メルマガ登録はこちら!
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
▼FaceBookの一般社団法人ME応用心理学研究所も宜しくお願いします!
https://www.facebook.com/iomeap


▼是非ポチッと押して下さい!
にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
にほんブログ村
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月02日(金)

仙台NHK文化センターにて、マインドフルネス瞑想の実践コースが始まります!

テーマ:各種講座


 

2017年7月7日からNHK文化センター仙台様にて、マインドフルネス瞑想の講座を開催することとなりました。

第1・第3金曜 10:00~12:00に6回1区切りコースです。
 

近年ストレスケアや脳科学の分野で注目されているマインドフルネス瞑想を初心者でも分かりやすく実践的に学びます。

 

↓ 詳しくはこちら

『マインドフルネス実践講座 ~安らぎと健康のための瞑想習慣~』
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1127500.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月18日(水)

【感情は自己責任4】感情への対応の訓練

テーマ:心理学・脳科学

前回までの感情への対応の前提をまとめると、感情への対応とは「自分のことを労わって、感情を知覚し、受け入れ、攻撃以外の方法を選択して行動し、その結果を受け止め、解決できないのであれば方法を変える」ということになる。

 

なので、感情への対応を強化していくためには「感情発生のメカニズムと認知の歪み、防衛機制について学び、感情への対応方法を多数考えておき、感情に対応する心の力を養うための認知の訓練を行う」ということが挙げられる。

 

最近流行りの「マインドフルネス」は、感情に対応する心の力を養うのに役立つ訓練である。スピリチュアルな修行ではないのだ。当然、感情への対応には、マインドフルネス訓練だけではなく防衛機制認知の歪み、心の理論についての学びは必要である。

 

感情への対応の注意は「感情は自己責任だから、ネガティブな感情を感じたあなたが悪い」と言ってはいないということだ。何も裁いてはいない。ここに善悪はない。

 

悪いとか良いというのではなく、繰り返しになるが「感情を知覚したなら、それに対応できるのはあなただけである」と言っているだけである。

 

感情への対応をどのようにするのかは自己責任である。そして感情への対策について学ぶのは自分のためである。

 

感情の知覚に困難な者もいるが、その者はその者で苦労はあるだろう。だからといって、その状況を誰かのせいにすることはできない。産んだ母親を恨んでも仕方がない。理解してくれない人を恨んでも仕方がない。

 

社会的に幸せになりたければ、感情を感じられる者とは違う学習と訓練が必要だろうというだけである。そのことへの協力を誰かに要請するのは全く問題なく、むしろ自分を大切にするための一歩である。

 

疑問を持った時、「文句を言う」か、「沈黙する」か、「解決のために正直に打ち明ける」か、「自分の認知を扱う」かを選択するのが責任である。文句と沈黙は攻撃であり、疑問の解決には至らない。

 

世の中の体験は、悟ってしまえば気づきに対しての現れに過ぎず、それ以上でも以下でもない。しかし、悟っていない者にとっては様々な意味がある。

 

体験に良し悪しを定めるのはその人の認知であり、不平不満は認知の歪みから生じている。認知に歪みがないのであれば、文句ではなく疑問と解決という道でしかない。

 

自分で解決することができなければ、他者に協力を求めることも可能であり、協力ではなく攻撃の対象として他者を使えば、解決できない上に自分をも不幸にしてしまう。

 

攻撃は助けを求める声と言われることもあるが、不快を広めているだけの毒でもある。不快を広めるしかなかったという叫びは悲しいことだが、ここに知識を差し出そう。共に学んで解決していこう。

 

だから、意識があるなら、攻撃している自分に気づいてそれをやめ、解決の道を歩むことをすすめる。感情への対応は自己責任なのだから。

 

深瀬 啓介
≫ 一般社団法人ME応用心理学研究所
≫ MEカラーセラピー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月16日(月)

【感情は自己責任3】感情への対応:後編

テーマ:心理学・脳科学

今回は感情への対応の前提(5)〜(7)である。

 

(5)攻撃は良い結果をもたらさない。

 

