メダカ捕獲大作戦

テーマ:

今日も応援ありがとうございます♪

 

 

こんにちは、桑子真帆です。

うそです、まんきんたんです。

 

桑子アナを見ると

ともだちの文さまを思い出すまんきんたんです。

知的な美人ラブ

 

さて、実は飼ってたおたまじゃくしが

無事カエルになってから

 

 

次はメダカを飼育する

計画を進めてました。

 

この池に野生のヒメダカが

生息しているのです。

 

 

実はここには桑子アナも来たことがあります。

タモリさんと。

 

 

断層を見に来たんですけどね。

そこにこの池があるのです。

 

 

話を元に戻します。

 

しかし、肝心のメダカが捕れません。

何日間か通いましたが

意外とすばしっこくて、アミですくうのは

無理がありました。

 

そこで作戦を変えて

ワナを仕掛けることに。

 

 

ペットボトルを加工して

せっせと工作。

 

 

完成しました!

 

 

半分に切って口の部分を

逆につなぎ合わせ

 

 

ここから進入したメダカが

後戻りできない仕掛け。

 

 

中に小石とニボシそして

ソーセージを入れてセッティング。

 

 

池に仕掛けて1日待ちました。

さて、どれだけ捕れてるでしょう。

 

…あ・れ・れ

 

 

おたまじゃくしばかり。

唯一捕れていたメダカは

すでに死んでました。

 

1日は待ちすぎたか。

3時間ぐらいでいいんじゃないかと

まとまり、仕切り直し。

 

しかし、ここまで計画実行から

すでに2週間経過してました。

 

肝心のメダカを捕獲できない。。。

 

このまぬけな経緯を

仲良しのあやぱんに話すと、

「わたし田舎の子だから

めだか捕りならまかせてください」

 

とアミですくうコツを詳しく教えてくれました。

 

なるほどねひらめき電球

休み明けそのやり方を試してみると、

 

 

やったー、4匹ゲット!

話は聞いてみるもんですね。

ちょっとしたコツなんだけどね。

 

そして、今日は水草を買ってきて入れました。

 

 

水槽代わりになる虫かごが

2ケースあるので2組のペアにわけて設置。

 

 

これでタマゴを産んだら

もうひとつある金魚鉢を

隔離容器にして

そこで孵化した稚魚を飼育する予定。

 

増えたメダカはみんなに

分けてあげるつもりです。

 

観葉植物や花や金魚など

生きものは職場に

活力(パワー)をもたらします。

 

職場でそんな話をしていたら

上司がベランダに飼育鉢を置こう!

と資金を出してくれることになりました。

 

というわけで

さっそくメダカ池を購入。

 

 

さぁ、飼育環境が整ったので

明日もまたメダカを捕りに行って来ます!

 

ニヤニヤ仕事もがんばるんだよね。

ハイッ!

 

AD

皿ヶ嶺の花たちと消えた公衆トイレ

テーマ:

今日も応援ありがとうございます♪

 

 

こんにちは、ムン・ジェインです。

うそです、まんきんたんです。

 

投票率がすごいですね。

日本も見習わなくちゃ。

 

さて、日曜日。

前日の雨も上がって良い天気。

 

山歩きに行って来ました!

先週はどうも調子が悪くて

 

軽い頭痛が続いていたんだけど

やっぱり山のパワーは凄いですね。

 

一発で治りました。

 

 

ここは生きものの楽園。

季節ごとにいろんな鳥や花に出会える

文字通りの自然公園です。

 

 

この日の目的は

ミソサザイという美声の小鳥と

希少植物シコクカッコウソウに出会うためでした。

 

 

それから、この山は

せっかく“花の山”と言われているので

 

 

今回はゆっくり花の

写真を撮りながら

学習するつもりで行きました。

 

 

しかし、ごめんなさい。

花の写真はコケと違ってやはり難しい。

 

 

見つけた花を

全部撮っていったのですが

まぁ、見事に半分はピンボケでした。

 

