中学3年生の少女にホテルでわいせつな行為をしたとして、神奈川県警は26日、高津署生活安全課の巡査長(30)を児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日付で退職し、「福祉犯罪を取り締まる捜査員でありながら申し訳ないことをした」と話しているという。
 県警監察官室によると、巡査長は3月20日、同県内のホテルで、携帯電話の出会い系サイトで知り合った当時15歳の少女に現金1万円を渡し、わいせつな行為をした疑い。
 少女は19歳と年齢を偽り、巡査長も信じていたという。 

【関連ニュース】
都条例改正に漫画家ら反対声明
女生徒連絡先、捜査資料から入手=わいせつ容疑の警部補
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
府立高教諭を逮捕=女性に下半身見せる

全日空機が緊急着陸=警告表示で右側エンジン停止―成田(時事通信)
マルチ商法 「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索(毎日新聞)
<普天間移設>首相に知事冷ややか 訓練分散賛同は大阪のみ(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦第2局、久留米で26日から(毎日新聞)
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 (産経新聞)
AD