自分が感じ取った感情に対応するために他者に助けを求めるのは構わないが、それで感情が解決できなかったとしても他者を攻撃するしか選択肢がないわけではない。多くの人は無意識的に攻撃の選択を行うかもしれないが、その選択はあまり良い結果を生み出さない。

 

攻撃機制には、怖い言葉や暴力のような直接的な攻撃の他に、無視する、にらむ、ため息をつく、泣く、わざと大きな音を立てるなどの受動的な攻撃というのもあるのを知っておいた方が良い。受動的な攻撃も相手に不快感を与える攻撃なのだ。あなたは自分の不快感を周りの人々に広げて強化したいのだろうか、それとも不快という体験そのものを解決したいのだろうか。

 

感情への対応は攻撃以外にもあり、そのことを知らないというのは残念だが、それも自己責任である。正直に打ち明ける、どうしたら良いか聞く、協力してもらうなど、攻撃ではない解決を考えて選択することもできるのだ。

 

周りの人も、感情への対応を知らない人を見かけた時に、自分に何ができるかを考えるという選択もできる。しかし、その人と組んで何かを誰かを攻撃するというのは当然攻撃となる。暖かく見守ってその人に対する自分の感情を自分で扱うというのは自分の責任となる。

 

小さな子どもでも、泣いた時に親や周囲の他者に「静かにしなさい」と注意されることはあり、そのことそのものが「感じた感情の責任を取りなさい」ということを表している。感情への対応を自分で取れということだからだ。

 

赤ちゃんに対して「静かにしなさい」と言われても赤ちゃんはその言葉を理解することはできないので、赤ちゃんは責任を取ることはできないように見えるが、親がその場から赤ちゃんを連れて外に出るということが起これば、赤ちゃんは外に出たという体験をする。その体験は自分が泣いた結果であることが理解できなくてもそうなったということで、赤ちゃんはその体験によって責任をとったということになる。

 

原因があれば結果がある、これは赤ちゃんにだって仕方がないことである。仕方がないから攻撃するという選択は赤ちゃんにはないだろうが、あったとしても攻撃と認められない利点はあるだろう。しかし、赤ちゃんが攻撃機制を発動するくらい不快な出来事が起きたなら、そのネガティブな体験は赤ちゃんの脳に大きな傷を残すということが近年の研究でもわかっているので残念なことではある。

 

大人になれば意識的に責任を取ることが可能となるので、ここが赤ちゃんと大人の違いである。意識的な選択が可能であるのに、攻撃したというのであれば、その結果を体験するのはその人の仕方がない責任である。攻撃は他者への迷惑行為となるため、結果として自分も周囲も不快感を強化してしまう。

 

なので、受動的攻撃のような法律に違反していない方法で攻撃すればあなたは罪に問われることはないだろうし、相手の罪を主張して法的に相手を攻撃することもできるだろうが、その結果生じる状況の体験というのは自分にとってあまり好ましいものではないだろう。これでは自分が自分を大切にしていないことになる。

 

攻撃を選択しないというのは、相手のためというよりも自分を大切にするためである。

 

(6)自分の感情に対応するのは自己責任である。

 

対応しないで抑圧する選択も自分にある。しかし、それを他者に転嫁することはできない。結果があるなら原因はあり、結果を体験したのには何らかの原因がある。知覚してしまった体験からは逃げられないが、知覚した時に対策は取れる。そこに自由意志があり、責任がある。

 

感情を抑圧して感じないように努力することはできても、感情体験を消し去るには、それを生み出しているシステムを変えない限りどうしようもない。

 

抑圧した感情はストレスであり、解消されない限りストレスは強くなり、やがて心と体に影響を及ぼす。その時、私の心と体が疲弊したのは誰かのせいだとは言えない。

 

抑圧する前に知覚し、自分の感情を引き受け、それを解決しようと努力することが自分が自分の心と体にできることであり、そこに自由意志がある。これが「責任を取る」ということである。

 

(7)感情と認知の仕組みを学んで対応するのは自分の責任である。

 

