絞り込みーーー特化

テーマ:

昨夜の情熱大陸は、内視鏡医、大圃 研 氏でした。

日本大学医学部を卒業後、医局に属さず、

言わば、アウトローとして腕を磨いてきたのだとか。



食道、胃、大腸の早期がんの処置におけるスペシャリスト。

通常の外科手術で3時間はかかるケースでも

内視鏡術では30分ほど、かつ患者にとっての負担もきわめて軽いと。



内視鏡という専門分野に特化することで

たくさんの患者さんを救ってきています。

現在42歳とまだまだ若く、元気な先生でした。



世の中のためになろうとすると

何でもに対応しようと間口を広げてしまいがちですが

かえって何にもできずに・・・・という結果がよくあります。



世の中のため、人のためになれることは

得手、強みでしかできないと考えるべきでしょう。

そのためにしっかりと絞り込みをかけて

強みをより一層磨いていくことが大事だということだなあと感じましたね。

AD
今年は干支の巡り合わせで60年に一度の閏年。

この年に逆打ち遍路をすると良い!と聞いて月一回のペースで参加しています。

それにしてもお遍路をする人は多いですね。2、3回目という人は普通いますから不思議です。

一般の旅行との違いは何なんだろうと思いますね。

本来は終活の一つという意味合いなのでしょうが、始める動機はもっと軽いと思います。

初回であれば朱印を押していく楽しみもあるでしょうし、四国88ヶ寺を巡るという達成感もあるかもしれません。

また、遍路に同行される先達さんが先々で話される内容もなかなかいいものです。

歩きもあって適度の運動になりますし、心の勉強にもなります。

宗教旅行?といったものでもないでしょうから不思議です。

四国八十八ヶ所遍路の世界遺産登録を目指す動きもあり、国民的文化となっていることは確かなようです。

資格が好きな国民性にマッチしてるのかも?と思ったりもしますが・・・(笑)

まずは、今年中の結願を目指しつつ考えていきたいと思います。
AD