中でもまともなのを載せておきましょう。

もしかして間違ってるのがあったら

指摘してくださいね。

 

 

↑コンロンソウ

 

 

↑タチツボスミレ

 

 

↑イチリンソウ

 

 

↑ナガバモミジイチゴ

 

 

↑ヤマルリソウ

 

 

↑ヤマブキソウ

 

 

↑ヤマウツボ

 

 

↑ヒトリシズカ

 

 

↑シコクカッコウソウ

 

 

一番元気をくれたのは

急きょ一緒に登ってくれることになった

あやぱんでした!ありがと。

 

しかし、ショックだったのは

山頂の手前にある龍神平という平原にあった

公衆トイレがなくなっていたこと!

 

これは予定外だった。

未確認情報だけど皿ヶ嶺の登山口である

上林公園は東温市で

ここにもトイレはあるけど

 

竜神平は久万高原町にあたり

そのトイレを整備したところで

久万高原町にはメリットがないということで

撤去したらしい。

 

今度直接役場に行って確認し

それが本当だったらトイレ設置を嘆願してみます。

 

なんなら署名運動か

寄付金集めになるかもね。

 

でも、みんなに愛されてる山だから

早期になんとかなるんじゃないかな。

 

てなわけで頂上を諦めて

下山したのでした。

 

皿ヶ嶺に登る人は

トイレ対策が必要ですよ。

AD

巣立ちの春

テーマ:

今日も応援ありがとうございます♪

 

 

こんにちは、東出昌大です。

うそです、まんきんたんです。

 

日曜日。

石墨山(久万高原町)に

登る予定だったけど急遽中止。

 

登山道をチェックしてたら

ハードそうで不安になったため。
 

あわてず徐々に体調を

元に戻すことにして、

とりあえず

近くをぶらぶらすることにしました。

 

おかげで珍しいものを

見ることが出来ました。

 

まずは椿神社境内にて

突然、松の木の枝に

カワラヒワの幼鳥が。

 

 

※とっさに写真を撮れなかったので

画像をお借りしました。

 

松の枝がしなってうまく止まれなくて

何度も足の位置を置き直していたのが

ほほえましかったです。

 

すぐ目の前の低い木だったので

じっくり観察できました。

 

それから、裏の椿会館あたりで

やたらカラスが鳴いているので

行ってみると。

 

 

木の下でうずくまってる

カラスの幼鳥が。

 

※これもお借りした写真です。

 

どうやらうまく飛べなくて

じっとしてるのを

近所のじいさんがのぞき込んで

いるのを見て

上から親鳥が威嚇していたようです。

 

カラスは親子愛が強く

子どもにちょっかい出してると

襲ってくることもあるので

注意が必要です。

 

野鳥界も雛たちの

巣立ちの時期ですね。

 

さて、休み明けの月曜日。

職場のベランダに出てみると

うれしいことが。

 

 

置きっ放しにしていた鉢に

花が咲いてました。

 

てっきり雑草かと思ってたけど

いちおう毎朝水はあげてたんだよね。

 

それが、こんな綺麗な花をつけるなんて

びっくりしました。

 

土曜日はつぼみさえつけてなかったので

かなりのサプライズでした。

 

ありがとう!

 

 

 

調べてみると「ユウゲショウ(夕化粧)」という名前の

アメリカ原産の帰化植物でした。

 

春ですね。

 

今度は職場でメダカを飼育しようと

準備中です。

 

 

メダカ取りに行かなくちゃ。

これがまんきんたんの

ゴールデンウイークです。

AD

緑萌ゆ昭和は遠くになりにけり

テーマ:

今日も応援ありがとうございます♪

 

 

こんにちは、楽しんごです。

うそです、まんきんたんです。

 

太ったのは同じだけど。

激太りしないように気をつけなくては。あせる

 

昼過ぎに気づいた。

今日は祝日だったんですね。

 

昨日がプレミアムフライデーなのは

知っていたけど、

 

世間ではうれしいゴールデンウイークが

始まっていたのか…。

 

