栃木県宇都宮市 頭と心を育てるピアノ教室 ~心豊かな人生を送るために~

桐朋学園子供のための音楽教室、専門学校講師によるピアノ教室です。
考える力、読解力などにもつながるソルフェージュ教育に力を入れるとともに、ピアノを美しく弾く技術、音を楽しむ心を育てます♪


  

  ピアノ大島菜保子ピアノ教室のブログへようこそピアノ



          
     
       



ブーケ2当ピアノ教室の特徴ブーケ2



しっかりとしたソルフェージュ教育により、確かな音感、

リズム感を育て、読譜力はもちろんのこと、一生の宝と

なるような、音楽を心から楽しみ表現する力を

身につけますキラキラ



きれいな音で、様々な曲を楽に弾けるようにする

テクニックを身に付けます。コンクール、合唱の伴奏、

また趣味として、多くの音楽シーンに対応できるように

なりますキラキラ



保育士、幼稚園教諭、小学校教諭向けのレッスン、

桐朋、芸大その他の音大受験に対応致しますキラキラ



 


ブーケ2新年度生徒さん募集中キラキラ

  右上お問い合わせフォームよりお申し込みください。

   28年度のレッスン開校日 : 火・木・金・土)



ブーケ230分間無料体験レッスン有り こちら



ブーケ2コース・料金のご案内 こちら

  


ブーケ2生徒さんの声  こちら

   

     

ブーケ2よくある質問 こちら



ブーケ2詳しくは こちら  (ホームページです♪



     







テーマ:

●夢の中で


ここ数日、私にしては珍しく

ちょこっと熱を出してしまいまして

おうちでの生徒さん方には

レッスンをお休みしていただきました。

まるでドタキャンのような急なお休みの連絡にも

快く対応してくださった皆様、

どうもありがとうございました(一応もう大丈夫です)。


実際のレッスンはお休みしましたが

このワタクシに本当のお休みなんてありません

熱にうなされながらも

しっかりと夢を見ていたのです。

もちろん、レッスンの夢を・・・・・・・・・




生徒さんは

筋肉隆々のたくましいおにいさん腕。

そのおにいさんが

体力と腕力に物を言わせて

弾きまくっていたのです、

ベートーヴェンの熱情ソナタ だか

ショパンの英雄ポロネーズ だかなんだかを。


(このあたりの曲は実際、上野や調布界隈に潜む

元気な男子音高生もしくは音大生らが

若さと体力に物を言わせて

休み時間に楽しそうに弾いている、

決してレッスンのためではなく

あくまでも自分の体力とテクニックと音楽的欲求を満たすため

自主的にけっこうバリバリ、そして実に雑に弾いている、

という偏見を持っている著者エ!




(注:うちにこんな生徒さんいません。)
 

そんなお兄さんの演奏が

まさに筋肉に任せた

固い音質だったので

途中で止めさせて私は言いました。


「ピアノっていうのはねぇ、

腕の筋肉で弾くんじゃないんだ

デカい音を出したいときは

腹(ハラ)を使って弾くんだ~~~


と。。。。


次の瞬間

そのたくましいおにいさんの表情が

サッと陰り

完全にノックアウト状態・・・・・・・・・

私「やべ・・・・・・・・ 」と思ったところで

目が覚めたという(笑)


なんとまぁシュールな・・・・・・(笑)

しかも、夢の中にしてなんと的確な指示(自画自賛



実際、大きい音を出すときは

腕の重さを乗せたりする方法もあるけれど

それにプラスして

お腹(おへその下、丹田といいます)を意識すると

ラク~に抜けの良い響きの豊かな音を

出すことができます

反対に、筋肉を使って出した音は

固くてあまり良い響きとは言えません

だから、ピアノを弾くためにムキムキの筋肉は

まったく必要ないのだよ

もちろん、1日に何時間も練習していれば

つくべきところにつくけれどね(私のように


お試しあれ






 一生の宝になるピアノレッスン 生徒さん募集中
  
    4歳(年中さん)~大人
    
     詳しくは 
コチラ をご覧ください。


無料 体験レッスン受付中
   
    詳しくは
コチラ から


お申込み、お問い合わせは右上のお問い合わせフォーム
   
もしくは 090-6316-7526   まで
  

  (電話に出ない場合はこちらからかけ直しますので
  必ず留守電を残してください。
  無言電話には対応致しかねますのでご了承ください)






人気ブログランキングに参加してます。
よろしくネ



人気ブログランキングへ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●音楽はまず、歌ありき


教則本の類は比較的問題なく進むのに

発表会でも弾けるような

ほんの少しでも音楽的な曲となると

途端に弾けなくなる人、

たまにいますよね・・・・(逆もありですが)。



ピアノというのは

右手と左手でちがうことをすると同時に

縦のラインと横のラインの両方を意識する必要があります。


縦のラインとは拍(音をどのタイミングで合わせるか)や

ハーモニー(和音、コード)のこと。

横のラインとはメロディのこと。


教則本は比較的

縦のラインのみを意識していれば

弾けることも多いと思いますが

いわゆる ”曲” となると

横のラインを意識できないと

めちゃくちゃ簡単な曲でも弾けません


横のライン=メロディ、すなわち

”歌” です

いつ、どのタイミングで何をやるか、という

構築的な考えだけではなくて

ずっと心の中にメロディが流れていないと

(すなわちずっと心の中で歌い続けていないと)

