カレーチャーハンと酸素カプセルと青空市場

テーマ:

2つともポチッと応援してくれるとうれしいです。(*^▽^*)

 

こんにちは、まんきんたんです。

1週間のごぶさたでした。

 

ゆうべはカレーの残りで

チャーハンを作ったよ。

 

 

カレーパウダーではなくて

出来上がったカレーの余りを使って、

これまでおいしいチャーハンが作れた試しがなかったけど、

 

ちょいと工夫してみたら

ベチョベチョにならずに上手に出来ました!

美味い!

 

 

金曜日はスポーツクラブで

疲労回復になるという

酸素カプセルを体験。

 

 

中に入ってると、

これからまるで宇宙旅行にでも

旅立つかのような

ロマンティックな気分に浸れるんだけど、

 

外から見ると、まるでSF映画で見る

捕獲されたエイリアンみたいになってました。

 

 

そして、土曜日はいよいよ、

1月13日の記事で書いたハトを

離す日でした。

 

金曜日の寒波が去って

朝からとても良い天気になったので

自然に帰るには絶好の日!

 

近くの「タモリ断層」のところへ行って、

(*ブラタモリで紹介された場所)

「元気で暮らせよ~」と離したら…。

 

バタバタバタ…

まんきんたんの頭の高さを越えることもなく着地。

 

「えっ!?」

 

捕まえに行ったら

何の抵抗もなく捕獲。

 

だめだこりゃ。

カゴの中では羽ばたき始めたので

もう飛べるかもと期待しましたが

まだ全然ダメでした。

 

預かったときに

ちぎれていたように見えた脚は

奇跡的に元のように普通の脚の形に戻ったんだけど。

(みんながどうやって治したと不思議がるけど自然治癒力)

 

あと1週間ほど様子を見て放すのを延長することにしました。

 

 

そして、そのあとの昼休みはバイクを飛ばして

アイテムえひめへ。

 

*

 

告知できなかったんだけど、

アイテムえひめで開かれた「青空市場」に

新居浜から元カノあやぱんが出店していたので

会いに行ったのでした。

 

時間がないので

会えたのはほんとに一目だったけど。

 

スイーツをもらいました。

とても美味しかった!

 

 

さてと、今日は雨。雨

 

せっかく昆虫王子レオさんと

野鳥&昆虫観察を予定していたのに

ザンネン。笑い泣き

 

でもまぁ、春まで雨の日曜日が続くことを想定して

ヨガ&瞑想を始めたので、よかった。

 

予定が変わったとしても

楽しみを二重に用意しているから

今日も幸せな休日になりそうです!

AD

雪のとべ動物園と環境講座

テーマ:

2つともポチッと応援してくれるとうれしいです。(*^▽^*)

 

こんにちは、まんきんたんです。

 

 

久しぶりにとべ動物園に行ってきました。

 

 

日曜日だからさぞかし…

 

 

混んどるかと思いきや!

 

 

ガラガラでした。

 

 

それもそのはず、

こちらにも寒波が押し寄せ…

 

 

じゃなくて雪が降りました。

可愛いもんですけど。雪

 

 

動物たちも震え上がってました。

サル山もひっそり。

 

 

みんな隅っこに集まって

寒さをしのいでました。

 

 

おまけに鳥のエリアには

 

 

鳥インフルエンザ対策で

ネットが張られてました。

 

 

飼育員さんも気が気じゃないでしょうね。

 

 

野生のオシドリはまだ飛来してないけど、

こんなところで出会えました。

 

 

持ち込まれた傷ついたオシドリを

飼育しているのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

10時の開園から入場したので

お客さんも少なかったけど

お昼にはだいぶん賑わってきました。

 

 

百獣の王はやっぱり迫力があります。

 

 

心配ないさ~!

猛禽類の目も鋭い。

 

 

でもやっぱりフクロウの仲間だな。

可愛い顔をしています。

 

 

その目に映っていたものは、

大空を自由に飛ぶ仲間か。

 

 

 

 

ひとりで動物園に来たのは初めてだけど

2時間半ゆったり楽しみました。

 

 

そして、午後からは近くの生涯学習センターで

受講している「環境講座」へ。

 

 

 

 

 

 

今回は松山東雲女子大学の石川和男先生による

生物多様性のお話でした。

 

 

環境問題については知識だけではなく実践力を持つこと。

「私一人くらいなら」ではなく

「私一人でも」という考えで行動する!

 

Think globally act locally!

自然と共生できる価値観・ライフスタイルの転換に

より慎ましやかで心豊かな生活を!

 

しかし、ずっと会いたかった石川和男先生。

昔どこかでお会いしたことがあるような…。

思い出せない。

 

AD

松山総合公園のロウバイ

テーマ:

2つともポチッと応援してくれるとうれしいです。(*^▽^*)

 

こんにちは、まんきんたんです。

昼休み、松山総合公園にロウバイを見に行ってきました。

 

日曜日に見に行った段階では

まだつぼみでした。

 

 

そして、2日前の朝日新聞に載った

記事がこちら。

 

 

 

まじか? 写真を見る限り

見ごろはとっくに過ぎてる感じ。

 

しまった出遅れたなぁ…と思いつつ

駐車場に着いたら、誰も見物人がいない!

 

例年なら新聞に出たら

すぐに人が押し寄せるのに。

 

あれっ? まてよ

綺麗に咲いてるじゃん。

 

 

しかも土曜日だというのに

誰もいない。

 

ラッキー!

