アカウンタビリティー

テーマ:

3月決算会社の株主総会が続いておりますが29日がピークのようです。

最近は出席株主からの質問も活発化しており

会社側の緊張感も大きいことだと覆われます。



会計年度的には既に新年度となっているのですが

やはり株主総会が終わらないと落ち着かないでしょう。

会社に求められることは、『アカウンタビリティー』となっています。



accounting(アカウンティング)とresponsibility(レスポンサビリティ)の合成語で

説明責任という訳されています。



法形式上、当然に株主からの負託に対する報告責任がありますが、

個人株主からは必ず株価に関する質問が出ることから、

会社としてもしっかりと説明する必要があります。



その意味で結果責任としての説明が第一ですが、

将来に対する取り組みへの説明責任も大事になっています。

ただ、その説得力の点では結果責任が大きく影響してきます。



やはり、経営者にとっては、緊張感のある場ですね。





AD