ピアノは弾けないという・・・・・


でも、こういう現象っておそらく

ピアノだけですよね

単旋律の楽器だったら

当たり前なこと・・・・・なはず


はぁ、、、ピアノって本当にやることが多いワ



 



”曲が弾けない” という人は

まずメロディを歌ってみてください

”歌はニガテ” とか ”オンチ” とか

関係ないからね

ドレミで歌えないなら鼻歌でもいい

ヘタクソでもいいから

とにかく恥ずかしがらずに歌って

歌がニガテだとしても嫌いな人はいないはず

楽器を演奏するということは

あなたの心の中に流れている音楽を

表現するということです

心の中にその音楽が入っていなければ

弾けないのは当たり前です


”歌う”(アウトプット)ことで

自然にメロディが心の中に入ってきます(インプット)

そしたらそれに合わせて

指を動かせるようにすればいいのです。


好きとか嫌いとか

分かるとか分かんないとか言う前に

とにかく歌いましょう

慣れてくればいろんな音楽が

自然と心の中に入ってくるようになりますヨ



ちなみに

小さなお子さんのソルフェージュレッスンでは

いろいろな歌を歌います。

(幼稚園や保育園でも歌いますよね

最初は簡単な唄を歌詞で歌いますが

少しずつドレミで、そして

音程もなるべく正確に歌えるようにしていきます。

それが音楽をやっていくうえで

どれだけ大切なことかは

もう言うまでもありません。


とにかく、まずは歌って

上手下手関係なく

音楽を楽しむことが一番大切です





 一生の宝になるピアノレッスン 生徒さん募集中
  
    4歳(年中さん)~大人
    
     詳しくは 
コチラ をご覧ください。


無料 体験レッスン受付中
   
    詳しくは
コチラ から


お申込み、お問い合わせは右上のお問い合わせフォーム
   
もしくは 090-6316-7526   まで
  

  (電話に出ない場合はこちらからかけ直しますので
  必ず留守電を残してください。
  無言電話には対応致しかねますのでご了承ください)






人気ブログランキングに参加してます。
よろしくネ



人気ブログランキングへ











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●美しいピアノの音



ちょっと時差がありますが

日曜日の「題名のない音楽会」

ご覧になりましたでしょうか



最近私はワケあって

いろんなジャンルの音楽を聴くのですが

先日はなんだか久しぶりに

純粋な美しいクラシックのピアノを

聴いたような気がします



現役の2人のピアニストが

それぞれ尊敬されている往年のピアニストを挙げられ

その例はあまりにもベタでしたが(狙いかも?)

しかしベタには誰もが納得する力があるというものです

それぞれのピアニストの表現の仕方、

音に対するこだわり、楽器に対するこだわりは

クラシックの演奏としては絶対に重要なことで

それを追求した音楽は本当に美しく

やはり極上のものだと感じました




 




最近はクラシックでも

皆さんにより身近に感じてもらえるよう

カジュアルな場所でのカジュアルなコンサートも多く
(それはいいことですが)

楽器までカジュアルになってしまって (電子ピアノとかね)

演奏する上でも教える上でも

私たちが本当に表現したいこと、伝えたいことなんて

大して伝えられないような状況が蔓延っているという

世の中であります



クラシック音楽というヤツは

学ぶのも時間がかかるし (というか永遠に続く・・・)

弾けるようにするのも時間がかかるし

なんでもかんでも合理化された現代社会とは

真逆を行くようなシロモノですが

そこには

いつの時代も変わらない

人の心を揺さぶる大切で美しい何かが

確実に宿っているのだと思います


その、大切で美しい何かを

一人でも多くの方に知っていただきたい、

難しそうとか堅苦しいとか思われることなしに・・・・・

と、強く感じる

芸術の秋でございます





中野翔太さんの演奏された

ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」は

絶品でした









 一生の宝になるピアノレッスン 生徒さん募集中
  
    4歳(年中さん)~大人
    
     詳しくは 
コチラ をご覧ください。


無料 体験レッスン受付中
   
    詳しくは
コチラ から


お申込み、お問い合わせは右上のお問い合わせフォーム
   
もしくは 090-6316-7526   まで
  

  (電話に出ない場合はこちらからかけ直しますので
  必ず留守電を残してください。
  無言電話には対応致しかねますのでご了承ください)






人気ブログランキングに参加してます。
よろしくネ



人気ブログランキングへ







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。