、ガッテンが何を感じ、考えているか・・・
彼の心と行動がよくわかる、ガッテンらしいレポート だ。
「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
是非、このブログの読者にも読んでほしい。

<ガッテンより 3月22日のレポート>

 3月22日
 朝から日差しはとても穏やかでした。

 一日一日と復興に向っている場面と、
 一日一日と飢えと疲れで埋もれて行く場面もあり、
 背中合わせの災害地です。

 泥に埋もれた室内にわずかに作ったスペースに、
 疲れをとれる望みを託し横になる姿に、
 このままでは行けないと言う思いが私たちを動かします。

 校長先生が涙を流して言いました。

 『3日ほどお休みをいただいてしまいました。
 すいませでした。
 この状況で学校を空けるのはダメだと解っております。
 しかし、しかし、家族が津波で行方不明の状態が続いておりました。
 変わり果てた姿で発見していただきました。
 葬式など出来る状態ではない事は解っています。
 しかし真似事でもいい。手を合せてあげたかった。
 葬儀の真似事だけでもしてあげたかった・・・』

 私は今までに経験したことのない事実に向き合っているように思います。
 今まで世の中で常識と思っていた事は通用せず、
 感じるまま、思うまま、信じるまま、自分の感覚だけが頼りです。

 損とはなんですか
 得とはなんですか

 都合とはなんですか
 忙しい事とは誰のためですか

 無関心とはなんですか

 私たちは今、手を差し伸べる事が出来るはずです。
 感じるままに信じるままに。
 ガッテン


「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】

探検隊の周りでは確実に支援活動の輪が広がっている・・・
誰も無関心ではいられないのだ。

今、岩手県北部で震災救援活動するガッテン、リョータの姿に頭が下がる。
が、彼らと同じことを誰もができるわけではない。

うめちゃんがmixiで書いていたように、
現地へ行けない人が、支援している人を支援する方法もある。
夢のない人が夢のある人を応援すると、それが夢になるように。

無力感に陥らないで
あなたにできることをすればいい・・・

   人生とは結局、人生の意味の問題に正しく答えること、
   人生が各人に課する使命を果すこと、
   日々の務めを行うことに対する責任を担うことにほかならない

   『夜と霧』 ヴィクトール・E・フランクル(著)みすず書房
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年03月23日(水)

『家族と命以外は、なんにもなくなっちゃった…』

テーマ:仲間・友達
   まず「生きる」こと。どんなにみっともなくても、
   「生きつづけ」「存在する」こと
   
『人間の覚悟』 五木寛之(著)新潮社

ずっと心配していた仙台の隊員(お客さん)であり、友人の“ようすけ” からメールがあった。
思わず読んでいて涙が溢れた・・・。


 仙台 隊員ようすけ 無事です☆
 家族・親族皆無事です☆

 一昨日、前の会社で一緒だった
 女川の先輩、ず~っと、連絡とれずにいました…
 待ちに待った
 その人から着信が。。。☆

 『家族と命以外は、
 なんにもなくなっちゃった…』

  …… 

 親しくしていたその人の言葉に、
 思わず涙が溢れて来ちゃいました…
 グッと、こらえて 命があれば大丈夫!! と
 震える声を抑え、応えるのがやっと。

 なんにもなくなっちゃった人、
 いっぱい いっぱい います!!
 寂しい、ひもじい、悲しい思いを
 抱えちゃった人、子供達
 たくさん、たくさん います!!

 命も、家族も、家も
 失わなかった自分たちには、きっと役割がある☆
 ご縁を大切に辿りながら、みんなをみんなで繋ぎ
 物心、両面で復興に貢献したいです。

 『いまある命はみんなの命』

 これまでのご縁を軸に、情報を共有し
 皆で励まし合い、協力し合えるような活動をしていきます。

 命と元気があれば何でも出来ますよね!☆

 隊長、応援よろしくお願いします♪

 ようすけ


ようすけ、
オレもオレにできることを精一杯やるよ。

すでに今月、地震の影響で国内の3つのツアーがキャンセルになった。
すべて満席のツアーだったから払戻し金も半端ない・・・。
でも、仙台で旅行業を営むようすけの比ではないよね。

次のメルマガで発表するつもりだけど・・・
オレは地球探検隊15周年を機に、新規事業に乗り出すつもりだ。

3/5(土)の15周年パーティーに集まった100人を前に宣言した・・・。
またまた莫大な借金を抱えてのスタートだけど、
死ぬまでチャレンジャーでいたい。

その姿勢、行動が誰かの勇気や元気に繋がればと思っている。
「相変わらず、おもろい オッチャンだよね」って。

ようすけも背中でかっこいいパパを見せ続けてください。
きっと、それが未来を担う子供たちの夢になる・・・

オレは自分を信じている。ようすけを信じている。
明るい未来を信じよう!