団体・組織が学びの機会を与えてくれるのは思いやりであり、感謝しかない。学校で感情への対応について学べないからと言って、日本の教育が悪いと決めつけて攻撃したら大人ではない。

 

確かに、感情が生じるメカニズムや、それに対応する方法、責任についての授業が早い段階からあったなら、それは子ども達にとって救いになるだろうが、それは今後の期待であり他者のことである。自分は自分の感情にしか責任が持てない。

 

気づいた時に対応するのが責任である。気づきは自然発生であり、責任は避けられない。なので対応にしか自由意志はないと考えた方が良い。


学びがない人は子どもの理論を使って誰かを攻撃してしまうかもしれない、そろそろ大人の理論で協力し合った方が平和ではないだろうか。

 

次回はいよいよ感情への対応を考える。

 

深瀬 啓介
≫ 一般社団法人ME応用心理学研究所
≫ MEカラーセラピー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月14日(土)

【感情は自己責任2】感情への対応:前編

テーマ:心理学・脳科学

パート1では、感情が引き金であっても「選択されて起きた出来事の責任は本人にある」とした。そして、「責任」とは「選択責任」のことであり、そこに「善悪」は含めないとした。ここでも責任という言葉を使うが、その定義は同じとする。

 

責任の定義がとても重要な理由は、責任とは「自分が引き受けて行わなければならない任務」のことであるが、「責める」という言葉が入っているためか「責められることを任せられる」という大きな誤解が生じる恐れがあるためである。これでは責任を恐れてしまう。

 

責任は恐るものではない。 「自分が関わったことから生じた結果は自分が体験するのだから、それを引き受けるしかないよ」というぐらいの意味である。引き受けるから次にどうするかを選択できるのだ。

 

関わりというのは、どのように関わるのかということを自分で決められる上では選択責任であるということになる。そしてこの、「関わりの選択」というのにはとても深い意味がある。「どのような状況であっても、それをどう捉え、どう関わるのかを決めるのかは常に自分にある」のだ。自由意志というのはそういうことである。

 

感情の知覚によって選択されて起きた出来事の責任が自分にあるなら、知覚した感情へはどのように対応すると良いのかという疑問が生まれる。そこで、その疑問を解決する前に感情への対応の前提をまとめる。

 

前提は全部で7つある。今回は感情への対応の前提(1)〜(4)である。

 

(1)自分は大切にした方が良い。

 

自分は自分で大切にしようがしまいが勝手だが、そのことで辛い体験をする自分はかわいそうである。さらに、辛い体験をしているからといって他者を攻撃すれば、他者にも辛い体験をさせてしまう。これでは社会的に辛い状況になってしまう。ここでの「自分」というのは、体と心を持つとされる自分のことであり、それを体験している主体の自分のことではない。なので別な表現をすると、「人生」ということができる。そこで正確には「人生の体験は大切にした方が良い」ということである。「大切にすべきである」ではないので注意が必要だ。

 

(2)感情は自分ではない。

 

「知覚した」ということは「意識に現れたものに気づいた」ということである。現れたものを“気づいた”ということなので、気づいている自分は現れとは別に存在していることになる。なので、「私は悲しい」ではなく、正確には「私は悲しみという感情に気づいた」である。感情に気づけるかどうか、どの段階で気づけるかどうかは個人差があり訓練によっても変わる。そして訓練は自己責任である。

 

(3)自分の感情は自分にしか知覚できない。

 

知覚というのは本人にあり、本人が知覚した時に他者にも伝わるわけではない。自分の感情は自分が知覚した感情である。たとえ脳を直接操作するような特殊な装置が発明され、それによって感情を感じさせられるというようなことがあっても、自分の知覚は自分にしかない。これは当たり前のことであるが、よく理解されていない。自分の感情を知覚したのは自分であり、他者の知覚ではないのだ。

 

(4)自分が感じ取った感情に対応できるのは自分しかいない。

 

感情は自分が知覚したものなので、知覚した時にどのような対応を選択するのかは自分にしかできない。そして、その結果を体験するのも自分である。

 

