藤村正宏のエクスマブログ

集客アップ・売上アップに役立つPOPやチラシなどの販促事例が満載。「モノ」を売るな!「体験」を売れ!のエクスペリエンス・マーケティングであなたのビジネスが圧倒的に輝きます。


テーマ:


■雑誌「ソトコト」は原発推進雑誌



今日4回目の記事です。

以前書いた記事、もっと知ってもらいたいので、リライトして更新します。

これ書こうかどうか迷ったんですけどね。

でも事実だから、書きます。

けっこう、ロハスやエコで人々をだまして、原発を推進しいてる雑誌です。





◆コンサルタント藤村正宏のエクスマブログ◆-ソトコト
 

原発推進雑誌の「ソトコト」8月号




ご存知ですか?




ロハスという言葉を流行させ(もう流行っていないけど)、環境やエコを売り物にしている雑誌「ソトコト」は、原子力発電推進雑誌です。


まるで東京電力の機関紙のようです。

日本中の雑誌で一番、電力会社の広告の割合が多い雑誌。広告漬けになっている。銀座にあるソトコトの「ロハスカフェ」はTEPCO(東電)銀座館の1階に入っているのがそれを証明しているようなものです。

二酸化炭素の排出量が少ないから、 原子力発電はエコ だということを、美しい言葉や写真を通して洗脳するために作られた雑誌のようにさえ思える。ああいう美辞麗句に騙されないようにね。





◆コンサルタント藤村正宏のエクスマブログ◆-ソトコト
 

原発はおしゃれ?



「フランスは日本と同じ資源の少ない国。
ゆるぎない原子力の推進によりエネルギー面では欧州でリーダー的存在」
「おしゃれな原発生活、知ってました?」

などと、原発大国フランスを持ち上げる。原子力推進を洗脳するような特集を繰り返しやっていた雑誌です。

だいたい、普通の記事を読んでみても、偽善的な傲慢さが漂ってくる雑誌です。

最初から、なんか うさんくさい感じ がしていましたけど。




あの反捕鯨環境テロ団体「シーシェパード」を大絶賛する特集記事なんかを以前載せていたんですよ。

巨額な原発のカネっていうのは、広告費だって莫大にもらえるんでしょうね。似非ロハス、似非エコという隠れ蓑にくるまれて、東電の原発推進の洗脳を、繰り返していたメディアっていうのは、どうなんでしょう。

ま、これからは電力会社、電力関係が広告を出すことはなくなるでしょうけど。

特に東電は。

CM出しているお金があったら、避難している人や福島の農業、畜産、漁業関係の賠償金にしろよ。

そう思うのが国民感情ですから。

広告代理店やマスコミは電力会社からの広告が減ったら、たいへんでしょうね。

さまざまなマスコミが、莫大な広告費を電力関係からもらっているんですから、マスコミが本当のことを言うことはないのですよ。



電力の巨額なお金で魂を売ったジャーナリズムなんて、ジャーナリズムじゃない。

ジャーナリズムやジャーナリストのミッションていうのは、どこにいってしまったんだろう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

マーケティングコンサルタント藤村正宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。