オレは絶対にあきらめない!
ずっと信じて見守ってくれてる家族のために、スタッフのために、隊員のために!

こういうときに「がんばれ!」って言うのはよくないという人もいるけど
相手によると思う。

自分の役割に気づいたリーダーは頑張らなくっちゃ!

ようすけは、人を束ねたり、巻き込む力を持っているよ。
なんたって探検隊13周年の沖縄の旅で「大人の運動会MVP」を取った男だからね。

「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】-沖縄
オレはいつも自分にいいきかせている!
「おまえが頑張らないで誰が頑張るんだ。おまえ、経営者だろ!社長だろ!夫だろ!父親だろ!」って!

がんばれ!自分、がんばれ!ようすけ、がんばれ!日本!

   だれでも最後は一人なのです。
   しかし、そのことが分かっている人間同士が身を寄せ合って
   一緒に何かをしていくからこそ共同作業というのは尊い

   『人間の覚悟』 五木寛之(著)新潮社
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年03月20日(日)

「夢を語る小学生・・・卒業式を思い出した!」

テーマ:仲間・友達
   一方は
   これで十分だと考えるが、
   もう一方は
   まだ足りないかもしれないと考える。
   そうしたいわば紙一枚の差が、
   大きな成果の違いを生む。
   「松下幸之助」

 ドリプラジオ for your smile 第3回放送分です。
 この番組を通じて、日本が相互支援の国として、お互いが助け合えば、
 こうい った復興ができるんだ、世界中でも助け合えば、みんなが幸せになれるんだ
 と いうことも、伝えていきます。
 そんな新しい世界に向けての一助になればと思っています。
 今回のゲストは、ドリプラコメンテーターの永田雅乙さん、香取貴信さん、
 そ しドリプラて実行委員長の福島正伸氏でした。
 興奮しすぎの3時間弱。ちょっと長かったですね。 “ ”



第3回は福島正伸さんも出演するとあって、
いつも以上に興奮しながらユースト録画を見た。
「ドリプラ」コメンテーター(審査員)仲間でもある永田雅乙さん、
香取貴信さんのコメントもさすがだ。

今回は自宅待機から5日ぶりの出社で、
終了間際、会社で音声を無音にしてちょっとだけユーストを見ると
福島さん、香取さん、たっちゃんの楽しそうな笑顔が見えた。

オレは“じろっぺ”のブログを紹介したくて、メールを番組に送った・・・。

 これは、私の勝手な願いですが。

 被害にあわれていない地域へお住まいの方。

 どうか、

 毎日を楽しく過ごして下さい。

 笑顔いっぱいで過ごして下さい。

 そして、それを発信してください。


 笑い、が、

 笑顔が、

 欲しいです。

 じろっぺ


2時間40分・・・濃い番組をありがとう!これを見た人は元気になれると思う。
こんなときだからこそ、ネガティブな報道を見るよりも、上機嫌になれるものを見ていたい。

笑顔で仕事をしている大人を見ると、その仕事は子供たちの夢になる・・・・・・。

この番組を見て、ある小学校の卒業式を思い出した。

2006年2月、総合的な学習の一環として特別授業をした。

そのときのコメントから、卒業式に行くことになった。

卒業証書をもらった卒業生80人のひとり一人が
「私の夢は〇〇です。なぜなら・・・だからです!」と全校生徒、先生、父兄の前で発表した。

「僕は小学校の先生になります!なぜなら、担任の〇〇先生が理想の先生だからです!」
先生は生徒の発表に涙した・・・。

その後、
「僕は銀行員になりたいです!なぜなら、僕の父が銀行員だからです。
僕は父のような銀行員になるのが夢です。」

その瞬間、父親と思われる男性が声をあげて泣き出した。
オレもこの言葉にグッときて泣いてしまった・・・。会場にいた多くの親たちも泣いていた・・・。

来週24日が長女の卒業式だ。
次女は学校が休校となり、卒業式も今後の状況では延期になるかもしれない・・・。

卒業式が予定通り行われることを祈るばかりだ。

人を育てることは自分の生き方を見つめ直すことだ・・・。
パパはどんな状況でも、チャレンジする背中を見せ続けるよ。

卒業式・・・泣いちゃうだろうな・・・オレ。

   成長するってことは、
   危険をともなうんだよ。
   成長は変化で、変化ってのは
   恒常性を壊すものだ。

   変化している子供を、大人は
   「変わった」と言って非難する。
   それはあんまりだ。
   人は死ぬまで変わる。
   変わらない方が長い目で見たら不運だ。

   「できればムカつかずに生きたい」田口ランディ(著)
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>