 

ロウバイはまるでロウ細工のような

ちょっと透明感のある黄色い花が人気です。

 

もしかして新聞の写真を見て

まんきんたんと同じように

見ごろは終わってると判断した人が

多かったのかも。

 

↓これが朝日新聞に出たやつと

同じように撮った写真。

 

 

もともと下を向いて咲くのが

ロウバイの特長なんだけど、

 

 

こうなると、すぐに花弁は

汚れたようになってしまって

あまり綺麗には見えません。

 

 

やっぱり咲き始めが美しいです。

 

 

雨に濡れるとさらに

透明感が増しそうなのがわかるでしょ?

 

でもロウバイは梅ではありません。

 

たぶん、もうすぐ愛媛新聞にも

載るだろうから、

そうすると見に来る人が多くなって

ゆっくり写真は撮れなくなるかもしれません。

 

去年はそうでしたから。

 

新聞記事の書き方や

写真によって

全然反響が変わるもんですね。

 

松山総合公園は今日明日がチャンスです。

二之丸庭園にも咲いてます。

 

ちなみに↓これは鹿児島のロウバイ新聞記事。

 

 

しんな記事だと見に行きたくなるよね。

 

 

AD

石手川ダムから湧ヶ淵公園へ

テーマ:

2つともポチッと応援してくれるとうれしいです。(*^▽^*)

 

こんにちは、まんきんたんです。

 

今日の昼休みは再び石手川ダムへ。

ブイが浮かんでるだけで

鳥はいませんでした。

 

そろそろオシドリ来ないかなぁ。

 

 

仕方がないので 奥道後の前にある

湧ヶ淵公園(わきがふちこうえん)へ。

 

 

遊歩道が整備されていて

野鳥観察にぴったりな場所ですが、

今日も時間がありません。

 

 

展望台まで歩きたかったのですが

途中で引き返しました。

 

登り道ではキセキレイが道案内をしてくれました。

まんきんたんが近づくと

これから進む方向に飛んでいくものだから

まるで道案内をする虫、ハンミョウのようでした。

 

木々ではいろんな鳥たちが大好きな実を

ついばんでました。

 

これはセンリョウかマンリョウか?

 

 

キセキレイ、ビンズイ、コゲラ、

時間は短かったけど他にも何種類か確認できました。

 

 

平日でひっそりとした遊歩道でしたが

途中ですごい望遠レンズ付きのカメラを提げた

女子と出会いました。

 

「鳥?」と訊ねたら

こちらの顔も見ずにうなづくだけ。

 

うるさいのかなと思って小さな声で「何が撮れました?」

と聞くと、消えるような声で「コゲラ…」。

 

珍しく内気な人でした。

 

まぁ、人との接触を避けてこういうところへ

ひとりで来ているのですから

迷惑なアプローチだったのでしょう。

 

「失礼しました」と

すぐにその場を立ち去りました。

 

今日は昼休み20分オーバーでした。

不良社員です。

ピピちゃんとポポちゃんとまんきんたん容疑者

テーマ:

2つともポチッと応援してくれるとうれしいです。(*^▽^*)

 

こんにちは、まんきんたんです。

 

突然だけどしばらくの間、傷ついた鳩を

預かることになりました。

 

 

写真では元気そうに見えますが、

足の指がちぎれてるし、

羽の下の胴体部分がひどく傷ついています。

 

詳しい場所等は聞いてないけど

うずくまっているところを保護して

動物病院に連れて行ったのだとか。

 

怪我から回復して

飛べるようになるまで

面倒をみるつもりだったのが、

 

同じ職場の事務員さんに

鳥アレルギーが出てしまったため

困っていたところに

まんきんたんの顔が思い浮かんだ

というのがいきさつ。

 

「鳥好き」というイメージが

浸透しているのはうれしいけど、

野鳥を観察するのが好きなだけで

鳥の病気や怪我は治せませんから笑い泣き

 

去年もシジュウカラのヒナを

持って来られたけど

死なせてしまった前科があります。

 

 

とはいうものの、

今回は事務員さんが困っています。

 

「お願いです!

ピピちゃんが飛べるようになるまで

預かってください」

 

そんなふうにお願いされたら

断ることができないじゃないですか。

 

 

保護した男性は片っ端から鳥のエサを買ってきたみたいで

治療代も含めてすでにお金をたくさん使ってました。

このケージもわざわざ運搬用に購入したらしいです。

 

 

 

関連会社からの頼みとあっては
そもそも断ることもできません。

 

「ピピちゃん、元気になったら必ず放すんですよね?」
ということだけ確認して世話することにしました。

 

しかし、帰ってきた返事は意外なものでした。
「おいおい、この子はピピちゃんじゃない!
ポポちゃんっていうんだ!!」

 

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!
そこかっ!
 

 

 

事務所内で人によってそれぞれ呼び方が
違っていたようです。

 

鳩だからポポちゃんのほうがふさわしいと思うけど、
実際にはピーピー鳴いてるし…。

 

ま、なんでもいいや。

 

既に保護して1週間くらい経ってるというし、
見た感じすぐ飛べるようになりそうです。

 

仕事場に戻って、
すぐに愛媛県県民環境部環境局「自然保護課」
に電話して鳩を保護したことを報告しました。

 

事情を話して、怪我が治るまで
世話をしたいので報告しておきますと伝えると、

 

言いにくいんですけど、それは「保護」ではなく
「捕獲」行為とみなされ罰せられます。
ただちに捕獲した場所に戻してくださいとしか
こちらではお答えできません。

とクールに言われてしまいました。


野鳥じゃなくて「ドバト」ですよと伝えたんだけど、
まぁルールではそうなんだろうな。
立場もわかるのでこの応対も納得できます。

 

まさか50万円以下の罰金を

支払うことにはならないと思うけど、

今のところ「まんきんたん容疑者」と呼んでも構いません。