pure fabrication -ANIMATION BLOG-

人は何故、映像作品に心動かされるのか。
それが知りたくてアニメを観ています。
一行でも自分なりの解釈が書ければ本望です。


テーマ:

fafner-exodus_24_04



2004年 TV第一期
2005年 TVスペシャル『RIGHT OF LEFT』
2010年 映画『HEAVEN AND EARTH』


そして2015年、第二期『EXODUS』。
およそ10年がかりで描かれたファフナーシリーズは
ロボットアニメの金字塔と言うべき作品です。


リアルロボットとスーパーロボットの魅力を織り交ぜた
息もつかせぬ戦闘シーン。圧倒的な背景美術。


fafner-exodus_05_01

fafner-exodus_09_01

fafner-exodus_10_01

fafner-exodus_12_01

fafner-exodus_21_02

fafner-exodus_01_01

fafner-exodus_01_02

fafner-exodus_06_01

fafner-exodus_18_01

fafner-exodus_20_01

fafner-exodus_20_02

fafner-exodus_21_01

fafner-exodus_26_01


ファフナーEXOの超次元戦闘


蒼穹のファフナーEXODUS 第24話胸熱シーン




幼年から老年まで多様な人物を配した繊細なシナリオ。
穏やかな休息シーンでさえ緊張の糸が途切れず
視聴にエネルギーを消耗しますが
感慨にひたる代償としては妥当かも知れません。

fafner-exodus_02_02

fafner-exodus_08_01

fafner-exodus_02_04

fafner-exodus_03_02

fafner-exodus_12_02

fafner-exodus_23_02

fafner-exodus_13_01

fafner-exodus_25_01

fafner-exodus_14_01



ただ、作中の用語や設定が障壁でしょうか。
同化現象、読心能力、変性意識といった基本的な設定や
今期『EXODUS』なら「SDP」「ゴルディアス結晶」
「エインヘリアル・モデル」「カノン式アクセラレータ」等々。


fafner-exodus_06_02

fafner-exodus_09_02

fafner-exodus_19_01

fafner-exodus_20_03

fafner-exodus_21_03

fafner-exodus_24_01

fafner-exodus_26_02

fafner-exodus_26_03

fafner-exodus_26_04

fafner-exodus_16_01

fafner-exodus_17_01

fafner-exodus_17_02

fafner-exodus_19_02

fafner-exodus_20_04

fafner-exodus_24_02

fafner-exodus_17_03

fafner-exodus_19_03

fafner-exodus_20_05

fafner-exodus_25_02

fafner-exodus_22_02



ウィキペディアや解説サイトなりを参照すれば
ファフナーやアルヴィス施設内における
メカトロニクスシステム等の設定はさほど難しくありません。
掘り下げればまた別ですが。

fafner-exodus_02_03

fafner-exodus_07_01



公式サイトにも年表式の解説がありますので
それらを頼りにしてでも見ることをお薦めします。


もう一つ難を挙げるとすれば
描き分けしの辛いキャラクターデザイン。
見慣れてくると解消されますが
これも公式サイト等と照らし合わせれば問題ありません。

fafner-exodus_05_03

fafner-exodus_18_02

fafner-exodus_21_04



とりあえず私は視聴当初
「光子結晶体ミールが全ての始まり」とだけ頭に入れていました。
ミールは死した人間を蘇らせることすらできる
まさに人知を超えた存在です。「正しい学び」があれば。

fafner-exodus_07_02

fafner-exodus_07_03

fafner-exodus_07_04

fafner-exodus_07_05



「正しい学び」と上記しましたが
私は「学習」が作品のテーマだと考えています。
ミールが言わば「全知全能」ではなく「無知全能」の神であり
学び方如何で人類に多大な影響を及ぼすからです。


自然受胎が不能になったり
襲撃を受けるような世界を想像してみてください。
それをミールが勝手に誤って学んだ結果だとしたら
あなたはどうするでしょうか。


新国連の人類軍はミール破壊を選択し続けました。
自然に考えれば未知の脅威は徹底して排除するに限ります。
しかしながら、作中では悪手でした。
最終的にとるべき選択肢は「対話」だったのです。

fafner-exodus_03_01

fafner-exodus_05_02



「対話」は先に書いたテーマ「学習」に繋がりますから
もう一つのテーマに成り得るでしょう。
ですが「対話」よりも「祈り」の方がしっくりくると私は思います。
あるいは「願い」とも換言できるでしょう。


「祈り」は宗教の原点であり
「祈り」が奏功するのは宗教の理想。
実際は気休め程度でしかありませんし
作中でも祈りはことごとく砕かれます。


ミールは「フェストゥム」を作りますが
いかにも天使という位置付けです。
それは美や可愛さの形容ではなく、原意通り天の使者。

fafner-exodus_05_04

fafner-exodus_18_03



また、殲滅以外の選択肢を持たない人類軍にとって
祈りに活路を求める人達は邪魔になります。
命の重さを嫌というほど見せておきながら
天の使者と人類軍に、いとも容易く命を奪わせるストーリーは
胸が痛みました。

fafner-exodus_04_01

fafner-exodus_12_03

fafner-exodus_12_04

fafner-exodus_14_02

fafner-exodus_14_03

fafner-exodus_14_04

fafner-exodus_21_05

fafner-exodus_14_05

fafner-exodus_14_06

fafner-exodus_25_04

fafner-exodus_23_01



それでも、この作品においては祈りが機能しています。
加えて言うなら他の架空作品よりもです。

fafner-exodus_09_03

fafner-exodus_14_07

fafner-exodus_24_05
fafner-exodus_24_03

fafner-exodus_25_03



祈りによってミールに正しい学びを与えれば
人類の危機は避けられ、共存の道も開けます。
「蒼穹」を仰ぎ見ることができるのです。

fafner-exodus_26_05

fafner-exodus_26_06

fafner-exodus_26_07



現実ではマヤカシに過ぎないひとかけらの理想に
全てをかけた竜宮島の人達が帰郷できることを祈ります。

fafner-exodus_19_04

fafner-exodus_26_08

fafner-exodus_26_09

fafner-exodus_26_10








タイトル一覧へ戻る














にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ




ブログトップへ戻る
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村正 -Animation & Body Making-さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。