これは法律というよりも、もっと自然な原則である。法律によって罪に当たるかどうかを決める場合は、薬物や特殊な機械により選択することが困難な状況に追い込まれたかどうかということが論点となるだろうが、体験そのものは法律とは関係がない。

 

これは、法律における罪の判断ではなく、「選択によって生じた結果は自分が受ける」という原因と結果の自然な法則のことである。つまり、薬物によって混乱した状況でとった選択であっても、法廷に立たされるという体験そのものの結果は仕方がなく自分がするということになるのだ。体験そのものは誰も悪くないということである。

 

このような特殊な状態でないなら、通常自分が知覚した感情への対応は自分にしかできない。

 

深瀬 啓介
≫ 一般社団法人ME応用心理学研究所
≫ MEカラーセラピー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月13日(金)

【感情は自己責任1】感情の知覚と責任について

テーマ:心理学・脳科学

感情を扱う時に押さえておくべき基本の流れはこうである。

 

1:感情の知覚→2:感情への対応の選択→3:行動→4:結果

 

ネガティブな感情の発生には様々な原因はあるだろうが、それは認知行動療法では「認知の歪み」つまりは「間違った思い込み」によるものがほとんどであるとされている。そうであるなら、

 

1:認知の歪み→2:その認知を刺激する出来事→3:感情の知覚→4:感情への対応の選択→5:行動→6:結果

 

と言えるのだろう。しかし、認知の歪みそのものはどのタイミングで作られたのかというと、それは何らかの出来事におけるその時の自分の選択によるということになる。そうであるなら、

 

1:出来事における自分の反応(快・不快)→2:不快だった場合の防衛機制→3:認知の歪み→4:その認知を刺激する同じような出来事→5:感情の知覚→6:感情への対応の選択→7:行動→8:結果→9:認知の歪みの強化

 

となるだろう。そこで、認知行動療法によって認知の歪みを正していけば出来事に対する感情も変わってくると考えられる。

 

たとえ感情が無意識的で自然なことであっても、その引き金となる認知の歪みは自分で意識的に改善できるのなら、次に体験する感情への対応は自分の責任といえる。

感情の知覚によってであっても「選択されて起きた出来事の責任は本人にある」のだ。

 

ここでの「責任」とは法律により罪とされるようなことではなく、「その時誰が選択できるのか」ということである。なので正しくは「選択責任」と表現した方がいいのだろう。この文章では「責任」のことを「選択責任」と同じであるとする。

 

もう一つ「責任」を定義する時に注意が必要なのは「善悪」である。責任に「善悪」は含めない。

 

「善悪」というのは法律によって決められる以外は個人の捉え方による。個人の捉え方というのには認知の歪みが絡んでいることが多い。

 

そこで、個人が使う場合は「快か不快か」と表現をした方が良い。それなら、「私が正しくてあなたは悪い」ということではなく、「あなたがこのようなことを言ったことで、私は不快を感じている」という表現になる。

 

もし「私を不快な思いにさせたあなたが悪い」というなら、それは傲慢である。これは子どもの理論である。あなたが不快な思いをしたからと言って、すぐに相手が悪いかどうかは決定されないのだ。

 

不快な思いをした時は、相手にはあなたを傷つける意図があったのかどうかを考えて欲しい。もしかすると、別にあなたを攻撃したのではなく、別な理由で仕方がなくそういう結果が生まれたのかもしれない。相手の立場や認知はあなたとは違う。

 

そして、人間だから選択と行為が完全ではないのが普通である。あなただって完全ではないはずだ。だから人間関係に完全性を持ち出すのはやめた方が良い。そこで、相手には相手の選択の理由があるのだろうと考えるのが大人の理論である。

 

そうなら、相手を攻撃する前に自分の感情を素直に伝えた方が、あなたが感じている不快感を解決するには近い方法かもしれない。

 

そして、そう選択出来ることが成長した脳を持つ大人の対応ではないだろうか。これが選択するという「責任」である。

 

深瀬 啓介
≫ 一般社団法人ME応用心理学研究所
≫ MEカラーセラピー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。