こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


週末に身体を休め、
いざ明日からの平日出勤!

休んだはずが、夕方には疲れが足に出て
パンパンにむくんでしまう、、

常にむくみを感じているあなたへ。
今日はその対処方法です。



パンパンにむくむ、夕方のふくらはぎ
週末に休め、家でケアもしたのに、、
いつも月曜日からむくみに悩む、、


足のむくみは全身に影響し、
身体が重く、だるく感じます。

これはふくらはぎのポンプ作用が低下し、
全身の血流の低下が起こっている証拠です。





全身の疲れを引き出すふくらはぎのむくみ
ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど、
全身の血流に影響しています。


心臓から出た血液が末端のふくらはぎへ流れ
そこから心臓へ返すことで、
全身の血流が増えます。

カラダに流れる酸素と体温は
血流量に比例するため、

ふくらはぎがむくむ=血流が悪いことは
全身の不調を招き
疲れやすい、冷える、眠い等の体調不良
引き出してしまいます。





その場でできる!ふくらはぎのむくみとり
ふくらはぎのむくみ対策として、
揉む、圧迫、伸ばす等が一般的です。


もちろん対処としては良いことですが、
血流を根本的に増やすためには
ふくらはぎー膝裏ー股関節までの
ポンプ作用を働かせる
ことが必要です。

これらの筋肉の収縮力を増やすことで
無意識の血流量が増え、
むくみの改善、
そこからくる体調不良改善

繋がっていきます。


その場でできる!ふくらはぎのむくみとり

本や雑誌など、高さのあるものを
つま先の下に入れます。
背筋を伸ばして前傾し、
イスをつかみます。
この時膝がピン!と伸びているように
しましょう。


8〜10回を目安に
目一杯つま先立ちを繰り返します。

高さをつけ、前傾し膝を伸ばしきる
足首、膝周り、太もも裏
同時に刺激されます。

これらは
大きなリンパ節、血管が集まる部位
また硬くなりやすい部位でもあります。

自分の筋力発揮で刺激することで
柔軟性の向上、血流増加が望めます。

前傾したままつま先立ち
→体重の半分がイスにかかり、
膝も伸びきっているので、
ふくらはぎ自体への負担は
日常の50%程度。

まず発達には至りません。


足首上、膝周り、太もも裏が
日常使いすぎな
ふくらはぎの負担を軽減。
むくみの改善、サイズダウンにも
繋がるでしょう。


足はむくむし、体調も悪い、、
あなたはご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
秋の!モデル体型ボディメイクダイエット




【50万部突破!】 
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら