プロフェッション!?

テーマ:

今年は60年に1回の好機だとかいうことで

月1回のペースで逆打ちお遍路(88番から1番に回る)をしています。

旅行会社が企画するもので全12回で完了します。

 

ツアーお遍路には先達(せんだつ)さんというガイド役が付いてくれます。

ほとんどは住職さんがされているのですが、

一般の方も資格を取れば(5回以上完了していることなど)可能なもので

私も何回か一般の先達さんのお世話になりました。

 

ここで、一般の方が先達としての話をされている場合、

ちょっと違和感を感じることがよくありました。

 

住職が各お寺の縁起等の説明や法話をされることは

至極当然と受け止められるのですが・・・・

 

やはり、先達が純粋な旅行ガイドではなく、

宗教的な要素があるものだからではないか思っています。

 

一般の方もよく勉強されていて、知識面では問題がなく

すごいなぁーと思うのですが、

各お寺でのちょっとした所作であったり、

さらには法話的なことをされたりすると、ちょっと違うな????と。

 

 

この辺りは職業観的な部分があるかと思います。

人の生死にかかわることを仕事にしてきている住職ならではの

領域のような気がします。

受け手の心・気持ち次第なのかもしれませんが・・・・。

 

とすると、我々も仕事をする上では

受け手である顧客がもっている我々への潜在的な意識(期待)に

注意にしていくことが必要だと感じています。

 

『プロフェッション』という言葉が浮かんだのですが

職業観、使命感、といったような、

プロフェッショナル概念を超えた世の中が期待する要素について、

しっかりと意識していくことが大事だと改めて感じております。

 

 

 

 

 

 

 

AD