まんきんたんは相変わらず

日曜日しかお休みがないけど、

 

忙しい時期が終わったところなので

気分はゴールデンウイークです♪

 

今日は「昭和の日」ということでタイトルを

「緑萌ゆ 昭和は遠くに なりにけり」

としましたが、

 

これは中村草田男の

「降る雪や 明治は遠く なりにけり」

のオマージュで作ってみました。

 

もともと「昭和の日」は「みどりの日」だったので

深い句になったのではないかなと(笑)。

 

「昭和の日」を意識してたわけではないけど、

今週はアマゾンプライムで偶然、

 

『仮面ライダーV3対デストロン怪人』(昭和48年)


『トラック野郎 天下御免』(昭和51年)


『男はつらいよ 寅次郎と殿様』(昭和52年)

 

の3本を見たところでした。

いずれもわが愛媛県でロケをしていて

 

それぞれ中・高・大学時代に

リアルタイムでも観た作品です。

 

昔見た映画を今

改めて見ると

 

懐かしい思い出や

勘違いしていたことも

いろいろ発見できます。

 

たまには昔の映画も

いいですね♪

 

 

 

 

 

美川峰~大川嶺~笠取山~伊豆ヶ谷山

テーマ:

今日も応援ありがとうございます♪

 

 

こんにちは、今村失言大臣です。

うそです、まんきんたんです。

 

天気の良い日曜日。

久しぶりに山に行ってきました。

 

久万高原町。

 

なだらかな稜線でつながりあう、

笹で覆われた高原、

美川峰~大川嶺~笠取山。

 

 

大川嶺を中心としたこのあたり一帯はその昔、

四国カルスト大野ヶ原、五段高原と同じように

牛たちがのどかに過ごす牧場でした。

(大川嶺牧場跡)

 

 

今は牧草地に侵入した笹が、

放棄された建物や柵を飲み込んで、
笹とススキの原だった昔に還ろうとしているようです。

 

 

車道が通っているので登山というより、

ハイキング感覚で山歩きを楽しめます。

 

 

1時間ほどかけて美川峰(標高1516m)~大川嶺(標高1525m)~笠取山(標高1561m)

の3つの山を制覇した後は、車で少し移動して伊豆ヶ谷ブナ群生林へ。

 

ここは西日本一の規模を誇るブナの原生林地帯です。

 

 

写真には撮れなかったけど、

アオゲラやオオルリなどの鳥と出会えました。

 

小鳥のさえずりと谷間を流れる小川のせせらぎの音に

すっかり癒されました。

 

このあたりは春が訪れたばかりで

平地ではもう終わったつくしたちの元気な姿も見られました。

 

 

 

帰りは「いよココロザシ大学」でお世話になった

久万高原町在住の石水史昭さん(85歳)に電話をかけて

道の駅 『天空の郷さんさん』で待ち合わせ。


石水さんは東京で博物館等の音響映像展示に関わった後、

久万高原町にUターンし、50年に渡り生き物の声など

自然の音を録音し続けておられる方です。

 

授業ではカエルの鳴き声の聞き分け方を教わり、

実際にたんぼで鳴くカエルの大合唱の中から、

「アマガエル」「シュレーゲル」「ツチガエル」「トノサマガエル」

の声を聞き分けられるようになりました。

 

 

『天空の郷さんさん』では写真家の

秋本さんを紹介してもらい、

2Fで開催していた写真展を見て帰りました。

 

「月夜茸(つきよだけ)」って知ってますか?

まんきんたんは知りませんでした。

 

月光の反射とかではなくて

ホタルのように自分で光るキノコがあるそうです。

 

実物は真っ暗な森の奥にあるため

簡単に見られるものではないと聞き、

ぜひ一度実物を見てみたくなりました。

 

 

これは去年登った瓶ケ森の樹。

 

 

そして、これは今年こそ行こうと計画している

「神の庭」笹倉湿原 (さぞうしつげん) 。

 

気づいたかな?

失言で始まり湿原で締めてみました(笑)。