財政破綻(はたん)の一歩手前とされる早期健全化団体となった大阪府泉佐野市が実施した財政健全化計画案のパブリックコメントに寄せられた市民の意見が、わずか1件にとどまっていたことが22日、分かった。計画案は24日の臨時議会での議決を経て府を通じ国に報告する。

 早期健全化団体となった同市は今月4日、19年間で536億円の収支改善を目指す計画案を市ホームページ上などで公開。19日を中間締め切りとして、市民から意見を募っていた。しかし、寄せられたのは電子メールによる1件だけだった。

 昨年9月に発表した素案のパブリックコメントでは、約1カ月間の募集期間に18人25件あった。市の担当者は「1件という件数で関心が低いとは思わない。具体的な内容が出れば意見も多くなるだろう」と話している。

【関連記事】
早期健全化団体の大阪・泉佐野市が学校統廃合など健全化計画を公開
大阪・泉佐野市 1台のたばこ自販機で15億円の税収 市は業者に1.5億円奨励金 
大阪・泉佐野市の健全化計画素案内容の一部に国が難色
破綻一歩手前の大阪・泉佐野市が財政健全化計画案
早期健全化団体の泉佐野市 財政健全化計画の素案内容が判明

アパート火災、幼児2人重体=両親は外出中-宮城(時事通信)
一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害-警察庁(時事通信)
北海道教組の資金、小林氏陣営が別口座で管理(読売新聞)
鉄道ファン運行妨害で被害届=線路内で撮影、運休19本-JR西(時事通信)
<訃報>小口雄三さん69歳=元三協精機製作所社長(毎日新聞)
AD