【カンヌ(南仏)鈴木隆】「第63回カンヌ国際映画祭」が12日夜(日本時間13日未明)、開幕した。開幕作品はリドリー・スコット監督の歴史アクション「ロビン・フッド」。最高賞のパルムドールなどの賞を競うコンペティション部門には、北野武監督が主演も兼ねた日本映画「アウトレイジ」など19作品が出品されている。授賞結果は最終日の23日夜(日本時間24日未明)に発表される。

 「アウトレイジ」は、ヤクザの世界の権力闘争を描いたバイオレンスアクション。椎名桔平さん、三浦友和さんらが出演しており、激しい暴力描写も現地での話題を集めそうだ。17日夜(日本時間18日朝)に公式上映される。

 北野監督作品のカンヌ上映は短編を含めると5回目で、コンペへの出品は1999年の「菊次郎の夏」以来11年ぶり。

【関連ニュース】
カンヌ映画祭:北野武監督の新作出品
カンヌ国際映画祭:北野作品が出品
カンヌ国際映画祭:12日開幕 コンペ部門、北野武作品に受賞の期待も
イベント:カンヌ映画祭楽しむ 姉妹都市・静岡、きょうから /静岡
北野監督「アウトレイジ」 カンヌでリベンジは!?=佐藤雅昭

参院定数「40程度削減」公約に明記 民主(産経新聞)
<鳥取県>「アイリス」バトル参戦 平井知事、ロケ誘致に自身(毎日新聞)
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」(産経新聞)
熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)
AD